大予言,  展望,  記事

展望2021.04.10

ドーモ。

ちょいと開きなおり気味のオジサンです。

【悲報】Nikon、スマホカメラに負けて一眼レフカメラ撤退へ

アホか。

伝統のFマウントDSLRからミラーレスに切り替えてるのが現状で、さらに生産拠点としてタイニコンに集約するってのは前からそうなってきてた話ですよ。

スマホカメラ云々で撤退ってわけじゃないんですが。

日本生産ってもうD6あたりぐらいでしたからね。

アホが書いたアホ記事はどうでも良いです。

それよりニコンですね。

ニコン好きとしては、まぁ心配なわけですニコン。

ニコンの心配はとりあえず置いときます。

DSLRまたはレンズ交換式デジタルカメラって根本的にスマホ関係無い領域が残るわけです。

だからαもEOSRも売れてるわけですよ。

無論、スマホガーの話はわかってますよ。

だけどさ、スマホで十分なんて人はさ、カメラ買わねぇだろ?

だからさ、本来的にあるべき姿になっていくって事ですよ。

で、時代はミラーレスシフトが完全に進んで、DSLRの時代は終わるのでしょう。

そんな時代にミラーレスからDSLRに戻ったおバカなオジサンもいますが、そういうのは少数です。

だいたいフルサイズミラーレス機が標準となってきたわけです。

これがどういう事かわかるのか?アホ記事書いてるアホ。

スマホに積んでるセンサーのサイズはわかるか?

な?アホって単純にアホだからデジカメガー衰退ガースマホガーだけで話終わらすわけですが、デジカメ世界のここ数年の動きを見ていくと、完全にセンサーサイズってもんがフルサイズ標準となっていくわけですよ。

中判デジタルカメラも活発化していってます。

ここの意味がわからないと駄目よって事です。

スマホガーって言ってるアホには理解できないわけですが、スマホが売れようがどうなろうが、デジカメ領域がはっきりしてきたわけですね。

前々からわかってはいたんですが、やはりセンサー。どこまでいってもセンサーなわけです。

SONYとキヤノンははっきりしましたね。

フルサイズミラーレス時代です。

Panasonicやシグマやライカもそうですね。

フジは凄いですね。

美容液の儲けを中判デジタルカメラそしてXシリーズにつぎ込んでくれそうです。

リコペンは、我らがリコペンは、このまま突っ走るステキ宣言です。

リコペンに関しては言いたいことが山程ある。

が、言い出したらキリがないので、とりあえず一言。

リコペン、君たちは偉い!!

オジサンはGRとK-5Ⅱを使っていて幸せです。

ありがとう!!感動した!!

オリンパスはもうほっとけ。

米谷美久さんが草葉の陰で泣いてますよマジで。

恥を知れオリンパス経営陣は。

オジサンは本気で怒っとる。

で、ニコンですよ。

やってる事はキヤノンと同じくですが、どうもなんともです。

ステキですよ、Z6も。

悪いわけがないんですよ。

だけど、アレだ。

本当にそれが最適解なのか?って事じゃないですか?

ニコンとして、それで良いのか?

Sとかさ、F3まであたりとかさ、あの時代までを思い出してくれよ。

ニコンブランドってのはさ、どう作られたのかって事じゃないですか。

キヤノンの二番煎じで良いんですかって事ですよ。

不変のFマウントを捨て去った先がZですか?

Dfで魅せたニコンらしさってもんがあるでしょ。

なんかなー、もうちょっとあるじゃんね。

ニコンってさ、ライカあたりとガチンコで戦えるブランド性有るじゃん海外あたりだとさ。

そこじゃね?ブランドじゃね?

別にキヤノン的なEOS的なシステムとか道具とかの優秀性が無くても戦えるだけのブランド性の素質があるじゃんね。

パナソニックなんかさ、けっこう迷走しながら頑張ってるじゃん。

オジサンは正直言って決別したけどパナソニックのあのLUMIXの姿勢は偉いもんだと思ってますよ。

評論家大先生やハイアマチュア大先生方々には不評で侮蔑されてても、オジサンは良いとずっと言ってます。

LUMIXは偉い。オジサンが保障します。

だけどニコン、君はアカンな。

なんかさ、ここ30年ぐらいずっとズレてる気がするんだよね。

ニコン1もどうしちゃったのよ、アレ。

もっとコンセプト見直したら、大化けしたかもしれない1インチの世界なのに。

FマウントでEOSとガチンコってのも凄い事ですが、あれだよ、釣具メーカーで言えばダイワ的なアレだよ現実的なニコンのポジって。

なんかシマノのライバル感出して長年やってましたけど、実は経営規模が全然違いましたからね。

釣具ってシマノが規模的にダントツで今でもそうですが、ダイワってブランド戦略練り直して上手いこと逆襲しましたからね。

オジサンはオリムピックとかリョービとか日新とかに心惹かれるオジサンですが、ダイワも往年のイメージが好きでしたけどね。

何だったらSZMですよスズミ。

いっそケンクラフトですよ。

千夜釣行ですよ時代は。

ガマカツ?買えるわけねーだろヴォケ。

余談ですが、ダイワと言えば村越正海さんですね。

あのイメージですよ。

決して釣りガールが使うようなイメージじゃござんせんでしたけどね。

だけどブランド戦略一つでここまで変わるもんなんですね。

ニコン、考えろよ?

大事な事はEOSより高性能である事じゃないんだぜぇ?

持っていてカッコイイかどうかなんだぜぇ?

もういい加減にAFガーなんて言ってるやつら捨てちまいなよ?

どうだ、ブランドだろう?

そう考えるとリコペンってどこへ向かってるんでしょうか?

かなり心配です。

展望2021.04.10 はコメントを受け付けていません

agwwbnr/Kenshin Hoshino