限界流夢譚

限界流夢譚2022.07.14

✥✥✥ドーモ✠★✠オジ(‐◎✹◎‐) サン✠★✠ドーモ✥✥✥

オジ(‐◎✹◎‐) サンね、忙しいの。

3DSのね、ニンテンドーeショップのね、セールがあるからね。

ほんまにオジ(‐◎✹◎‐) サン忙しくてな、3DSでドラクエ7もやらなあかんしな、困ってんのや。

だけど君らがどうしてもって言うからな、仕方なくや(そろそろお脳のあたりが要交換)

で、参院選の結果発表おおおおお!!!!!からの考察が大事やがな君。

先日もちらっと書いたし、だいたいの本丸は自民党と公明党の誰がどれだけです。

だけどそんなこたぁ偉い人が考えりゃいいことで、オジ(‐◎✹◎‐) サンが考えるべきことでも電波が囁くことでもないわけです。

では本題。

まず今回の結果としては、事実上の初参戦となってごぼうの党がありますね。

ここが意外と得票したんです。

ていうか新党くにもりと日本第一党を足した数より多いわけですよ皆さん。

わかりますか?

EXIT兼近にもツッコまれた『ごぼうの党』大敗北に戦略ミス

ごぼうの党 議席獲得ならず 代表・奥野氏を各界著名人が支持していたが及ばず

メディアはアホな分析してますが、ほぼ初手でこの数字なわけです。

代表奥野氏は実業家経営者で理想があって政党やって選挙で政治ってことらしいですが、まぁN党のターシーとも会談であれこれ喋ってましたが、どこまでが本当でどこからがウソかはこの手の界隈では語るのも野暮ってもんで。

大事なのは得票数でして、初手でこの得票数は成功でしょう。

むしろこの先どうするか、ってところで、すでに路線は見えてますね。

ターシーとの会談で大事な点は選挙に行かない有権者を取り込むという点で、その点はオジ(‐◎✹◎‐) サンだってとっくの昔に気がついていた点でけっこう選挙好きなら誰もが思いつくことなんです。

だけど、具体的にどうすれば良いのかって方法論が今までなかったんです。

そこをぶっ壊してきたのがN党ターシーとれいわ新選組あたりですね。

具体的な点は違いはありますが、やってる内容のベクトルは似てるもんがあります。

ついでにれいわ新選組の事ですが、実はここは絵図書いているのは別のとこでアレな感じなわけです。

まぁ顔ぶれみたらわかるでしょ、程度のもんです。

で、れいわ新選組が怖いのはこの愉快な面々の愉快な政策じゃなくて、はっきりとポピュリズムを党首自ら名乗ってやっている点なわけです。

ポピュリズムって批判されるべきものという存在でしたが、令和最新式では逆転するわけです。

そこがわかってんのかわかってないのか、微妙なバランスでやるのが安倍自民以降だってのですが、それに対抗するのは民主党系や共産党では無理だったわけです。最初からね。

もう勝てない、絶対に。

そんなこたぁ誰でもわかってたことですが、たたっ斬っちゃう抜刀斎系おじいちゃんの山口二郎大先生を始めとする愉快な面々は何一つ理解できなかったわけです。

逆に枝野君なんかカワイソウすぎて見てらんなかったよね。

もう相手がチートモードで戦ってんのに、それの正体すらわかってなかったんだもん。

で、そこに登場してきたのが令和最新式の凶意のピンク集団なわけです。

ポピュリズム路線で一気に200万票台まで来てますね。

頭の良い人が一生懸命政策叩いてますが、あんなもん最初から作ったヤツの顔ぶれ見ればどうでも良いってわかるもんで、叩くだけ無駄だし入れてるヤツで政治理解できるヤツなんざ最初から入れない。

政治がわかれば基本与党に入れる、反対票なら選挙にいかない。

野党に入れても政治的に無意味ってのは政治が理解できれば簡単にわかることです。

ただし、れいわ新選組などに入れるということは別の意味になります。

泡沫政党だの何だのと言われる政党が当選議員を出す瞬間、政党助成金を貰えるようになる瞬間、色々な意味が変わってくる。

そこが民主政治の怖いところですよ。

長くなるとめんどいので簡単に書きますが、れいわ新選組もこの先ポピュリズムをやっていればまだ伸びます。

ていうか立憲と共産の票を食いたいんでしょ。

500万票から600万票あたりで政党としてかなりヤバいものになれます。

オジ(‐◎✹◎‐) サンが以前に立憲はどうすれば良いのかって書きましたが、要は政権与党ってものが狙えるかどうかってポジションが一番強いわけですよ。

れいわ新選組の狙うポジションってもんを考えると、怖いですよまだ。

ただし、山本太郎が限界点ぽい感じもあるので、まぁ上は見えてるね。

で、台風の目になってるのが参政党なんだよね。

オジ(‐◎✹◎‐) サンの予言だが、れいわ新選組と参政党とN党とごぼうの党はこの先まだ伸びるよ。

だってポピュリズム、ていうか政治情報資本主義の魁だからね。

この先のアレコレは政治情報資本主義化していくよ。

これは実は自民党がちょっとずつやっていた事なんだよね。

だけど中で反対があるっていうのか、ついてこられないヤツが多いから出来ないんだよ。

森羅万象担当大臣安倍晋三大先生ならできたんだけどね(ご本人は嫌だったみたいだが)

政治情報資本主義ってわかりにくいな。

まぁ簡単にいえば今まで白デッキと緑デッキと赤デッキの縛りみたいなところだったのに、青黒デッキの何でもありルールになっていく感じ。

2015以降のある種のシンルール。

それ作ったのはアベガーなんだよね。

すわ森羅万象担当大臣のダークサイドなフォースによるものなり。

劇場型の天才は小泉純ちゃんだったけど、アレで流れが変わったのと同じく、さらに発展形で昇華されたのがアベガー政治ね。

劇場型から戦場型とでも言うのか。

だって共産主義やらないのに共産党仕草だけやりたいのミエミエなわけでしょ?

そんなもん支持されるわけないだろアホ。

日本共産党はもうちょい真面目にやれ。

ある意味でギャグマシーン化してるぞ。

ちなみに日本第一党はもう無理ぽ。

アベガーやったらおしまいよ。

保守大同団結運動ぐらいやって、N党ターシー並に動いて電話してみたいな事やればまだワンチャンあるけどね。

その逆やりたいわけで、それはもうアベガーと同じよ。

割りとマジに心配しているけど、例えば桜井代表がYouTubeとかで変に親しみやすさをアピールする動画出したりすんのって逆効果なんだよ。

そのまた逆で、アベガーみたいに安倍総理を叩くのも逆効果なんだよ。

自分たちは正しい、その一点を出してしまうのが逆効果になるんだよ。

卑屈になるんじゃなくて、他者の批判で支持は集まらなくなったんだよ時代が。

じゃあれいわ新選組は何なんだって言う人いるけど、あいつらはだから上が見えてる。

今はポピュリズム政党で伸びてるけど、結局アベガー的に事だらけになっていくと、もう伸びない。

今は新しいことやってる感の支持があるけど、いずれボロが出てくる。

どうやってもそうなる。

青黒デッキなわけだから、徹底的に青黒でやんないと駄目なんだけど、中途半端にクリーチャーの殴り合いを終盤で目指すから焼かれておしまいとかね。

現実的にはこの先にある400万越えあたりからの「政党としてちゃんとしろよライン」ね。

そこで躓くね。

だからN党みたいに確信犯的に青黒でデッキ破壊とか、打ち消しとか、そんな事ばかりやってる方が伸び続けると思うよ。

ていうかN党は200万あたりで足踏みしたら美味しいよな。

次の目はごぼうの党だと思ってるよ。

N党にできんことをやれる可能性があるからね。

そういや国民民主ね。

支持は伸びてるね。

30代ぐらいの政策好きな人に支持されるとかね。

だけどそれじゃ勝てない。

オジ(‐◎✹◎‐) サンは断言するけど、国民民主はN党にも負けると思うよ。

そのうち共産党と立憲には勝てると思うけどね。

ま、維新とくっつくというデッキ合体ができるかどうかだね。

維新は赤なんだよ。

国民民主は緑なんだよ。

赤・緑ってなかなか玄人向けぽさもある。

だけどやるんならそうしか手がないね。

改憲派の改革派で具体的な政策出しまくり、言わば火力で殴る系ね。

それで公明党追い落とし大作戦でもやれば良いんだよ。

オジ(‐◎✹◎‐) サンならそういう手を考えるね。

agwwbnr/Kenshin Hoshino