人ができることの限界は、人の使える言葉の限界でもある。
そこを知るのが、勉強というものである。