忙しい、というより考える時間が圧倒的に無かった3月が終わり4月は少しゆったりと暮らしたいと願っているのです。