2012年はもうすぐです。
2011年は自分にとってどのような年だったのか?
混沌性というものは恐怖であり歓喜であり苦悩であり安楽であります。
自分は「そこ」にあり、そこにしかないのです。
そのことが発見・再確認できた年なのかもしれません。
2012年は「そこ」に居続けるための年になるでしょう。