SBSA001,  新世紀買い物録,  暗黒大魔境時計選び考,  記事,  買ってよかった

SEIKO5スポーツSBSA001購入記@セイコー怪電波夏2024オジ(‐◎✹◎‐) サン事変

だぁです、SBSA001ですぞ皆の衆。

コレだったな、コレだったよ、コレでしたわ。

ktkrktkrktkr。

なんつーんですか、大正解引いたったつーんですか、大当たりつーんですか。

日頃の行いの良すぎる結果つーんですか。

SRPD55(SBSA005)やSBSA045とは全く違う感触、こっちだったのか感アリアリオオアリクイ。

なんで?青ってだけなのにな。

これまた不思議よな。

おそらくオジ(‐◎✹◎‐) サンのオーラが青なのだろう。

この4年間の暗黒面での修行の成果だろう。

セイコー青オーラを放つに至ったのだ。

セイコーの華三針行における基礎にして究極の修行である、セイコーサイコーです感謝のセイコー突き一日一万回が効果あったな。

とにかくも、爽やか。

コレ、爽やか。

こういうのですよ、オジ(‐◎✹◎‐) サンに必要だった主成分。

やっぱこのデザイン、完成されてるよね。

ここから読み溶けるセイコー5スポーツというもの。

安心感しかないロリエ的デザイン横モレの心配なし。

いまさらスペックに関して語るに及ばずなわけですが、改めて考えてみるにだね、これで充分すぎるスポーツスペックですよあーた。

きちんとしてはるスペックでありながら、コストは最低限に押さえて、さらにきちんと故に裏スケ。

実はここで5スポーツの文脈が読み解けるようになっておるという次第。

これ以上のガチ性能が必要ならプロスペックスで、というのではっきりしてますね。

5スポーツ、とは何か?ということです。

それがきちんとスポーツスペックでダブルロック中留なんだけどバックル全体は伝統の低コスト化、それでいて裏スケ有り、そういうところから5スポーツというもののプロダクトが解るように出来ています。

単なるヒエラルキー的な区分ではなくて、5スポーツはこれで完成されてるんですよ。

なんかそれがやっと理解できたんですよねオジ(‐◎✹◎‐) サン。

ていうかですね、オジ(‐◎✹◎‐) サンはですね、考えたり汗ばんだりしてわかったんですよ。

オジ(‐◎✹◎‐) サンの心の中のトレンドライン、暗黒思考の流転の先、七転八倒魔界転生の末の五劫思惟によって啓かれたアンサーが今ここコレSBSA001なわけです。

NATOベルト+SBSA001。

世の中はスマホとスマートウオッチなわけですが、その中でセイコーサイコーですとなっちゃうのは理屈ではなく感性なわけです。

セイコーサイコーです感謝のセイコー突き一日一万回を繰り返した先に、ようやく理屈を置き去りにした感があります。

たぶん4年前も感性は明確にあったと思いますが、同時にクッソ理屈も並列で存在したわけです。

だけどさ、今のトレンドラインってさ、やっぱさ、感覚なんだよ感覚。

言い換えたら霊性なわけ、オジ(‐◎✹◎‐) サンずっと書いてる霊性の時代。

だから夏には夏の腕時計、あー夏休み、夏が来る。

そこんところに素直になりたい、ずっとセイコーが好き。

たぶんオジ(‐◎✹◎‐) サンはセイコーじゃないと感覚より理屈が先に来てしまう。

SBEJ009やSBGX263では受診できない怪電波がSBSA001には受診可能。

青黒デッキもなかなか。

ソーサリーと墓場の有効活用感有り。

SBSA001はNATOベルトで逝きたい。

なんつーんですか、より感覚的に、となるとNATOベルトなわけ。

ここんところずっとNATOベルトじゃなかったけど、それも理屈なんだよね。

感覚的になるとNATOベルト。

SBSA001によりセイコー怪電波受診感度バリ5。

なんかわかっちゃった気がする。

とってもさわやか3組。

ありがとうオリゴ糖。

agwwbnr/Kenshin Hoshino