展望2020.07.06@マジカルサスペンションリング装着後

マジカルサスペンションリング装着して本日お仕事で3時間ぐらい走り回りました。

たぶん変化に気が付かない人もいるよなって感じです。

もともとS-Crossの足回りが良いので、良い状態がちょっと変わってさらに良いじゃんね、という感じになりましたね。

フロントだけの話なのですが、フロントの入力がかなり変化しました。

でも、気が付かない人は気が付かない感じですね。

具体的にはアタリがやわらかくなりました。

あくまで縦軸の話なので、横軸の入力なりは特に変化ないです。

S-Crossの足回りはかなりガッチリ感のあるものですが、固さは感じるものでした。

それがフロントの感触が柔らかくなったのは確実です。

これはなかなか良いですね。

韓国紙、小池都知事の再選に「東京は極右都市へ!韓国にとって約10万人の同胞が暮らす都市の首長として相応しくない人物!住まない選択肢もある!」

住まなきゃいいんじゃね?

左翼活動家「日本人に目覚めてもらったら困る!」

これ私も言われた事あるんですよ。

違う言い方でしたけどね。

祭りを終わらせたくないぞ精神ですね。

わかります。

バカだよな。

黙ってりゃいいのに。

ほんとこんだけバカしかいないのが今の中共なんだろうな。

だから中共って結局バカしかいない現象なんですよ。

江沢民時代から胡錦濤時代ってそれなりに人材がいたと思うのですが、ここまでグダグダになるとダメね。

女子大生「YouTube広告のブス・デブ・容姿煽り、もうやめませんか?」

ルッキズム云々というより広告の問題として観ないとズレますね。

あのシミがどうとか、宿便がどうとかもそうですね。

単純にアホ煽りなわけです。

要するにYouTubeを始めとして、どうせアホが観るんだろ?ならこれな、って事なんですよ。

広告とは時代であり世相であり人間そのものなわけです。

煽れば動くだろうって事ですし、煽って動く人間がいるって事です。

ルッキズムで言えばスレでもあるようにアホばかりなわけですよ。

人間そのものがアホなので、ルッキズムはその一例なだけです。

私は髪の毛は剃り落としながらも贅肉はたんまりつけるタイプですが、まったく気にせず楽しく生きています。

ルッキズムなんてとっくに卒業しましたよ。

不潔でなければいいじゃんね、ぐらいです。

ていうか男である程度人生経験積んだ状態でルッキズムに囚われていたら、人生経験に問題有りなわけです。

いい年した男が見た目がどうとか、そんなもん人前で話す事でないですし、あくまで自分の中で考えとけって事です。

女の見た目がどうとか、そんなこと他人様に話すのはみっともないわけです。

光源氏だって若かりし頃のボーイズトークだったわけです。

ただ男子たるもの人前に出る時は堂々としとけってだけなんです。

堂々と出来ないのなら、どうすれば良いのか自分で考えろってだけです。

それが出来ないのはガキってだけなんです。

覚えておきたまえよ、諸君。

SX4S-Cross@燃費(2020年6月29日)

SX4S-Cross
6月29日
走行距離266.1キロ
給油量26.2L
燃費1Lあたり10.1キロ
価格1L129円
合計3380円

地道オンリー・仕事で長時間走行が多かったので「普通」の数値に。

アイドリング時間は前回あたりより短めですが、普通の使い方より長めです。

やはりS-Crossの燃費は悪いというものでもなく、使い方でしょう。

それにしても高速も全然乗らないのです。

長距離もまだ無いです。

SX4S-Cross@燃費(2020年6月17日~25日)

SX4S-Cross
6月17日
走行距離387.3キロ
給油量41.9L
燃費1Lあたり9.2キロ
価格1L130円
合計5447円

SX4S-Cross

6月25日
走行距離236.9キロ
給油量33.14L
燃費1Lあたり7.14キロ
価格1L124円
合計4109円

思わぬ悪燃費です。

短距離ばかりなのとアイドリング時間が長かったせいでしょう。

アイドリング燃費がどうも悪いですね。

展望2020.06.07

マツダのベリーサって車に乗ってるんだが次に乗り換える車が無い

ベリーサは一時期欲しかったですよ。

デザインが良いですね。

中身もデミオなので安心感がありますし。

デミオは初代の後期が良かったですね。

バイト先に北海道からやってきたおっちゃんがいて、そのおっちゃんの愛車がデミオ後期の1300のMTという渋い一台でした。

乗り心地と居住性のバランスが良かったです。

二代目はちょっと硬いイメージでしたが、良い車でした。

閑話休題

私もS-Crossの次は考えられないぐらい気に入ってますねぇ。

S-Crossがターボ化でもされたら、乗り換えを考えるかもしれませんが、どうも無さそうですからね。

うちの現行S-Crossは先進装備も一通りあって、安全性能も現代水準で合格点なので、あと10年ぐらいいけるでしょ、とは思ってます。

ターボ車と違ってメンテにそこまで気を使わなくてもいいですが、タイヤ交換がネックですね。

17インチですから、ちょっと高い。

毎日仕事で乗る車の理想形は15インチぐらいまででしょう。

バッテリーも欧州仕様なので高いのですが、これはまぁ自分でやるって手もあります。

ドラレコ車載してる奴、自己防衛心強すぎててダサいwwwwwwww

まぁ事故に遭えばありがたさがわかるよ。

ソリオ君の事故動画は一生取っとく。

それにしてもこの手の先進装備をバカにする層ってのは昔からいますね。

ETCとカーナビがそうでした。

私はけっこう早めにETCもカーナビも装備しました。

ETCの初期は効果絶大で、名古屋西料金所で何十台とごぼう抜きでしたからね。

そりゃあ気持ちの良いもんでしたよ。

あの頃は今よりマナーも悪い車が多くて、飛ばし屋も多かったですが、さんざん飛ばしてきたものの料金所渋滞につかまって、ノロノロ走ってきた私にETCで一気に抜かれるわけですから面白くないというのが丸わかりで、都市高入ってからまた必死にこちらを追い抜かそうと頑張っていた車が多かったですよ。

それでも結局は都市高なんで言うほど飛ばせませんし、混んでると誰もどかないですからね、あの頃は何百馬力と車に金だすよりETCつけるだけの方が早かったと言えます。

それでもETCバカにする人が多かったですが、今じゃ普通に使いますね。

カーナビも無駄だの何だの言われてましたね。

私はパナソニックのポータブルタイプが10万円を切った時に即買いでした。

カーナビは1998年ぐらいからかなり進化していましたが、お値段がネックでしたね。

99年に免許を取りましたが、周りで搭載している人はほとんどいませんでした。

私は道を覚えるのは得意な方ですが、名古屋は大きい道ほど走りにくい現象がありますので、いろいろなルートを試したいのでカーナビはひたすら欲しかったです。

カーナビのおかげで知らないルートを探索する楽しさが生まれましたね。

あと電話帳内蔵だったので、あれはかなり役に立ちました。

あの当時はカーナビに頼ったら道を覚えないなんて言われてましたが、杞憂でした。

むしろ細い道を覚えるのに役に立ちました。

私は保守的な人間ですが、機械は新しいモノ好きで、触って覚えるタイプなのも機械操作向けの人間なのでしょう。

PCもずっと触って覚えています。

携帯、スマホもそうですね。

何でもやってみて覚えるのです。

ただ超文系人間なので「本」つまり情報に惑わされがちなのがネックです。

釣りが完全にそうでした。

本なんて読む暇があれば釣りに行けばよいのに、無駄な知識ばかり蓄積されて行動が制限されていました。

こうやらないと上手くいかないだろう、で行動を制限してしまうのです。

釣りなんてやってみないとわからないわけです。

プロが7ftの竿が良いと書いてあっても、6ftの竿でやってみればいいだけなんです。

そんな簡単な事もわからなくなるのが情報というものです。

あの失敗の教訓は大きいです。

とにかくトライ・アンド・エラーあるのみです。

有識者「新車で軽自動車を買うより中古セルシオ買う方が得だぞ」

走る距離によっては燃料代がかなり変わるので、セルシオあたりのハイオク指定のエンジンは辛いもんがありますね。

クラウンにしておけば、もっとお得でしょう。

ただタイヤ代がかなり違いますからね。

タイヤだけはケチるわけにいかない代物です。

道の駅で車中泊すんの楽しすぎわろたwwwwww

冒険というより冒険感は確かに初心者時代に感じましたね。

慣れると疲れたから寝るだけになります。

初めて車中泊したのは十数年前ですが、あの頃は何も情報もなく、道の駅で寝て良いものかどうかもよく知らないまま、とりあえず寝てました。

よく観察すると、お仲間もいましたし、トラックなんかは当たり前に車中泊ですからね。

だんだん道の駅も使いにくくなってきて、山の中で車中泊した事もあります。

山の中の道だと休憩用の駐車場があるんですよ。

トラックも通らないようなところですから、真っ暗なところで一人寝るのは、非日常感はありました。

妻が勝手に俺のカメラ全部メルカリで売り払ってた・・ ⇒ Canonガチ勢だったので損害額がエグいことに

金額の問題ではなく、人のものを勝手に売る神経はサイコパス気質やな。

軽自動車購入したワイ、激しく後悔する…

ハイゼットカーゴがギア比等で走らんだけで、現行ワゴンRなんて必要以上に加速感あるのですよね。

SX4S-Cross@燃費(2020年5月21日・29日~6月5日)

SX4S-Cross
5月21日
走行距離169.9キロ
給油量17.15L
燃費1Lあたり9.9キロ
価格1L114円
合計1955円

SX4S-Cross
5月29日
走行距離308.9キロ
給油量31.06L
燃費1Lあたり9.9キロ
価格1L121円
合計3758円

SX4S-Cross
6月5日
走行距離257.7キロ
給油量28.07L
燃費1Lあたり9.1キロ
価格1L127円(ハイオク・シェルVパワー)
合計3567円

ドーモ。

S-Crossは良いぞオジサンです。

リッター10キロの壁がありますが、単に踏み込みすぎと短距離走を繰り返しているからです。

6月5日分はハイオクです。

S-Crossはたまにハイオクが良いですね。

前回のシェラアスターの添加剤効果も抜群で、エンジンの回りとトルク感が良い感じ過ぎて気持ちが良いです。

そこにシェルVパワーで相乗効果倍付け。

さらに倍、です。

余計踏み込んでしまい、燃費悪化。

仕方有りませんね。

感覚的にはエアウェイブなどの1500ccクラスと同じような燃費水準なので、不経済感はありません。

むしろ高性能AWDで走りが楽しくてこの燃費なら全然良いですね。

ソリオ君と言うほど燃料代変わっていませんから。

リッター10キロ平均だと、12~13キロぐらいの車とは燃料代が言うほど変わりません。

15キロあたりを越える高燃費車だと変わりますが、月に3000円とか、それぐらいの違いでしょう。

まぁ、短距離走ばかりの私の使い方だと高燃費は厳しいですからね。