展望2019.6.2

現金2兆円 or 人生でセーブポイント3個作れる能力

正直なところ、37歳ともなると今更セーブポイント作れても如何ともし難い物事が多すぎて無駄な能力になりそうなのです。

おそらく人生において必要となるセーブポイント地点は、18歳・25歳・30歳といったところでしょうか。

10代前半で設定してもいいのでしょうが、人生を10代からやり直すのもしんどいですね。

自分の場合は現金2兆円を選ぶ方が無難でしょう。

ただし現金2兆円って現物だったら運ぶだけで死ねますね。

銀行口座に2兆円はある状態でスタートならまだ何とかなりそうですが。

個人で2兆円持っていても何ともならないので適当な法人を立ち上げる事になるでしょうが、それだけ持ってるのがバレたら身を護るのも難しいかもしれません。

法人を作ったとしても、他人が入る時点で何かしらの修羅場がいずれ来ることは予想できますね。

そう考えるとセーブポイントを活用した方がいいのかもしれません。

とりあえず今の時点で一つポイントを作って3年立ったら一度戻ってやり直す感じになりそうですね。

ファーウェイのスマホでアンドロイドOSが更新不可になる

ファーウェイを買おうかなと考えた時期もありましたが、以前にも書いたようにバックドアの問題以前から品質面で問題があったメーカーなので見送った経緯があります。

正解でしたね。

アンドロイド外されたら何ともならんので、アメリカ・日本の市場ではもう無理でしょうね。

5G市場でも厳しい先行きになりそうです。

オッサン「昔のゲームの方が面白かった」 これ本気で言ってるの?

今だにファミコンとスーファミのゲームに熱中してしまう自分からしたら、昔のゲームは今でも面白いと思う。

だからと言って昔のほうが面白かった、というのでもないですが。

ただネットが無い時代は攻略本読んで友達に聞いて試行錯誤してクリアするというプレイスタイルがありました。

あれは今の時代にない楽しさかもしれませんね。

技術が発展しても、何らかの問題点ってのは必ず出ます。

そういうもんです。

技術が発展すれば問題が解決していく、または問題点が無くなっていく、というのは「幻想」なわけです。

なのでイタチごっこのように改善や改良や発展をし続けていく事になるわけですね。

過去の方が良かったんじゃないか?という疑問なりアンサーなりは必ず発生します。

それは当たり前の事で、記憶というものの性質や人間の特性なんでしょう。

それもまたそういうもん、というだけでそれに過度に反応しても仕方ないのでしょう。

逆に過度に過去に囚われても仕方ない事でもあります。

何事も考えすぎても仕方ないんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です