エアウェイブ 3回目の車検

エアウェイブ三回目の車検であったので、↑のオーパが代車としてやってきた。
もう懐かしい部類の車なのかもしれない。
トヨタの意欲作である。
乗用車的ハッチバックというより、ワゴン・ミニバン的なハッチバックとでも言うのか、独特の形である。
大きそうに見えるが、5ナンバーサイズである。

全長 4,250mm
全幅 1,695mm
全高 1,525mm

以前に乗っていたランクス/アレックスのサイズとそれほど変わらない。
見た目ほど車高が高いわけでもないな。
コンパクトカーサイズである。

↑車内広々である。
乗り込むと意外なほど広々していて驚く。
作りもミニバン的である。
ベースがビスタ/ビスタアルデオだそうで、インパネデザインもウォークスルー対応でそれに近い。
収納スペースも多い。
見晴らしもいい。

↑荷物はあまり載らない(主観)
ラゲッジはそれほど広くない。
でもランクス/アレックスよりはちゃんとしている感がある。
コンパクトカーで言えば充分か。
エアウェイブが載るから、その感覚だと狭く感じるな。

で、仕事があったので数十キロ走った。
まずエンジンをかけると振動が大きい。
D-4エンジン、1AZ-FSEとのことだ。
いろいろな車に積まれている標準的な2000CCのエンジン。
評判は悪いみたいだね。
振動がデカイのはエンジンマウントが劣化してるからだろう。
走り出したらスムーズなもので、乗り心地もいわゆるふんわりである。
エアウェイブが足回り交換してあって、補強もちょっとしてあって、なのでそりゃあ違う感覚ですよな。
個人的にはふんわりしてるのは嫌いではない。
見た目ほどミニバン的ゆるふわ感(いわゆるロールが盛大とか)ではない。
でもコンパクトカーのキビキビ感でもない。
ちょっと独特な感じである。
シートに座っている感覚からして違う。
座ると実に快適なのだが、ミニバン的でもありセダン的でもありコンパクト的でもあり。
走りもそうだし、不思議な感じである。
5ナンバーサイズで全長も短いので取り回しは楽だし、気を使わなくてもいい。
さすがに2000CCのエンジンなので踏めば早い。
早いというと語弊があるが、遅くないということだ。
約9万キロ走った個体だったが、エンジンマウントと足回りさえ交換してしまえば良いだろうなと思った。

オーパ自体は悪い車ではなく、むしろコンパクトカーとして考えるとパワーもあるし室内広々だし運転しやすいしデザインも洒落てるしで良いことづくめの車だが、あまり売れなかったのか二代目は登場しなかった。
惜しいね。
ひょっとしたらオーリスより売れたかもしれないのにね。
オーリスに座ったことあるが、シート自体はオーリスは力が入っているのが分かったが、空間的にはオーパは実に独特の快適性を持っていて好きだ。
ゆったりしている。

無理やり幅を広げなくても、充分に快適性を確保できる良い見本である。
こういう車は貴重だよな。

エアウェイブの車検はブレーキのパッドの交換ぐらいで終わった。
今の状態なら後2年はいけるでしょう。

エアウェイブ スピーカー交換その2

エアウェイブの後部スピーカーの交換をした。
今回は↓がお値打ちだったのでこれにしてみた。
http://pioneer.jp/carrozzeria/products/f_series/
パイオニアのカスタムフィットスピーカー F1620である。
Amazonで4880円であった。
インナーバッフルは前回と同じもの↓
http://www.amazon.co.jp/MAVERICK-%E2%98%85%E6%96%B0%E5%93%81%E2%98%85%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%83%80%E8%BB%8A%E7%94%A8-%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%95%E3%83%AB16cm-PMIB-16HB-%EF%BC%88KTX-173B%EF%BC%89/dp/B00B71CCA2
しめて7730円なり。

手順は前席のスピーカー交換と同じなので細かいところは省略する。
後部座席の場合は写真左上の部分に黒いプラのパーツがあり、これを窓を全開にした状態で引っこ抜いておく。
あとは取っ手2箇所のネジを外して、内装剥がしを利用してバリバリ剥がして、配線のコネクタを外して終了。
初期装備のスピーカーはどうせ捨てるほかに使い道もないので思い切り剥がす。

インナーバッフルを付属のネジ等で固定する。

スピーカー付属の配線ケーブルと本体ケーブルと接続する。

アルパインのスピーカーは+と-のケーブルがわかりくくて難儀したが、これは大きさが違うのでポン付けできるので楽。

ネジで固定して完成。
スピーカー背面に貼る制振シートを忘れずに。
所要時間は前回の半分以下だった。
音の良し悪しは純正に比べたら雲泥の差だが、細かいところは値段なりなのだろう。
でも、個人的には充分である。

キルティングシートカバー

いままで使っていたシートカバーが古くなったので、新しいものにしようと思い、いろいろ探してみた。
各車種専用のシートカバーだとフィット感はいいのだろうけど、手軽さもないし、注文したのにひと月以上待たされたあげくにいつの間にか店がなくなったりしたので、僕ぁもうアレは嫌だな。

信頼できるところで手軽で安いものを求めていたら、ベルメゾンでこういうキルティングのシートカバーがあったので注文してみた。
見た目は思いっきりエプロンカバー候だが、これがなかなか寒い時期にはこういうぬくもり感のあるやつのほうがいいんだよって思える。
ベルメゾンなので女性向きの物が多いが、これならおっさんでもそんなに気恥ずかしくない色目なので良いです。
まぁでもこれからの時期はネイビーよりベージュとかブラウンとかの方がいいかなと思うけども、このキルティングのカバーはネイビー一択だったので我慢。

乗り降りしてもそんなにズレないし、ズレてもすぐ直せるので便利ですね。
何より安い。
楽天だと似たようなタイプで倍の値段で出てたりしてた。
その分オサレなのもあったが。

厚手なので座った時の感触がけっこういいです。
乗り心地が良くなったような錯覚あり。
これはいい買い物しました。

エアウェイブのエアクリーナー交換

エアウェイブのエアクリーナーの交換を忘れていたので、ブリッツのエアクリーナーを注文した。
純正交換タイプ。

さくっと交換完了。
前はHSKだった。
試しに10キロほど走ったが、前より音が小さくなったかな?
スムーズ感はもどりました。
だいぶ換えていなかったからなぁ。
一年で交換がいいのかも。
2万キロほど走るからな。
純正交換タイプでメーカー間の性能差はそんなにないだろうなぁ。
純正でもいいが、どうも値段的にHSKやブリッツのものと変わらないのだな。
耐用年数が違うだけで。

モノコックバーの効果なのか、ハンドリングが軽やかになった。
気分が良い。
センターのモノコックバーも考えてもいいかもしれない。

シートカバーも交換したいので、経済的な事を考えると再来月かな。
純正ダウンサス・ストラットタワーバー・タイアサイズ変更・リアモノコックバーでようやく思った感じの走りになってきた。
ストラットタワーバーだけなら正直いらないかもしれないし、むしろ無いほうがいいのかもしれない。
エアウェイブはワゴンなのでリアの補強、ついでにセンターを補強したら十分シャキッとするのかも。

モノコックバー

エアウェイブにリア用のモノコックバーを装着した。

説明書がついていたので、その通りに。

インナーステーの通し方さえわかれば実に簡単。
とりあえず装着。
効果はまだよくわからない。