iQOS

iQOSである。
昨年末に購入したのだ。
これは伝熱式のタバコである。
まず基本セットで買うことになる。
iQOSキットの付属品はiQOSホルダー、iQOSポケットチャージャー、iQOS専用クリーナー、USBケーブル、iQOS専用ACアダプターとなる。
限定品のポーチ付きであった(少々邪魔臭いサイズではある)
それにこれ専用のタバコを買う(ヒートスティックという)
ワンカートン4600円であった。
要するに普通のマルボロとそう変わらない値段の電熱式タバコというわけだ。
 一本吸うのも普通のタバコとそう変わらない所要時間である。

使用感だが、まず味わいはかなりタバコだ。
しかしタバコとはあきらかに違うのだが、タバコだなと感じる。
風味等は独特のものだが、満足感で言えば充分普通の紙巻たばこの代わりになるレベル。
ニコチンがガツンと来る感じがある。
食後の一服などでも不足はそこまでない。
電子タバコのニコチンリキッド使用やスヌースよりも一服感はある。
電子タバコの完全に水蒸気というのを吸うのと微妙に違う感じである。
蒸された感じというのか。
ヒートスティックは要するにタバコ葉であるが、刻みが違うし湿度がかなり高い。
これを電熱で気化させているのだろう。
燃える手前、気化する温度は200度と言われているからそれぐらいか。
匂いがけっこう出る。
と言っても臭いとまではいかない感じのものだ。
タバコ臭さは残らない。
副流煙は当然出ない。

一本吸うごとに充電が必要となる。
これが面倒だ。
連続では吸えない。
ポケットチャージャーに入れて充電→吸う→充電である。
そして定期的にメンテナンス、要するに掃除が入る。
これがまた面倒だ。
しかしかなり考えられた感じなので電子タバコのメンテナンスよりは簡単である。
吸い終わったら吸い殻が出るが、火を使わないのでゴミ箱に捨てても問題ない。
吸い終わった吸い殻を抜くのにコツがいる。
吸口だけ抜けて葉っぱが残ることが多い。
操作性がよくないので運転中には吸いにくい。

USBケーブルでポケットチャージャーに充電できるので車などでも大丈夫だが、電池持ちが悪く、20本ほどで充電しないといけない。
ホルダーの作りがヤワイ。

総論としては、非常に満足度の高い電熱タバコだが、いろいろ面倒だ、ぐらいだ。
慣れればいいんだけど。
紙巻たばこからの移行するには一番馴染みやすいとは思う。
しかしランニングコストがほとんど変わらないのと、導入コストがそれなりにかかるので二の足を踏む方も多いだろう。
個人的にはアリだと思う。
今のところ名古屋のみの販売だそうだが、次世代タバコとしてはけっこういいと思う。
電子タバコのアンダーグラウンド感というかインディーズ感とは違うタバコメーカーのメジャー次世代タバコという感じ。

名古屋だとコンビニでも手に入るので気楽なのが助かる。

電子タバコの沼

電子タバコに手を出した。
と、言っても日本で流通している電子タバコは厳密にはタバコではない。
なぜなら現在主流の電子タバコは「リキッド」という味の素となる液体を注入して吸うタイプだが、法律上はニコチン入りのリキッドは日本では販売されていないからだ。
そもそも電子タバコはタバコではあるが煙草ではないのが煙を吸うのではなく水蒸気を吸うものであるからだ(ヴェポライザーも煙ではないとは思うがアレは何というものなのだろうか?)
電子タバコの仕入れは楽天でもアマゾンでもあるが玉石混交な感じなので専門店がいいみたいだ。

で、わけもわからず購入したのがKmaryのX8Jというモデル。
後々知ったことだが、KamryのX6というのがけっこう人気らしい。
後々知ったことだが、安かろう悪かろう的なものらしい。
後々知ったことだが、X8Jはあまり評判のよろしくないX6のネガティブな点をつぶした新モデルらしい。
よくわからんが使ってみて別段悪くない。

電子タバコで検索するとかなりの数の情報が手に入る。
しかし、簡潔にかつ詳細にまとめられているものは少ないように思える。
http://wikiwiki.jp/ecig_dentaba/
↑とりあえず電子タバコのwiki
どうも私の買ったモデルはMOD系と言われるものらしい。
それが最近の主流でタバコの形ではなくもはや何とも形容しがたいパイプというのか何かの機械の形というのか「そういうもん」らしい。

今から8年前に一度禁煙したことがある。
その時に電子タバコが登場していて、試したことがあるが、タバコの形で吸うと先っちょが光るやつで、なんの味もない水蒸気を吸うやつだった。
今はそういうもんはあまりない、というか性能が悪い、というかはっきり言って「おもちゃ」だから無くなってきたんだろう。
で、この8年間ほどで電子タバコが超進化して、今の形になったのだろう。
調べたが時系列で追うことができなかったし、「そういうもんらしい」でいいのだ。
いろいろ調べてみてわかったのが「そういうもんらしい」にしておかないと電子タバコというのは「沼」だ。
わからん。
どのメーカーがいいとか悪いとか何となくは掴めたが、「そういうもんらしい」にしておかないと進化・変化スピードが速いので追いつかないのだ(MGTみたいなもんだねw)
とにかく今の形がわかれば良い。
そして↓にあるアトマイザーというリキッドを入れる容器であり電熱器の部分と吸口、これにバッテリーとスイッチのついた部分を組み合わせて使えるというのが理解できれば充分だろう。
そしてだいたいのアトマイザーが互換性があるのでこやつを交換していったりメンテナンスしたりアレコレするらしいというのがわかればいいみたいだ。

もちろんバッテリー部分も重要みたいだが、今のところ持ってるのがX8Jだけなのでまぁいいや。

http://e-cigarette.blog.jp/
http://chikusueki.sblo.jp/
http://plex4096.hateblo.jp/entry/2012/06/18/055017
http://den.tvbok.com/
http://vape-collection.com/navi/
http://health.blogmura.com/ecigarette/
初心者向きの情報があるサイトにお世話になりました。
でも未だに電圧とかアレコレわからないこばかりですが「そういうもんらしい」が大事ってのがわかりましたよ。
ほんまに。
沼ですもの。

で、一番の沼は「リキッド」なんす。
星の数ほどあるわけでどれがどうとかまだ言える立場ではなく。
とりあえず体験談としては・・・
日本ではニコチンニコチンリキッドは販売されてないけど、海外からの個人輸入はOKで、代行業者もあるよとか。
リキッドは主成分がグリセリンでどこでも手に入るし、グリセリンでリキッド薄めたら安上がりだよとか。
海外から手に入れたニコチンリキッドにグリセリン足して吸えばさらに安上がりだよとか。
いろいろあるけどタバコ代わりにするならメンソール系がなんだかんだでいいみたいだよとか。
タバコ味のリキッドはおすすめできないとか。
基本的にどれも甘いとか。
かしらね。
深追いはしないつもりではある。
いろいろとキリがない。

電子タバコ全般に言えるのだが、深追いすると沼でその沼が楽しいか楽しくないかで変わるだろう。
禁煙補助、タバコの代わり、という用途なら深追いすると経済的に沼になるので、あらかじめリキッドも絞り込んで、本体その他も絞り込んでしまうのがいいだろう。
すぐに二万三万と消える。
そして大事なことは電子タバコの機械その他は完全に消耗品ということだ。
バッテリーもアトマイザーも全て消耗品。
だいたいバッテリーは三ヶ月とか。
アトマイザーは一月とか。
高いやつ買えば何年も使えるものではない。
いろいろ考えて計画的にやらないとリアルタバコより高くつく。

で、個人的感想としてはニコチン入りリキッドは意外とリアルタバコの代わりになります。
満足感はあります。
輸入代行で頼んだが、数日で来た。
単体ならニコチンは14mgで充分な感じ。
グリセリン追加して安く上げるなら24mgとかでいいと思う。
ノンニコチンでも楽しめる。
満足感はそれなりにある。
メンソールがいいと思う。
リキッドはどれも基本がとにかく甘い駄菓子屋的な味わい。
匂いはいい。
お菓子の匂い。
ヤニなどが出ないのでクリーン。
ただし外では吸いにくい。
あきらかに不審。
目立つ。
ジロジロ見られる。
気にならないならいいと思う。
人混みや禁煙場所では雰囲気的に無理。
来年も電子タバコやってるかと聞かれたら、たぶん30%ぐらいの確率でやってると答える。
基本的に楽しいのだけど、メンテナンスその他がめんどい。

メンテナンスは超音波洗浄器があればいいと思う。
重曹水とかやれたらやれるにこしたことない。
超音波洗浄器は5千円未満でいいのがアマゾンで買える。
とにかく使い勝手がいいので一つあればいろいろ使えまっせ。

逆説の禁煙方法

突然ですが紙巻きタバコがどうも嫌になってきた(笑)
臭いと煙がどうもアカン。
受け付けなくなってきた。
とりあえず仕入れたシャグがあるうちは吸うけども(汗)
時間がないのでパイプは吸えずシャグばかりになっていて、それもアパッチゴールドに固定されていたのだが、味わいは素晴らしいが紙巻きタバコ全般の臭いが気になるようになってきたのだ。

シャグに移行した時点でかなり紙巻きタバコの臭いには敏感になった。
そりゃそうで、一般的なシガレットに比べたらシャグで使うペーパー、主にスモーキングのブラウンとピュアヘンプだと臭いは断然少ない。
しかしタバコの葉を燃やすという行為である以上は臭いは発生する(それでも一般的なシガレットよりは断然不快な臭いは無いのだが)
どうもそれが受け付けなくなったのだ。
これは想像しなかった事態である。

ちょうど生活環境が変わってきたのもあり、いずれは禁煙と思っていたのもある。

禁煙とは何か?
タバコをやめる、というのが一般の常識だろう。
じゃあタバコとは?
一般論的なタバコとはやはり紙巻き、またはパイプ、煙管あたりの火を使いタバコの葉を燃やし、その煙を味わうという行為を指すだろう。
しかしだ、タバコ・煙草には火を使わないものもあるのだ。

まずはスナッフ。
鼻から吸うやつ。
イメージとしてはスカーフェイスのアレ。

つぎに嗅ぎタバコというもの。
スヌースである。

上唇の裏の歯茎のくぼみにいれるのだ。
写真のものはポーションという袋タイプのやつ。
もともとはルース(粉)というものを丸めていれるもので、今でも根強い人気だそうな(やってる人みたことないけど)
主にスウェーデンでは主流の「タバコ」なのである。
やたらこれの危険性を訴えている層がいるが、スウェーデンではこれが主流である。
スウェーデンでのタバコの健康被害が他国より低いという説もあるので、そこらへんはこの世界定番のいつものアレである(ガンという病気の概念が近いうちに覆されかねない研究結果も出てきているのでそうなるともう失笑しか残らないのである)
よくよく考えてみるとニコチンガムの原理もこれと一緒である。

あとは電子タバコだ。
まぁニコチン入りのリキッド(味と香りのもとになる液体・主にグリセリン)

一昔前はおもちゃレベルのものしかなかったが、最近は異常進化してもう沼。
ちなみに超誤解されているけど、これ水蒸気を吸うもんでござる。
煙ではござらん。
電子というか温熱式のヴェポライザーというのがあって、「気化」させた「成分」を吸うので、タールやらがゼロなので無害に近いとされているが、よくわからん代物というか違う界隈の方々向けという風情なのでよくわからん。

これらは「火」を使わない。
つまり「煙」が出ない。
一般的に言われるタバコの臭いというのは主に煙の臭いなのである。
ちなみにニコチンというもは無味無臭である。
結論的には火を使わないタバコなら煙が発生しないので臭いも発生しないということである。
なのでこれら火を使わないタバコを試そうと思う訳である。

まずスナッフタバコである。
一番有名なグレッシャースナッフというやつである。
ちなみにこれ安い。
380円ほど。
これを試した。
中には茶色の粉状のタバコが入っていてこれを適量取り出し鼻から吸う。
何とも言えない匂いだ。
メンソール+よくわからない香り。
ビミョーである。
吸ってみる。
すぅ~とする。
でもゴメン臭い。
リームー。
ムズムズするし。
はい終了。

次にスヌースを試す。
これは最新型だそうで、従来のスヌースはタバコの葉っぱを発酵させたものを用いたそうだが、これはタバコの葉っぱからニコチンを抽出して味付けしたものらしい。
ちなみにこれもまた安い。
ポーションが大きくなると高くなる。
それは税制的な問題で。
これで490円ほど。
20個入りだが、一日で使えるのは5個から10個までだろう。
一つで30分ほど持つらしい(物によっては1時間とか)
口に入れる。
初めてだと刺激があるらしいが、それほどでもない。
写真右のものはミントで、左のはベリー味。
試したのベリー味。
ガムぽい味。
美味しい。
口に入れてから数分後にニコチンが摂取されるらしい。
確かに三分ほどしたら効いてきた感じ。
ツバは絶対出るけど、飲み込んでも大丈夫らしい(一日で4個ほど試したけどいまんとこ何もない)
スヌースを口に入れてる間はタバコ吸いたい感覚がなくなる。
そりゃそうだこれタバコだもん。
味・香りともに臭さゼロ。
むしろ良い香りや味が広がる。
こりゃいいや。
思った以上に良い。
もう紙巻きタバコいらんな、と初っ端から思ってしまった。
よしスヌースで行こう。
しばらくはアパッチゴールドの在庫があるからシャグも吸うけど。
そのうちこれに移行しよう。

ちなみに電子タバコも仕入れた。
これはまさに沼なので詳細はいずれ。

いずれにせよこれらは禁煙であって禁煙ではない。
煙断ちではあるが、タバコ断ちではない。
ニコチン自体の摂取は続けるわけだから。
しかし、モノは考えようだと思う。
ニコチン断ちするなら他の方法を知っている(いずれそれもやるだろうが)
タバコの持つ問題点の八割は煙だと思う。
その煙問題が解決されたなら、それはそれで良い。
それだけでもとりあえず充分でないか?と思う。
少なくとも自分は煙断ちさえできれば当面問題はないのだ。
これが逆説の禁煙方法である。

追記2018年2月
これを書いてから数年。
JTもスヌースを発売して徐々に広がってきていますね。
電子タバコもすっかり定番化してます。
自分は今はスヌースばかりです。
めちゃくちゃ便利ですね。
どこでもスヌース。
ワンシリーズはやめて、今はアルカポネにしました。
サンダーフロストの時期もありましたが、やっぱ唾液が気になって。