スイフトRS@代車

スイフトRSが代車であった。

ソリオ君が車検という事で、しばらくスイフトRSに乗る。

マイルドハイブリッドでもターボでもない素のRSである。

これが実に良い。

代車だから仕方ないのだが、あまりに室内が汚かったので思わず掃除した。

まずシートが良い。

ソリオ君とは段違いだ(値段はスイフトの方が安いのに)

スズキぽいシートで、ソリオ君と感触は似ているけれど、ホールド感があり疲れないのがすぐにわかる。

メーターまわりもソリオ君よりカッコよい。

ソリオ君はセンターメーターなので比較はできないが、そりゃあスイフトはカッコいい

ナビもスズキ純正の全方位カメラ搭載のモデル。

かなり掃除したので、かなりキレイになった。

パドルシフト付きのCVTなので、MC後のソリオ君と同じCVTなのだろうか。

かなり出来が良い。

加速感も良いし、とても1200CCとは思えない。

街中では不満が出ないレベル。

坂道でも大丈夫。

ソリオ君とは大違いだ。

ソリオ君もMC後のモデルはCVTの制御が改善されていたので、すごくモヤモヤ。

足回りも良い感触。

フラット感というよりリニア感がある。

ソリオ君だとゴツゴツして揺れる感じだが、スイフトは抑え込まれている感じ。

だから走らせて楽しい。

二代目スイフトもかなり出来が良かったが、走らせた感じはかなり違う。

ドライブしたら楽しいだろうなぁ、という印象。

トランクスペースも深く、欧州風味なのかもしれないが使い勝手はどうなのか。

ファミリー用途にするには少し容量不足か。

後部座席はけっこう快適だが、フィットのような広々感は無い。

現行デミオ(マツダ2)より室内空間は快適な感じはある。

これぐらいがちょうど良い、という感じ。

ターボはまた違うんだろうね。

仕事用に良いかな、とも思うけど、乗り降りのしやすさで言えばソリオ君の方が都合が良いし、クロスビーも良い。

それにしてもスズキはやはり恐るべしで、特にスイフトは良いね。

スイフトスポーツが生産追いつかないってのも解る。

やっぱし次もスズキかね?

ソリオのロングホイール版でも作ってくれたらありがたいのだが。

全長4300mmぐらいに伸ばしてラゲッジ容量増やしてくれるだけで無敵ですよソリオ君は。

以下追記

勘違いしていたが、ACCだと思ってたスイッチは違うものだった

面白いのがアイドリングストップがついていない。

だから凄く快適。

アイドリングストップが無いだけでこんなに快適なのかって不思議なぐらい、良い。

出力的にはホットハッチとは言えないのだろうけど、ガッチリした足回りとアクセルレスポンスが良いので楽しく走ることができる。

カップホルダーが小さいので、500mmの紙パックは無理だろう。

愛用のサーモスの水筒が入らない。

エアコンの効きがソリオより良い。

ソリオで悩まされる坂道での減速感が無いのが快適。

ソリオと同じエンジンで、同じようなCVTのはずなのに、こんなに早くて快適なのか、と。

展望2019.7.3
バンコクで「物価」の意味を知る

日本はアジアのイタリアに

『サザエさん』を読めばわかるのですが、高度経済成長時代からバブル経済崩壊後で何が変化したのかと言えば、金銭感覚・経済観念なのです。

サザエさんではうな重を頼むのに大騒動していました。

うな重が3000円から5000円とすると食べ物としては高い部類ですが、磯野家ほどうな重に大騒ぎする家庭が今どれだけあるでしょうか?

お金が無ければうな重を頼むという選択肢は最初から無いわけです。

それは昭和だろうが平成だろうが令和だろうが同じです。

しかし磯野家のように購買力はあっても実際に注文するのには躊躇するという精神性というか経済観念が重要なわけです。

サザエさんの原作での経済観念というのは、その次代に応じたものであり、誇張されている部分もあるとは言えども決してハズレ過ぎたものでもないでしょう。

いわゆる「庶民感覚」というものからズレていたわけではないのですが、現代人から見たら「大げさ」な感覚が作中でしばし登場します。

その象徴が「うな重」なんです。

象徴と言えば「フォアグラ」というものがあります。

かつては超高級食材であり「幻」みたいなものでしたが、現在では居酒屋メニューでもあったりするポピュラーな食材に近いものになりました。

僕が子供の頃はまだ「幻」であり、バブル期の象徴のような食べ物でしたね。

『美味しんぼ』でも登場していて、あん肝と謎の対決を繰り広げていましたが、とにかくどれだけ美味いものかと想像したものです。

大人になって実際に食べてみると脂っこいレバーという味で、少し残念でしたが、僕みたいなもんでも食べられるようになったのが感慨深いものがありました。

フォアグラの価格というものは、おそらく輸入量や為替の関係でかつては恐ろしく高価であったのでしょうが、現在ではそれが安くなり、比較的安価に食べられるようになったのでしょう。

若人からしたらかつてのフォアグラの価値というものは思いも知らない事だと思われます。

松茸のように採れる量が少ないものは相変わらず高価です。

かつてはフォアグラは松茸の如く高価でバブリーな食べ物の象徴でしたが、値段と時代の変化で価値観は変化していくものです。

うな重は、うなぎの漁獲量が減り値段は上がっているのですが、かつてのフォアグラの如き神通力を持つほどの価値があると認識しているカツオの如き人は今どれだけいるのでしょう。

現代日本人はカツオの様にうな重で大騒ぎはできません。

それが時代によって変化する価値観であり金銭感覚なのです。

その経済観念を逆戻しにする、という手は確かに一手だと思います。

サザエさん一家の時代に戻れば、意外と幸せに暮らせるかもしれません。

しかし一度進めた針を戻せるのか?という事でもあります。

7代目カローラを自動車通が「伝説」と語る理由

どうりで豪華だったわけだ…歴代でもっとも売れた「中興の祖」

あの日あの頃より今の時代の方が確実に幸福である、という事が言い切れない事。

それは当たり前であり、なぜかと言えば記憶は美化されていくものだからです。

とは言えカローラに関しては七代目AE100系は良かったですねぇ。

運転したことがありますが、良かったです。

最初にカローラを買っておけばな、と考えてしまいます。

人生も変わったいただろうなぁ、と。

ただ個人的には八代目カローラの方が好きなんですよね。

展望2019.6.20

世の中というのは万事が万事、そうなってしまったもんは仕方ない、という領域があります。

なるようにしかならん、と思って生きるぐらいで丁度良いのですが、完璧という観念に支配されると何もかもが許せなくなりますね。

そうなると悪い方へ悪い方へと流されていきます。

完璧でない事が許せない状態が負の連鎖を生むわけです。

人生で後悔してるターニングポイントの選択ミスはどこ?

これも完璧主義的思考に陥ると後悔ばかりになりますね。

とは言え、過去を振り返って考えるというのは人間にとって重要な事であると思います。

経験則を参考にこれからの判断を下すわけですから。

自分であったら、まず20歳の時の判断ですね。

20歳の時に間違った判断をいくつもしたと考えてしまいます。

ただあの時間違えた結果で現在上手くいっている面もあるのです。

それはやはりなるようになっているのですね。

ただやり直したい、選択し直したいという願望はあります。

20歳の時の判断ミスが25歳、28歳、30歳での判断ミスを招いたとも考えられます。

20歳の時に「何もしない」という選択肢であったなら、後々のミスが発生しなかったと思いますが、違うミスが発生したかもしれません。

それでも、あの時あの判断がなければなぁ、とは思いますね。

世間体とか常識に囚われすぎました。

自分は自分であると判断して、もっと旅にでも出れば良かったな、と。

単純に物理的後悔で言えば18歳の時にEGシビックを買ったのは失敗でした。

一年でエアコンが完全に壊れて、修理にとんでもない金がかかると言われて、そこからいろいろ面倒な失敗続きでした。

あれはミスでしたね。

なぜお金持ちは中古の高級車に乗っているのか?

私は金持ちではないのですが、次は中古車にしようかと思っています。

仕事で使うので経費なのですが、いかんせんその経費が厳しい状況ですね。

思えば車で贅沢をしたことはありませんね。

今はリースなのですが、リースは私の使い方だと不便なのです。

いろいろと考え、試しましたが、やはり中古車が一番合理的で性に合っています。

今は経費ですが、自分で買う時もあります。

だいたい本体が予算30万円ですと、諸経費込みで50万円ぐらいになります。

それに整備費用も追加で考えておきます。

タイヤやオイルは新品にしておきたいですから。

無駄な出費を抑えるには、中古でも頑丈で状態の良いモノがありがたいですね。

そうなると本体価格をもっと高いやつにした方が良いのですが、貧乏性なのであまり高いモノは目が行きません。

今までは長年の付き合いのある車屋さんに頼んでましたが、閉店したので困っています。

次はディーラー系にしようかと思います。

そうなるとトヨタが安心なんですね。

タマ数も多いですし。

現実的に子供がいるとミニバンが便利なのですが、ミニバンは中古価格が高いのです。

だいたい考える事は皆同じで、子供や家族がいるとミニバンが現実的にベターな選択肢になりますから、人気が出るのです。

中古車というのは人気で値段が左右されます。

お得なのは不人気車です。

だから中古車好きは不人気車を狙うのです。

ミニバンに不人気車はありません。

ビックリするぐらい強気の値段設定なので、不便でもミニバン以外にしようかと悩んでいます。

プリウスも考えてましたが、やはり人気なので強気の値段ですね。

ミニバンもプリウスもネットでは悪口というか罵詈雑言の嵐ですが、現実では人気なのです。

展望2019.4.20

田舎の人が一人1台車を持てる理由 維持費が都会の半額

車社会で大いなる田舎などと言われる名古屋の都心部でも月極で3万円以上かかるところは当たり前にありますね。

それでも借り手はいくらでもいます。

名古屋近郊になると車の複数台所有はよくありますが、確かに駐車場代がかからない場合が多いでしょう。

ただし車にかかるお金は都会も田舎も駐車場代以外は一緒ですからね。

うちも駐車場代はかかりませんし仕事で使うので車は複数台所有していますが、金はとにかくかかります。

新車はもういらないかなと思ってます。

どの車もさすがにアホらしいほど値上がりしました。

年間1000km走ったら5000円。「走行税」導入のニュースに車乗り猛反発

さすがにこれを導入してしまうと地方は完全に死にます。

うちも死にます。

車で仕事している層が全滅ですね。

しかし財務省の怖いところは、これを本気で考えているのではないかということです。

増税はどれだけ良い増税も悪政に過ぎません。

借金ガープライマリバランスガーと言ったところで増税を重ねると経済が停滞し税収は将来的に下がることになるでしょう。

税収を上げたければ国民を豊かにすれば良いのですが、その為に減税や規制緩和をする事を役人は根本的に「嫌う」のです。

税金が減れば差配する予算が減り、規制緩和すれば自分たちが愚かな国民を教導する事ができなくなると考えるからです。

官僚制度の行き着く先は須らく官僚が差配し支配する事ですから、根本的に国家・国民が自由で豊かになることは目指しません。

【悲報】EUで自動車に「自動減速デバイス」の装着義務化へ 法定速度以上に速度が出せなくなる

私は規制緩和派、金融緩和派、反増税派ですが、さすがに自動ブレーキ機能はじめとして車側の機能規制は必要派ですね。

「運転やめる」告げていた87歳 猛スピードの目撃情報

ここ数年であおり運転や高齢者の危険運転が注目されるようになりました。

ちょっと前には観光バスやトラックの大きな事故も話題になりました。

アホな低能がアウディに乗って高速道路で制限速度を大幅オーバーしてとっ捕まったというニュースもありました。

もう制限待ったなしでしょうね。

特に車側での制限をしないとどうにもならんわけです。

警察は常に取締しているわけでもなく、マナーが法律がと言っても守らん奴は守らんわけです。

だったら車側で制限してしまった方が早いでしょう。

なぜ髪型校則があるの?生徒と先生が話し合う動画が素敵「全国の先生に見て欲しい」

まず無駄でアホらしい校則がなぜあるかと言えば、そんな無駄でアホらしい校則を根拠にしてでもどうにかしないといけないアホが入ってくる可能性があるからですよ。

名古屋で一番レベルの高い公立高校は制服すら自由ですが、それはアホがいないからです。

名古屋で一番レベルの低い公立高校は厳しい指導をする教員が多かったですが、それでも好き勝手やる奴ばっかりだった、という話です。

私も男子校のヤンキー校出身なのでわかりますが、アホに自由を与えてもろくな事にはならんわけです。

それが世の中ってもんです。

だからとは言えアホな校則は変えりゃあいいだけのもんですし、教員もそれぐらいわかってはいるのです。

それでも変わらないのはなぜか?

単純です。

変える事を言い出して面倒を起こしたくないだけです。

それが大人ってもんですし、アホに見えるでしょうが、実際大人ってもんはアホなんです。

なぜかと言えば人間というものの本質はアホだからです。

展望2019.3.22

なぜ売れない? 日本にはクラウンと輸入車だけあればいいのか? 売れないけどすごくいいセダン 6選

相変わらずのトンチカンな記事は流石のベストカー。

それはともかくとして、昨今のトヨタ車に対しての強烈な違和感についてです。

ネット上ではデザインガーとかハシリガーとか相変わらずですが、どうでも良いレベルの話ですのでどうでも良いですね。

個人的に昨今のトヨタに対する違和感の正体は「トヨタが嫌いな層にだけ顔を向けて車造ってどうする?」というものです。

明らかにトヨタの車造り、というより日本市場もグローバル化させるというやり方ですが、その中であきらかになったのがトヨタ車のアンチトヨタ化です。

トヨタの中の人は社長をはじめとして皆が皆、自動車評論家大先生方をはじめとしたアンチトヨタな意見が気に入らない上に気になって夜も眠れないのでしょうか。

それぐらいトヨタ車の「らしさ」を否定することに全力を注いでいる印象しかありませんし、それが違和感につながっています。

レクサスは非ドイツ車的、非イギリス車的であるからこそ価値があったはずですが、自動車評論家先生方が大好きなドイツ車的な何かを目指した部分がレクサスの良さをかき消してしまっている印象です。

なぜ良さが消えるかと言えばドイツ車的な何か、言い換えれば「スポーティ風味」とでも言うべき何かというのがハッキリ言って邪魔だからです。

Dセグ以上のセダンなんてもんはどこまでいっても結果的に旦那車なわけです。

旦那車で峠やサーキットをカリカリ走るわけじゃありません。

それがしたい層には、特装車でも造って売ればいいわけです。

マークXのGRMNみたいに。

旦那車は旦那車であれば良いわけです。

お商売的には「スポーティ」風味がいるってだけです。

風味付だけにしとけばバランスがとれていたのでしょうが、ニュルがどうとか言いだすとやはりおかしくなりますね。

クラウンです。完全におかしな方向にぶっ飛んでしまった感じはあります。

クラウンが若い層に売れないから若向けに「スポーティ」にします、で結果的にニュルがどうとかになって、結果どうでしょうかね?

年配層は離れ、その下の層に売れまくったでしょうか?

500万円必要な車としてはかなり売れている、事実上日本車のDセグ以上のセダンで一番売れてはいますが、はたしてトヨタの狙い通りになったでしょうか?

結局はクラウンのファンに売れている、または法人需要がメインな事には変わりないのではないですか?

だったら最初からそのファン層に向けて造った方がいいのではないですか?

トヨタ車全体でもそうですね、トヨタが嫌いな人の方ばかり向いてもどうせ買わないんじゃないですか?

トヨタが好きな人の方を向いて車造った方が賢くないですかね?

トヨタがかつてのトヨタ的であった時代の方が、魅力的であったと思いますし、欲しいと思う人も増える気がします。

高速道路“最高速度120km/h時代”のクルマの選び方&走り方

これまたトンチカンなんですが、120キロ区間を年に何度走るのでしょうかね?

新東名は何度か走りましたが、110キロ走行のできる三車線区間はまだわずかで、しかもトラックが多くて下手に速度を上げると大変危険なわけです。

なので早く走りたいのであればエンジンや足回りよりブレーキ性能の方が重要です。

走行車線を80キロ以下で走るようなトラックを85キロぐらいで走るトラックが第二走行車線で追い越そうとして、それを90キロで走るトラックが追い越し車線で避けるので、120キロ区間だからと言って速度を上げて走ると急減速しないといけない場面が多いわけです。

なので一番重要なのがブレーキング性能並びにタイヤ性能になりますが、そりゃクラウンぐらいなら楽ちんかもしれませんが、そもそもそんな走り方をしないといけない時点でストレスフルになります(実際走ってみたらわかりますが、旧東名でゆっくり走ったほうがスムーズに感じるぐらい)

自動車評論家大先生というのはアウトバーン幻想みたいなのがありますが、高速道路の速度制限を取っ払っても、交通量が多ければスムーズに走れる速度は落ちます。

完全にトラックなどの追い越し車線の走行禁止なり、最低速度を制限するなりしないとスムーズに高速度では走れないのですが、それも現実的な話ではないわけです。

ドイツとて交通量が多い区間は制限速度があり、実質的に速度無制限で走れるわけじゃないわけです。

また散々今までに試しましたが、高速道路をいくら飛ばしても到着時刻なんてもんは大して変わらないわけです。

仮に飛ばしまくって制限速度で走るより30分早く目的地に着いたとしても、その30分なんてものの「価値」がどれぐらいのものか?リスクをとってまでする程重要な事なのか?ということです。

それより走行時のストレスを減らす、走行のリスクを減らす、その方が実は結果的に早く走ることができます。

事故や違反の確率を減らしたほうが合理的に早く走ることができるということです。