この街に住むということは、どういうことなんだろう?という事を考えながら歩いていた。
この何気ない空間にはとんでもない歴史が下敷きにあって、そこでごく普通に人々が暮らしている。