展望2020.12.31

ドーモ。

大晦日ですね。

食べ納めで蕎麦です。

へぎ蕎麦にしました。

旨いですね。

呑み納めもします。

楽しいですね大晦日。

毎日大晦日なら良いのにね。

正月ってそこまで好きじゃございません。

なんやかんやお仕事もありますからね。

大晦日の掃除も済まして正月飾りも何もかもやって、やれやれ今年も終わったわい紅白歌合戦だのゆく年くる年だので除夜の鐘ゴーンという、あの独特の清々しさが好きなのですよ。

元旦の朝は好きですけどね。

来年は書き初めをしたいですね。

最近一番楽しいのは文字を書く事です。

下手なのですが、楽しいです。

来年は書くことが一つの課題です。

「2020年」←こいつの正直な評価wwwwwwwwwwwwww

個人的には近年まれに見る平穏さでもありました。

だって仕事も用事もキャンセル続きでしたからね。

収入云々は厳しいものがありましたが、出費もまた減りました。

怖いのは来年からですね。

そこはまた、それ。

で、今年は何かということです。

漢字は「密」でしたが、今まで良しとされてきたもの悪しとされてきたもの、それぞれの逆転が発生したわけです。

逆転、それは暗転と明転でもあります。

大晦日なのでスピリチュアリーでシンピーでフィーリングー的で霊光波動で宇宙電波的な部分も入った事を書きますが、要するに大きな流れってもんが変わっていくところですね。

星だとか暦だとか、それを確認する術を人類は持っていますが、義務教育課程ではやらない事ですので皆様にとってはどうでも良いことですが、そういうのを知るのが教養というもんでございやすね。

流れが変わるってのは、暗転と明転が起きるって事です。

オジサンは魚座のA型で九紫火星で戌年なので、そういうの敏感肌なんですよ。

できればもっとフィーリングーだけで生きていけたら楽なんですが、いろいろと世の中に合わせないといけませんのでいかんともはや。

非政治的または非商業的な意味での革新は始まってますよ。

偶然も必然も世の中にはございません。

あるのは相互依存性です。

大事な事は、何が暗転で何が明転かって事です。

古いものが暗転なのですか?

新しいものが明転なのですか?

実は違いますね?

これはわからない人にはわからない事です。

数字が正しい、というのは誤謬である、と常々書きましたが、その意味を知る時が来ますよマジでガチでリアルで。

なんとなくおかしい、変だと思っていた事が、明らかになったでしょう?

これが正しいんじゃないかってなんとなく感じていた事が明らかになったでしょう?

今まで価値観を作っていたものが暗転します。

逆の事が明転します。

来年はその始まりの次の始まりでしょう。

良いことも悪いこともそうですよ。