東北一周紀行2006@第三章岩手青森風雲篇

釜石にいた。

宮城県を海沿いに北へ向かう。

道中眠り、気がつけば朝であり、釜石である。

何もすることがない朝の六時。

やる事がないのなら走る。

山へ向かって。

遠野へ。

本当に走っただけだった。

そこから浄土ヶ浜を目指す。

とまり遠回りしただけ。

もっと色々観れば良かった。

ていうかやっぱし平泉寄るべきだったな。

浄土ヶ浜である。

文句無し。

浄土ヶ浜だなぁ。

食堂へ立ち寄るとウニ丼か海藻ラーメンか、という二択であった。

本当は他にもあったような気がするが、どうも微妙だったのだ。

うん、せっかくなのでウニ丼を。。。

これがあまり美味しくないというのか個人的にウニがそこまで好きでない事に気がついた。

がっくし4千円。

高い。

いや、なんかさ、もっと海鮮丼とかなんかなかったんかい。

さらば浄土ヶ浜。

走れ走れ、だ。

目指せ青森。

ついたぞ十和田湖。

青森だぞおっかさん。

もう夕暮れ。

誰もいない十和田湖でした。

なぜ十和田湖なのか?

それは今となってはよくわからない。

ただ目的地になっていただけかもね。

だけど重要な事は巡り合うことさ(意味不明文)

さて、ここから青森なんだぞ。

いよいよである。