RPC85K1,  SEIKO,  買い物,  買ってよかった

セイコー RPC85K1購入記

オジ(‐◎✹◎‐) サンもいろいろ考えたんだ。

どのような時計をオジ(‐◎✹◎‐) サンは手に入れるべきなのか?

その一つのアンサーは実は別にある。

それはいずれ手に入れるが、もう一つのアンサーはこれである。

RPC85K1、海外モデルの激渋なやつである。

4R35搭載なのである。

実に便利。

精度はまだ不明だが、実用で間違い無いだろう。

ケース経が42mmぐらいで、けっこうデカイ。

でもそこまで重量感はない。

ベルトがいつもの安いセイコーなのである。

いわゆる5スポーツとかにありがちなやつ。

ラグ幅が21mmというのがSARY053ぽい。

比べるとSARY053の方が圧倒的に高品質感がある。

4R35と4R38 という機械の違いもある。

お値段は一万円ぐらいの差なんだけどね。

やはり一万円分の差はあるかな。

ていうかSARY053が激安すぎる感もある。

それはともかく、PRC85Kがなぜアンサーなのかって事ですね。

実はこの間に時計を2つ売却したんだけど、一つはセイコー新5スポーツ。

オジ(‐◎✹◎‐) サンが今探し求めいてるのが、安くて使える機械式でセイコーでサイコーなスポーツ系。

ぶっちゃけプロスペックス買えよって話だし、持ってただろって話だし、アレなんですけど。

なんだろなー。

何かしっくりこないんだよなー。

そんな中で出会ったのがPRC85Kです。

往年のパイロット系ぽさがある、なんとも独特の雰囲気の渋さ。

激渋でかっこよ感は無いですけどね、違うんですよ。

激渋かっこよって大人向けオーセンティックなバーという雰囲気になっちゃうわけです。

BGMは常に大人向けジャズかクラシック。

角のハイボールなんか駄目。

ボウモア、ロックで。

SARY053って激渋いけるじゃん。

実売3万円なのにね。

だけどサファイアガラスだしオープンハートだし機械式だし、実はこいつ激渋。

激渋界の激安王。

もう売ってないね。

で、PRC85Kは激渋じゃない渋さ。

言うならばこだわりの強めの喫茶店。

コーヒーは薄くない。

しっかり濃いストロングスタイル。

豆菓子もちゃんとついてくる。

でもBGMは少し古めの洋楽か、ユーミン。

少し抜けた感もあるし、必要以上にかっこつけてない感もある。

ちゃんと町内会にも顔を出すようなマスターがやっている感じ。

実際問題このデザインは絶妙すぎるんですよね。

かなり大人。

東急ハンズとかに大人向けスポーツウェアってので定価で売ってそう。

サライとかにも載ってそう。

オジン臭い?ちょっと違う。

ていうかこの文字盤デザインを少しいじると、いきなり某限定モデルぽくもある。

シンプルで上手いよなぁ。

気楽に毎日つけられるし、悪い点がない。

逆に言えば、新5スポーツ系統でこれより良いのが無いんじゃないの?

大きさはともかく、デザインは秀逸だと思う。

スペックもちょうど良い。

やはり7S系統だと割り切りもいるしね。

4Rはその点楽に付き合える。

我慢しなくてもギリ大丈夫。

個人的に4R積んだ俺たちのセイコーなモデルの中では、PRC85KとSARY053は個人的真打ちにしておきたい。

買って良かったもちろん認定。

惜しむらくは全体的にあと2mm寸法が小さければね。

agwwbnr/Kenshin Hoshino