大予言,  展望

展望2021.10.04

✥✥✥ドーモ✠★✠オジ(‐◎✹◎‐) サン✠★✠ドーモ✥✥✥

ちょいと思うところありおりはべりいまそかりなオジ(‐◎✹◎‐) サンです。

オジ(‐◎✹◎‐) サンの思うところってせいぜい時計ぐらいなもんですが、そうです時計です。

オジ(‐◎✹◎‐) サンはあることに気が付きました。

wena3つけてるんだから、本体の時計が電波ソーラーである必要無くね?

うん、正確な時間はwena3でもわかるんだよね。

日付だってわかるんだよね。

だったら時計は機械式とか、いろいろ可能性を模索する明るい未来ってもんがあるんじゃね?

真実に目覚めたオジ(‐◎✹◎‐) サンですブッダです。

いやーそうなるとSARW023とか、また魅力的なんですよね。

別にすぐにどうこうって気持ちはないですよ。

だけどさ、やっぱさ、可能性だよね可能。

中国で大停電、「脱炭素」の動きがもたらすエネルギー危機
中国を襲う深刻な電力不足、欧州では天然ガス価格が高騰

欧州のガス価格高騰:真の理由を伝えない欧米日の大メディア
背景にロシア叩きの意図、米国産LNGはなぜ欧州に向かわない

EV政策の失敗に見る、目先の成果を追い求める韓国の短期的思考
かけ声ばかりのEV普及、失敗に終わった文在寅政権の脱炭素政策

これ、全部同じつながりですね。

要はエネルギー政策の話ですが、結局は安いエネルギーをじゃんじゃん使わないと破綻する経済システムなわけです。

産業革命とは何か?です。

産業革命とは、エネルギー革命であり農業革命であり労働革命であったわけです。

安いエネルギーを基に工場と農地で大量生産をして大量輸送して大量消費をするのが産業革命なわけです。

その原理原則は今も変わらないわけです。

だから経済成長し続けないと衰退だと言うのです。

【悲報】「半導体&木材&樹脂&鋼材不足」「石炭石油等燃料価格暴騰」「コンテナ運賃暴騰」‥‥世界経済どうなってるんや?

世界経済なんて簡単なもんで、未だに19世紀とさほど変わらないわけです根本は。

より安くより早くより儲かるように、です。

で、その限界値が実は見えているわけですよ。

要はエネルギーに戻るわけです。

石炭と石油じゃぶじゃぶ燃やすより安くて効率が良いものがせいぜい原発ぐらいなわけでしょ?

ソーラーが素晴らしいのならとっくにソーラー自動車のだん吉がみんなの愛車になってますね。

原発は良いものですが、それを送電するとロスが発生するし電力は備蓄できないわけです。

革命的な技術革新は結局亀の歩みコツコツやるしかなくて、21世紀なのに全然未来なんか来ないわけでしょ?

22世紀に期待する?

結論は変わらないでしょう。

なぜなら人間は数百年ぐらいじゃ進歩しないからです。

ホモサピエンスもここ数十万年の歴史の中でここ最近ようやく認知革命したわけでしょ?

種全体での革新は数千年後か数万年後かわかりませんが、人間様は技術革新ぐらいで言うほど変わりません。

20年前に世界最先端のモバイル機器と通信環境で我々は何をやっていたかと言えば出会い系です。

ただ希望を持つのなら、人類レベルで教育レベルの底上げをやりまくりするしかないです。

ドラクエの不毛な種集め作業レベルで不毛な教育の底上げです。

これをやれば数十年でかなり変わりますね。

でもそれは良い方へ変わるかどうかもわからないのですが、少なくとも認知の底上げはそれぐらいでしか出来ないわけです。

あくまで希望的観測レベルの話ですが。

で、認知の底上げがなぜ必要かって事ですが、19世紀または18世紀ごろからあまり変わらないシステムで生きているのに革新だ先進だと喜んでいる輩を少しでも減らすためにはそれぐらいしかないのですよ。

オジ(‐◎✹◎‐) サンなりの結論ですね、そこは。

りんごのマークの通信機器を持っていたら先進だと誤認する認知を刷新するしか次のステージには行けないんです残念ながら。

オジ(‐◎✹◎‐) サンもwena3で電車乗って喜んでいるのでそうなのですが、そこから刷新しないとアカンわけです。

グレタさん 気候変動で痛烈批判「何もしていない」

良い加減にこの子供ポルノで喜ぶ輩をなんとかした方が良いとは思いますが、グレタの言うことがまずトンチンカンなわけですね。

お前の乗っかっているシステム全般が産業革命そのものであり、それこそお前の忌み嫌うものそのものであるのに何を言っているのか?ってことです。

で、それをどげんかせんといかんと言うのなら、晩ごはんを食べたかどうかカマラに聞いてそうなバイデン爺さんや毛沢東に憧れすぎてそのうち河で泳いだりしそうな習近平に何を言っても無駄だと気が付かないと駄目なわけです。

根本的には産業革命以降のシステムから脱却できないとグレタが理想とするものは実現不可能なわけです。

それがどげんかせんといかんとしてどげんかしたらどげんとなるのかグレタにわかるのですか?

石油を使わなければそうなりますか?

なりませんね。

石油の変わりに何か使うわけですね。

ソーラー使いますと言ってもソーラー発電そのものを作るにはソーラー発電では間に合わないわけでしょ?

ソーラー発電パネルの製造コストの半分以下でさらに必要資源も今の半分以下で発電量が今の倍なんてことにでもならない限り無理でしょ?

なんでそこを誰もテレビで言わないんですかね?

なんか何書くのか忘れたオジ(‐◎✹◎‐) サンです。

老化著しいオジ(‐◎✹◎‐) サンです。

だってオジ(‐◎✹◎‐) サンだもの。

あ、そうそう情報化です。

戦後の皇室とは情報なわけです。

上皇さまはそれが徹底されていたわけです。

それが民主的であったり戦後憲法であったり、そういうもんだとなってしまったわけです。

オジ(‐◎✹◎‐) サンは昭和天皇とは「現にまします神の如き人」として戦われた、というと言葉が下品ですが、そうあらせられたようにも畏れ多くも感ずるところがある次弟なわけです。

要は人間宣言などとレッテル貼りで貶められつつも、結局は各地を訪れられた天皇陛下という存在が人々にとってどうであったか、です。

やはり神力は遠大にして甚深なりなわけでした。

でなければ説明できない事が多かったですからね。

で、上皇さまはスタートが違ったわけです。

美智子皇后と共にあらせられる、それが上皇さまであったわけです。

それが全てですね、情報化というものの。

それは何かと言えばオールニュージャパンの象徴でもあったわけです。

皇室、つまりは天皇スメラミコトという我が国の最古たるものが一番新しくなられた。

その極致が「平成」であったのです。

昭和とは戦前的なるものの終焉であり、昭和天皇とは近代までの歴史の終わりを訃げられたわけです。

対して上皇さまとは新時代を告げられたわけです。

その新時代とは二元論の時代となったわけです。

新しきものを善とするのなら、古きは悪とする。

徹頭徹尾そうであったわけです。

その行き詰まりが令和というもので、新しき風が吹いても世の中が良くなるわけでもましてや我が人生良くなるわけでも無いじゃないか論に目覚める時代なわけです。

だからお前は何が言いたいのかと言えば、要は令和とは矛盾も苦痛も喜びも、それら全てが二元論から離れたものとなるわけです。

答えは答えでなく、結論は結論として機能しないのです。

人生万事塞翁が馬であるが、そうでないかもしれない、我々の存在そのものがあやふやとなる時代でしょう。

ですので、眞子内親王殿下にあらせられてもそうであり、KKもそうであり、我々が矛盾や欺瞞だと思いこむ事もそうであるのです。

展望2021.10.04 はコメントを受け付けていません

agwwbnr/Kenshin Hoshino