ニューバランス購入@U220

今月のオレ様給付金でニューバランスをば。

U220の旧モデルが安かったので仕入れた。

4500円也。

安い。

グレーだけどリードって色で、ちょっと濃いグレー。

U220は元は70年代に作られたランニングシューズだそうで、それのデザイン復刻版となるそうな。

アジア物なので前回のCM997と同じく、お安い。

お値打ち。

名古屋人なのでお値打ちに弱いがね、なのですよ。

何度でも書きたいのだけど、個人的にニューバランスに関して、いや、靴全般に関して悟りを開いたブッダ状態なので、メイドインどこであろうとデザインが気に入ったらそれでいいのだ状態なのです。

ていうか高価格メイドインUSなりUKなニューバランスは散々堪能して、そして加水分解したので、もういいのですよ。

そこでアディダスやナイキに行かないのは、別にこれと言って理由もないが、欲しいモデルがもう無いとか、それぐらいです。

パトリックが欲しい時期もあったり、モーブスとかあのあたりのお値打ちさで履いていた時期もあるけど、結局はニューバランスを履いてしまう事に576を愛用していた時に気付かされたのです。

数時間で17キロぐらい歩く行事が一年に一度あるのですが、その時は必ずニューバランスなんですよ。

それ以外考えないです。

ここ最近はお値打ちな574ばかりでしたが、CM997 でまた別のお値打ち魂に火がついた模様でして、今度はU220です。

履いてみると、安い割にしっかりとしたニューバランス感があります。

ソールも見た目よりしっかりした印象。

走りやすいですね。

CM997の方が意外と好みな履き心地なんですが、これはこれで素晴らしいです。

細身なので、引き締まったアスリート感のある履き心地です。

この価格でこの履き心地なら良いでしょう。

文句ございません。

CM997よりさらにワンサイズ大きめにしても良いような印象ですね。

それにしてもデザインのクラシカルさが良いですねぇ。

履くだけじゃなくて観ていて楽しいモデルですね。

で、来月も買います。

ここ数年ずっと実用的な革靴とか、サンダルとか、スリッポンとか、なんかつまらん感じの必要な靴ばかりを仕入れていた反動が来ました。

やっぱしニューバランスや、と。

夏場もおじさん化してサンダルかビーサンでしたからね。

ちょっと反省して、今年はニューバランスです。

ビーサンはビーサンで好きなんですが、蚊に刺されやすいのと汚れが気になるお年頃で、やっぱニューバランスだろと。

来月は何にするかまだ決めておりません。

しばらくの楽しみです。

ニューバランス購入@CM997H

自粛中なのでとりあえずスニーカー買ってみた。

ニューバランスのCM997Hである。

997と言ってもM997のアメリカ物と違ってインドネシア生産のCM997Hである。

なのでお安い。

高校時代に手に入れた990に始まった我がニューバランス人生で997は初めてなのである。

990以後、996、574、576という定番を行ったり来たりでしたが、997はご縁が無かったですね。

1000番台もご縁が無かったです。

何度買おうかと思ったかはわかりませんが、やはりニューバランスって996、576のUS、UKあたりに行っちゃいますよね。

最近はそれなりのお値段なのがニューバランスなわけですから、どうしても定番に行きたくなるし、そこにハイテク感があると冒険になるんですよね。

最初に手に入れた990はちょっと別格で、一生これ一足でいいやってぐらい素晴らしかったのですが、ネット通販もない時代では欲しくても手に入らなかったんです。

それにやはりお高い。

高校生がコレクション目的で買うには結構なお値段でした。

996はUK物が好きでしたが、あの頃は安かったんですよ。

12000円ぐらいで手に入れてました。

いい時代でしたね。

フォルムがなんともたまらないのが576でしたが、997はかなりスマートです。

996よりスマートですね。

スマートな感じがたまりませんね。

576、574あたりのマルチーズやポメラニアンのような愛くるしさもたまりませんが、997のスマートさはマンチェスター・テリアの如きスマート感ですね。

シュッとしてはる、という感じです。

当方の日本人的な足には、少々似合わない気もしますが、そこはニューバランス。

履いていくと問題無しお君なわけです。

ネット上でやたらニューバランスのサイズ感ってアレコレ言われていますが、4EだろうがDだろうが、大事な事は履いて合っていく感じです。

25.5を買うとかなりきつめのピッタリ、26でジャスト感、な自分はニューバランスは26.5でちょうど良しな感じです。

これは高校時代から変わってないですね。

27を買うと最初は気持ちが良くても、後から駄目になる。

でもこのスマートさが少し心配でした。

でも26.5で大丈夫でした。

あまり余計な事を考えない方が良いですね。

ハイテク感が少しだけある、この微妙かつ絶妙なデザインはたまりませんね。

996、576あたりが少し完成されすぎてアイコン的になっていますので、これぐらいの絶妙な感じが良いのです。

990だと難しさが出てくると思いますが、997は簡単な絶妙さです。

車で言えばベンツの初代SLKみたいな感じでしょうか。

本格派のウケが良いわけでも、熱狂的な支持があるというわけでもないのですが、絶妙なラインを突いてくる欲しい人にはちょうど良い感じです。

高校時代からニューバランスばかり履いていると、これぐらいが今はちょうど良いラインなんです。

逆にウォーキングモデルとか、そういうのもアリかなぐらいですが、冒険する前にとりあえず気になっていた997です。

ネット上では履き心地がよろしくないという情報もありましたが、オリジナル997よりかなり軽いので、軽快感がありますね。

手持ちの574と比べても軽いです。

ソールの出来もインナーの出来も悪くないですよ。

ていうか高級ラインのニューバランスのソールが化け物感があるだけです。

実売6000円というお値段でこの履き心地はさすがニューバランス、さすが997ですよ。

履いていると何だか足が長くなった錯覚さえありますね。

これはお買い得でした。

SX4 S-Cross  はじめての高速道路

SX4 S-Crossではじめての高速道路走行。

これまた良い、という感想。

加速は良くないとも言われるが、実際は時速80キロぐらいまでの加速に問題も不都合も無いのだ。

ただし、時速80キロから100キロまでの加速が悪い。

ギア比やセッティングなんだろう。

一度速度に乗ってしまえば問題無し。

不満点という程ではないが、絶対的なパワーは無いわけで、それが不満点になる人もいるだろう。

その場合はエスクードの方が良いが、個人的にはS-Crossは不思議とこれで良いと思ってしまうのだ。

本当に馬力なんて飾りというのか本質ではないんだなと思わされるぐらい乗り味が良いんですよ、S-Crossは。

ソリオは軽いので加速感がそこまで悪いわけでも、加速しないわけでもなかった。

代車で乗ったスイフトは軽さを活かした加速感で気持ちが良かった。

でも乗り味はS-Crossの方が断然良いんですよ、これが。

だから不満が出ない、乗っていてイライラもしない。

高速道路でも気持ちが良い走りで、何というのか悪いところが感じられない。

細かく言えばあるのだろうし、比較すればあるのだろうが、乗っていてそれを感じさせないのがとても良いのですな。

充足感がある、というのがS-Crossの走りですよ。

ACCも試した。

ステアリングスイッチの操作に慣れがいるけど、アイサイトと似ているので簡単と言えば簡単。

先代フォレスターのアイサイトと同じような感じ。

必要十分ぐらい。

時速130キロまで設定できるのはエライ。

ただS-Crossは自分で操作した方が楽しい。

これは実に不思議なんだが、時速80キロぐらいでも楽しい。

新車効果じゃなくて、本当に運転が楽しい。

乗り味というのは大事なんもですよ。

直進安定性も気持ちの良いレベルで、カーブに不安感なんて全く無いし、目線も絶妙で、静粛性や振動もこれまた絶妙に不快にならないように抑えられている。

何よりシートも良い。

だからトータルで乗り味が良いんだろうなぁ。

高速道路でももちろん疲れる事なく、あと二時間ぐらい走っていても気持ち良いだろうな、ぐらいの感覚。

まだサスペンションに固さを感じるのは距離を走っていないからだろう。

2万キロぐらい走れば、また絶妙な感じで程よくなるだろうね。

SX4 S-Cross 購入記

ソリオ君が事故により大破・廃車となってしまった。

保険の新価特約によって、ソリオ君のリースの精算とSX4S-Crossの頭金が出たのであった。

マジで保険の特約は大事。

そしてついに納車されたSX4S-Cross。

長いのでS-Crossとするが、なぜS-Crossにしたのか?

またS-Crossの良い点なども含めての理由としては・・・

①スズキ車の中ではラゲッジスペースが大きい

S-Crossより大きいスズキ車はランディしかなく、ランディは売る気のない装備内容のセレナという感じであるので除外した(スズキ以外でも良かったのかもしれないが、いろいろ面倒でry)

エスクードも素晴らしいのだが、ラゲッジスペースや後部座席はS-Crossの方が余裕がある(ホイールベースが違うのだ)

ヨーロッパ車的なのか、横幅の余裕感は無いが、奥行きのある作りで良い。

カバーを開けるとアンダーラゲッジがある(カバーは取れる)

70センチの傘も楽々収納可能。

後部座席はソリオ君に比べたら狭いが、実用上問題が無いであろうゆとり感。

贅沢を言えばあと拳一つ分ぐらい広いと良いんだが。

あと10センチほど全長を伸ばして、室内長を伸ばしてくれたら言うこと無しなんですよね。

そう考えるとエアウェイブって凄い空間設計でしたね。

めちゃくちゃ広々感あったもの。

ソリオも凄いね。

②取り回しがしやすいサイズ感

ボディサイズは・・・全長4300×全幅1785×全高1595mmということで、だいたいヴィゼルだとかRVRだとかゴルフだとかカローラスポーツあたりと同じぐらいである。

つまりCセグメントのど真ん中なサイズ感で、つまり運転しやすい。

フォレスターより小さくレヴォーグと同じぐらいの幅なんだが、S-Crossは運転していて横幅が大きくは感じない。

これは不思議な感覚。

フォレスターは結構幅を気にして運転していたけど、S-Crossは気にならない。

たぶん目線や視界などの差なのかな。

見た目は大きく感じるけど、ゴルフサイズなので実用上は問題ないサイズ感です。

コインパーキングに停めてもさほどストレスになる場面も無し。

③走りが良いと評判?とにかく疲れない車

ほとんど見向きされないS-Cross君ですが、以前に絶賛記事を読んだことがあるのですよ。

スズキSX4 Sクロス(FF/6AT)胸を張ってオススメできる

この記事を書いた森慶太氏って昔に本も買ったことがある。

乗ってみてわかった事としては、この記事に書いてある事は嘘偽りもなく、真っ当だなと。

自動車評論家先生の言うことは事実の一つであって、それが真実でも確信でもないってのが当方の経験則ですが、このS-Crossの記事に関してはこの通りだなと。

走らせると、実に良い。

これでこの値段で出せるの?って不思議。

コスパ凄い(FF車は特に)

ヴェゼルも値段的にはそう変わらないんですが、装備内容などが違いますからね。

スペック的にはヴェゼルの方が良いですし、同じスズキだとターボのエスクードの方がスペックが良いんですが、スペックだけじゃわからないんだな、これ。

走らせて納得の良さ。

ネットでのレビューを漁ってみると、だいたいスペックから予想されるパワー不足&燃費悪いみたいな評価が多いですが、如何に世の中スペックだけで判断しているのかってよくわかりました。

まず軽い(FFで1150kg、4WDで1220kg)なのでパワーウエイトレシオ的には同じぐらいの車種はいくらでもありますよ(トルクの差は別として)

走らせて極端に遅いわけでも無いのですよ。

初期のCVTだとどうなのかは乗ったこと無いので不明だが、現行の6ATとこのエンジンの組み合わせはけっこう良い。

踏めない人というのか、踏み方がわからない人が低評価をつけているんでしょう。

とは言え、エスクードのターボと比べると絶対的なパワーは無いのは事実。

だけど、走りが悪いわけでも遅いというわけでもないです。

4WDモデルだとオールグリップという4つのドライブモードを選択できるのですが・・・

走りに不満があるなら、これのスポーツモードを選ぶと実に快適。

同じ車とは思えない。

むしろスポーツモードが標準でも良いんじゃないかってぐらい良い。

まだこれの4WD性能は試す機会がないのですが、いずれどこかで試したいですね。

FFと4WDでどちらがどうってのは正直不明。

個人的には4WDにして良かったなとは思います(燃費は伸びませんが)

走らせて気持ちが良いのはコーナリングで、交差点曲がるだけでも気持ちが良いのですよ。

スイフトRSとはベクトルが違うのだけど、軽快です。

直進はガッチリしていて、コーナリングは軽快。

実に理想的だね。

それでいて本当に疲れないんですよ、これ。

一日に何時間も仕事で走りますが、疲れない。

シートも実に良いシート。

スポーツシートとかではなくて、見た目「普通」なんですが、座るとわかります。

腰とお尻が楽。

こういう感じだと楽だろうな、という感じで作られているシート。

目線も高すぎず、低すぎず、絶妙。

総合的に疲れない車に仕上がっているんでしょうな。

これだけ疲れない車は初めて、ほんとに。

うちにあるレヴォーグSTIより疲れないですもの。

今までに乗った事のある評論家先生のべた褒めしていた某ドイツ車などよりも疲れないですもの。

この走りの良さ、疲れないところだけでS-Crossにする価値はあります。

④装備は現代の車としては最低限全て有る

現行のS-CrossはレーダーブレーキサポートⅡ、ACC、サイドエアバッグ等が搭載されたので、これで現代の車としては最低限の安全装備となりますな。

個人的には十分。

欲を言えばアイサイト・ツーリングアシストの最新型ぐらいは欲しいですが、それが欲しければスバルを買えばいいだけですよ。

S-CrossのACCはアイサイトのver.2ぐらいの感じかなと(ソリオ君のMC後のやつは完全にそうでした)

スペックにこだわる人はS-CrossのレーダーブレーキサポートⅡでは駄目ダ-となってますが、基本的にブレーキサポートというのはあくまでサポートなので、他社の最新型でどれだけ高性能を謳っていても、止まれない時は止まれません。

これは本当にわかっていない人が多いんですが、サポート以上の性能があるようなブレーキサポートシステムは、基本的に危険ですし使いにくい。

あくまで運転者がやる事であって、そのサポートまでの性能しか無いんだと思っておかないと危険ですよ、マジで。

⑤地味だけど内装の地味さが地味に良い

地味なんだよな、でもそれが良い。

これが良いのだ。

派手さは一切ないけど、これで良いのですよ内装って。

プラスチックがどうのこうのとか、文句あるなら往年のジャガーXJでも買ったら良いんですよ、マジで。

実用車はかくあるべし、という質実剛健感がS-Crossにはありますね。

ただドリンクホルダーは致命的に使いにくいと思われる。

深さも広さもないのである。

あとドアのサイドポケットも激狭。

地図とか入らない。

いろいろ書きましたが、まだ書ききれないですねS-Crossに関しては。

とにかく走りの良さ、これですよS-Crossの良さは。

それもわかりやすいスペック的な走りではなくて、毎日走らせてわかる味の良さ。

乗り味はとにかく良い。

この乗り味の良さは癖になるし、乗り飽きない。