SEIKO,  SNZF17,  SNZG13J1,  買い物,  買ってよかった

セイコー5スポーツSNZG13J1購入記

✥✥✥ドーモ✠★✠オジ(‐◎✹◎‐) サン✠★✠ドーモ✥✥✥

あけましてセイコーということでサイコーなわけですね、はい。

てなわけでSNZG13J1というわけです。

・海外モデル、男性用、自動巻き、日常生活用強化防水(100M)、カレンダー(日付/曜日)、裏蓋スケルトン
・ケースサイズ: (約) H42mm×W42mm×D12mm、重さ:(約)164g、ベルト幅: 22mm
・ケース素材: ステンレス、ベルト素材: ステンレス、風防素材: ミネラルガラス、日本製、Made In Japan

と商品説明にありましたが、簡単に言えばセイコー5スポーツらしい一本というわけで、SNZF17と同じ7S積んだ海外向け5スポーツということです。

SNZFがダイバーズデザインに対してこちらはフィールドウォッチわなけです。

フィールドウォッチが何かってことですね、オジ(‐◎✹◎‐) サンみたいにテキトーで軽薄な人間はあまり深く物事を考えませんのでそこらへんはテキトーですが、要はハミルトンカーキフィールドぽいやつってことですし、広義でのアウトドア用途な男の子ぽいやつですよ。

で、男の子ぽいと言えば、陸海空で海ならダイバー、空はパイロットウォッチ、で陸がフィールドウォッチで本来的にはミリタリーってことでしょうテキトーな分類ですが。

オジ(‐◎✹◎‐) サン そう言えば高校の頃にハミルトンカーキフィールド買って、結構長いこと使ってたり。

そう、オジ(‐◎✹◎‐) サンはセイコーガーダイバースガーとか言いながら高校の頃からフィールドウォッチ好きなんだよね。

定番のカーキフィールド、それもメカがなぜかメカが大当たりなやつを長年使ってましたが、色々あってお別れしわけです。

だからその後に何かを仕入れるべきでしたが、ずっと忘れてた。

ていうかセイコーでさっさと仕入れとくべきでしたが、忘れてた。

で、ずっと良いなと思っていたSNZG13J1ですよ。

お値段は今が最後の買い時って感じもありなんありなん。

で、シリーズの中で13と17が非マット仕上げって事で少し違うんですよね。

マット仕上げの方がミリタリー感があって、それはそれで良いわけですが、今回は13です。

ベルトはSNZFと同じくのセイコーらしいアレで、お値段の割に実に頑丈というアレ。

ベルト調整も簡単明快な方式なので楽ちん。

それでいて感触が悪くないし質感も大丈夫。

SNZFもそうですけど、マジで仕上げ等で文句はないです。

SNZGはSNZFより使い勝手は良いでしょう。

デザインがフィールドウォッチという事で、大人感があります。

現行5スポーツの方が質感もメカも良いのはわかってますが、伝統の7S機が手に入るうちは使っておきたいところで、さらにSNZGの文字盤デザインが独特の段差で良いのですよ(妙に秒針が短いのはご愛嬌)

いやー新年早々マジ気に入った。

良いわこれ。

なんか大人になった感もあるけど、初心に戻った感もある。

SNZFも良いけど、SNZGはさらに初心に戻る感がある。

でも初心だけど中身は違うからね。

大事なのは心だろ?

そう、心の時代なんだよ時代はよ。

俺たち、また初心に戻ってやんないとだめなんだよ、な?

そういう事だよ、わかるだろ?

agwwbnr/Kenshin Hoshino