Img_c09fec307e2a9068e122d7d7a3d00531
情報というものは薬にもなるが、毒にもなる。
どちらかと言うと毒となりやすいものが多い。
特に過剰に摂取すると確実に身体に悪い。

嘘だと思うのなら、スマホもPCも新聞もテレビも見ない生活をしてみたらよくわかるよ。
Img_d7d14a3688e76db36077bf51ee07a134
思い出すのは夜道を走っているあの瞬間。
窓を開ければ夏の夜風が心地よく頬を撫でる。
周回道路はオレンジ色の街灯に照らされヘッドライトの明かりが混ざり合う。
すれ違うトラックの風切音が耳に残りオーディオから流れる音楽は溶けて無くなる。
何本目かも憶えていないタバコに火をつければ気怠い心がざわめく。
ああ、嫌なもんだな。
Img_9a962284e057e2e1ce5bd246b44fbfb1
人というものは、状況の積み重ねによって、その人があるのですね。
人が変わろうと思うのなら、状況を変えれば、変わります。
ただし、状況が全て変えられるわけではありません。
だから、この世というものは難しいものなのですね。
Img_b9de3c75e4ea31b1314a47ed2354c55e
どういうわけなのか、毎年この時期はいろいろな波が来る。
頭の中では波にのっているつもりだけど、実際は波にのまれて手足をバタバタさせているだけなのだ。
年々その姿を客観的に見つめるようになって、それがまたなんとも見苦しい姿ではあるのだ。
Img_a5e2d962658f35e8369a63f9199523d1
これしかない!というところまで行けばしめたもの。
でもなかなかいけないもんですよ。
Img_8d1ba95185f8f59a1f950c3dab9ccad1
32歳になった。
今現在の自分が幸せなのか?
幸せなんて結局は今の状況をどう感じるかというものだろうと考えると、幸せなのかどうかの判定は常に変動している。
まぁそんなしょーもない事考えていられるのはある意味幸せなのかもしれない。
Img_5dd92533f740688d2442549498208bdb
行動とは選択の連続である。
選択とは価値判断である。
それはつまり、最善はどれかを選ぶということになる。
最高というのは結果論であるからだ。
問題となるのは常にどの方法を選べば最善の策となるのか、だ。
それは逆に考えればなぜ上手くいかない事ばかりなのかを考えないといけない。
一つ言えるのが、常に最高を目指すから失敗が生まれる。
それは理想論で物事を判断するからだろう。
理想論を基に判断すると、結果が常に予想を下回るから失敗となってしまう。
だから、理想論ではなく、「これが妥当だよね」「失敗したらこうなるだろうな」という結果の予測を基に判断をしないといけない。

と、いった感じの事を艦これやりながら考えてた。
Img_2dea2ba15f523b04078533ce1af9cd1a
一旦待つ、という行為。

何かしらの決断は、一旦待つ、が必要な事が多い。
待てないけど、待たないといけない。
余裕が無いことはいけませんからね。
Img_d081f840ffb07e6b5feb31e7cfab6f2b
非常に小さな些細な事でも、それが思わぬほど大きな結果になることだってあるので、万事よくよく注意を怠らないようにしましょう。

という理論は~道とかそういう系のものにはよく登場します。
要するに雑はダメってことになりますな。

多少雑でも楽しめたり何とかなったりするほうがいいと思うんだけどね。
Img_1d5b97cc8c361e2326d91c77fee8d109
快適性は大事です。
自分の快適性を大事にしましょう。
そして人の快適性を尊重しましょう。
Img_0d04f6e3e18c598594ce62bc09230501
どうしようもないんだけど、どうにかしときたかったな、というところがありすぎてなんともはや。


基本的に自分の好きな事を大事にしないといけないね。
世間的常識的行動よりもね、たぶん自分の好きな事って大事なんですよ。
Img_1f944d728ef8188954c2da34deef86b9
渋い、という感覚はとてもいいよね。
渋いとか味わいがあるとか。
そういう感覚を養うのがとても大事だと思いますよ。
Img_d48d1bf45f73f9c3a59bc45cd4d6cb89
3月も終わりに近づいてきたことに気がついた
Img_245d3d4cbc614acfc3c83a7da2a9bb43
忙しい、というより考える時間が圧倒的に無かった3月が終わり4月は少しゆったりと暮らしたいと願っているのです。