ソリオ 燃費12月~1月

ソリオ
12月7日
走行距離341.4キロ
給油量24.7L
燃費1Lあたり13.8キロ
価格1L138円
合計3409円

ソリオ
12月11日
走行距離141.6キロ
給油量11.65L
燃費1Lあたり12.1キロ
価格1L144円
合計1678円

ソリオ
12月15日
走行距離344.9キロ
給油量19.98L
燃費1Lあたり17.2キロ
価格1L142円
合計2837円

ソリオ
12月24日
走行距離386キロ
給油量25.77L
燃費1Lあたり14.9キロ
価格1L145円
合計3737円

ソリオ
1月5日
走行距離370.5キロ
給油量25.65L
燃費1Lあたり14.4キロ
価格1L139円
合計3565円

ソリオ(代車)
1月21日
走行距離202.8キロ
給油量16.8L
燃費1Lあたり12キロ
価格1L146円
合計2453円

ソリオ(代車)
1月25日
走行距離237キロ
給油量17.37L
燃費1Lあたり13.6キロ
価格1L145円
合計2519円

ソリオ(代車)
2月2日
走行距離269.5キロ
給油量17.69L
燃費1Lあたり15.2キロ
価格1L145円
合計2565円

ソリオ(代車)
2月13日
走行距離不明キロ
給油量34.62L
燃費1Lあたりキロ
価格1L143円
合計4951円

意外とハイブリッドでないアイドリングストップもついていないソリオの燃費が良いのですよね。

燃費に重要なのは軽量化とCVT制御なのでしょう。

しかも乗り味もハイブリッドでない方が良いのですよ。

3台目のソリオ@事故の代車

ソリオ君が事故に遭ってしまった。

仔細は省く(過失はほとんど無い)

フレームまでダメージがあるとか何とかで修理費用面的にも廃車という憂き目に。

泣けるね。

なので今はとりあえず保険での代車に乗っている。

なぜかまたソリオを用意された(ソリオ以外が良かったとは言えなかった)

MC後のGというグレードのセーフティサポート搭載車である。

157万円でアダプティブクルーズコントロールまでついてくる超お買得車。

前期モデルだとGには先進装備のOPも無かった記憶がある。

強制的にマイルドハイブリッドのモデルになり、価格も高くなるのだ(とは言え他社に比べたら安い方だが)

それにしてもこのGは走りが良い。

足回りは同じだろうが、基本的にソリオ君と同じ。

ただ後期マイルドハイブリッドモデルと同じように微妙にショック関係で改善はされている感じの足回りだ。

CVTの制御(アクセルレスポンスも含めて)がとても良い。

MC後のマイルドハイブリッドも良くなっているんだけど、このGはまた格段に出来が良い。

特別早いわけじゃないが、スイフトのRSと同じ匂いがする出来の良さだ。

前期型でもGがマイルドハイブリッドより「早い」のであった(0-100km加速が全然違う)が、これまた後期のGもそうなのだろう。

ストレスが無い。

思えば前期のマイルドハイブリッドモデルは走れば走るほど不満点が出てきて、主に制御面で不満が多いのだ。

しかも値段が高いにも関わらずGより格段に遅い加速で、そりゃイライラする場面も出てきますよ。

加速はともかく、制御の悪さは信号で停車する毎に感じさせられるのだ。

後期モデルを知らなければ、そこまで不満にもならないかもしれないのだが、代車で後期マイルドハイブリッドを乗ってしまうと駄目だ。

ましてやスイフトRSまで乗ると、もっと駄目。

具体的には前記マイルドハイブリッドの制御の悪さは、回生ブレーキとアイドリングストップの気持ち悪さとガクガク感。

加速も踏んでいる感覚と乖離した、特に40キロ越えたあたりで強制的に微妙な制御される気持ち悪さ(段付き加速というより加速させない制御が入る感じ)

この二点がマイナスポイントであった。

加速はアクセルワークを工夫すれば多少マシなのだが、気持ち良さが微塵も感じられないのは車として駄目な点だろう。

それが後期のマイルドハイブリッドモデルではけっこう改善され、さらに一番安いGだとそのマイナス点が無いのが驚きなのだ。

Gはハイブリッド制御が無いし、アイドリングストップも無い。

これが一番良い点だろう。

スイフトRSともそうだが、アイドリングストップが無いだけで車ってこんなに良いものなのかって思わされるのだ。

それぐらいアイドリングストップはいらん、どれだけ発進がスムーズでも減速から停車時のあの制御の気持ち悪さは駄目だ。

スズキはそこんとこちゃんとわかっているんだろうか?

心配である。

ちなみに次の車はアイドリングストップ無しのものにした。

当然である。

それにしてもこのGの出来の良さは何だろうか?

一番安いモデルが一番出来が良いんじゃなかろうか?

エアコンもちゃんとマニュアルエアコンで使いやすい。

美点が多すぎるぞGは。

ちなみに燃費性能もマイルドハイブリッドとさほど変わらない。

これまた驚きである。

ソリオ燃費八月~十一月

ソリオ
8月4日
走行距離313.5キロ
給油量19.38L
燃費1Lあたり16.17キロ
価格1L130円
合計2519円

ソリオ
8月8日
走行距離273.4キロ
給油量25.19L
燃費1Lあたり10.8キロ
価格1L131円
合計3300円

ソリオ
8月11日
走行距離223.7キロ
給油量20.77L
燃費1Lあたり10.7キロ
価格1L133円
合計2762円

ソリオ
8月15日
走行距離183.4キロ
給油量21.38L
燃費1Lあたり8.57キロ
価格1L133円
合計2844円

ソリオ
8月29日
走行距離337.7キロ
給油量26.4L
燃費1Lあたり12.79キロ
価格1L133円
合計3511円

ソリオ
9月7日
走行距離395.2キロ
給油量26.93L
燃費1Lあたり14.67キロ
価格1L126円
合計3393円

ソリオ
9月23日
走行距離225.5キロ
給油量21.63L
燃費1Lあたり10.42キロ
価格1L130円
合計2812円

ソリオ
10月2日
走行距離311.1キロ
給油量24.25L
燃費1Lあたり12.8キロ
価格1L144円
合計3492円

ソリオ
10月10日
走行距離321.9キロ
給油量24.02L
燃費1Lあたり13.4キロ
価格1L136円
合計3267円

ソリオ
10月21日
走行距離267.4キロ
給油量23.03L
燃費1Lあたり11.6キロ
価格1L138円
合計3178円

ソリオ
10月28日
走行距離304キロ
給油量22L
燃費1Lあたり13.81キロ
価格1L136円
合計2992円

ソリオ
11月10日
走行距離318.2キロ
給油量24L
燃費1Lあたり13.25キロ
価格1L132円
合計3168円

ソリオ
11月15日
走行距離198キロ
給油量14.88L
燃費1Lあたり13.3キロ
価格1L140円
合計2083円

ソリオ
11月18日
走行距離552.5キロ
給油量30.04L
燃費1Lあたり18.39キロ
価格1L138円
合計4146円

ソリオ
11月25日
走行距離330.2キロ
給油量23.1L
燃費1Lあたり14.29キロ
価格1L142円
合計3280円

スイフトRS@代車

スイフトRSが代車であった。

ソリオ君が車検という事で、しばらくスイフトRSに乗る。

マイルドハイブリッドでもターボでもない素のRSである。

これが実に良い。

代車だから仕方ないのだが、あまりに室内が汚かったので思わず掃除した。

まずシートが良い。

ソリオ君とは段違いだ(値段はスイフトの方が安いのに)

スズキぽいシートで、ソリオ君と感触は似ているけれど、ホールド感があり疲れないのがすぐにわかる。

メーターまわりもソリオ君よりカッコよい。

ソリオ君はセンターメーターなので比較はできないが、そりゃあスイフトはカッコいい

ナビもスズキ純正の全方位カメラ搭載のモデル。

かなり掃除したので、かなりキレイになった。

パドルシフト付きのCVTなので、MC後のソリオ君と同じCVTなのだろうか。

かなり出来が良い。

加速感も良いし、とても1200CCとは思えない。

街中では不満が出ないレベル。

坂道でも大丈夫。

ソリオ君とは大違いだ。

ソリオ君もMC後のモデルはCVTの制御が改善されていたので、すごくモヤモヤ。

足回りも良い感触。

フラット感というよりリニア感がある。

ソリオ君だとゴツゴツして揺れる感じだが、スイフトは抑え込まれている感じ。

だから走らせて楽しい。

二代目スイフトもかなり出来が良かったが、走らせた感じはかなり違う。

ドライブしたら楽しいだろうなぁ、という印象。

トランクスペースも深く、欧州風味なのかもしれないが使い勝手はどうなのか。

ファミリー用途にするには少し容量不足か。

後部座席はけっこう快適だが、フィットのような広々感は無い。

現行デミオ(マツダ2)より室内空間は快適な感じはある。

これぐらいがちょうど良い、という感じ。

ターボはまた違うんだろうね。

仕事用に良いかな、とも思うけど、乗り降りのしやすさで言えばソリオ君の方が都合が良いし、クロスビーも良い。

それにしてもスズキはやはり恐るべしで、特にスイフトは良いね。

スイフトスポーツが生産追いつかないってのも解る。

やっぱし次もスズキかね?

ソリオのロングホイール版でも作ってくれたらありがたいのだが。

全長4300mmぐらいに伸ばしてラゲッジ容量増やしてくれるだけで無敵ですよソリオ君は。

以下追記

勘違いしていたが、ACCだと思ってたスイッチは違うものだった

面白いのがアイドリングストップがついていない。

だから凄く快適。

アイドリングストップが無いだけでこんなに快適なのかって不思議なぐらい、良い。

出力的にはホットハッチとは言えないのだろうけど、ガッチリした足回りとアクセルレスポンスが良いので楽しく走ることができる。

カップホルダーが小さいので、500mmの紙パックは無理だろう。

愛用のサーモスの水筒が入らない。

エアコンの効きがソリオより良い。

ソリオで悩まされる坂道での減速感が無いのが快適。

ソリオと同じエンジンで、同じようなCVTのはずなのに、こんなに早くて快適なのか、と。

ソリオ燃費五月~七月

ソリオ
5月9日
走行距離348.6キロ
給油量24.65L
燃費1Lあたり14.14キロ
価格1L143円
合計3525円

ソリオ
5月18日
走行距離284.7キロ
給油量22.64L
燃費1Lあたり12.57キロ
価格1L142円
合計3215円

ソリオ
5月28日
走行距離277.8キロ
給油量23.98L
燃費1Lあたり11.5キロ
価格1L143円
合計3429円

ソリオ
6月5日
走行距離317.9キロ
給油量21L
燃費1Lあたり15.1キロ
価格1L140円
合計2940円

ソリオ
6月12日
走行距離297.6キロ
給油量22.49L
燃費1Lあたり13.2キロ
価格1L140円
合計3149円

ソリオ
6月19日
走行距離286.4キロ
給油量20.94L
燃費1Lあたり13.6キロ
価格1L137円
合計2869円

ソリオ
6月26日
走行距離271キロ
給油量20.72L
燃費1Lあたり13キロ
価格1L136円
合計2818円

ソリオ
7月4日
走行距離311.7キロ
給油量21.5L
燃費1Lあたり14.4キロ
価格1L136円
合計2924円

ソリオ
7月12日
走行距離310.1キロ
給油量25.44L
燃費1Lあたり12.1キロ
価格1L133円
合計3384円

ソリオ
7月22日
走行距離367.6キロ
給油量29.92L
燃費1Lあたり12.2キロ
価格1L136円
合計4069円

ソリオ
7月27日
走行距離173.8キロ
給油量15.35L
燃費1Lあたり11.32キロ
価格1L134円
合計2057円

ソリオ
7月30日
走行距離193.6キロ
給油量17.4L
燃費1Lあたり11.1キロ
価格1L135円
合計2349円