Photo2019.10.17

皆さん気をつけましょう。

他人様の不安を煽る連中の思惑には。

ご用心ですよ。

当たり前の事をやる、普通の事を守る、それだけ充分なんです。

やれイノベーションだの生産性だの、そんな言葉に騙されちゃいけませんよ。

Photo2019.10.1

人間というものは、とどのつまりくうねるあそぶに集約されるわけです。

元来それだけ考えて生きてりゃいいんです。

それなのに余計な事を考えないといけないと思い込まされているわけです。

スイフトRS@代車

スイフトRSが代車であった。

ソリオ君が車検という事で、しばらくスイフトRSに乗る。

マイルドハイブリッドでもターボでもない素のRSである。

これが実に良い。

代車だから仕方ないのだが、あまりに室内が汚かったので思わず掃除した。

まずシートが良い。

ソリオ君とは段違いだ(値段はスイフトの方が安いのに)

スズキぽいシートで、ソリオ君と感触は似ているけれど、ホールド感があり疲れないのがすぐにわかる。

メーターまわりもソリオ君よりカッコよい。

ソリオ君はセンターメーターなので比較はできないが、そりゃあスイフトはカッコいい

ナビもスズキ純正の全方位カメラ搭載のモデル。

かなり掃除したので、かなりキレイになった。

パドルシフト付きのCVTなので、MC後のソリオ君と同じCVTなのだろうか。

かなり出来が良い。

加速感も良いし、とても1200CCとは思えない。

街中では不満が出ないレベル。

坂道でも大丈夫。

ソリオ君とは大違いだ。

ソリオ君もMC後のモデルはCVTの制御が改善されていたので、すごくモヤモヤ。

足回りも良い感触。

フラット感というよりリニア感がある。

ソリオ君だとゴツゴツして揺れる感じだが、スイフトは抑え込まれている感じ。

だから走らせて楽しい。

二代目スイフトもかなり出来が良かったが、走らせた感じはかなり違う。

ドライブしたら楽しいだろうなぁ、という印象。

トランクスペースも深く、欧州風味なのかもしれないが使い勝手はどうなのか。

ファミリー用途にするには少し容量不足か。

後部座席はけっこう快適だが、フィットのような広々感は無い。

現行デミオ(マツダ2)より室内空間は快適な感じはある。

これぐらいがちょうど良い、という感じ。

ターボはまた違うんだろうね。

仕事用に良いかな、とも思うけど、乗り降りのしやすさで言えばソリオ君の方が都合が良いし、クロスビーも良い。

それにしてもスズキはやはり恐るべしで、特にスイフトは良いね。

スイフトスポーツが生産追いつかないってのも解る。

やっぱし次もスズキかね?

ソリオのロングホイール版でも作ってくれたらありがたいのだが。

全長4300mmぐらいに伸ばしてラゲッジ容量増やしてくれるだけで無敵ですよソリオ君は。

以下追記

勘違いしていたが、ACCだと思ってたスイッチは違うものだった

面白いのがアイドリングストップがついていない。

だから凄く快適。

アイドリングストップが無いだけでこんなに快適なのかって不思議なぐらい、良い。

出力的にはホットハッチとは言えないのだろうけど、ガッチリした足回りとアクセルレスポンスが良いので楽しく走ることができる。

カップホルダーが小さいので、500mmの紙パックは無理だろう。

愛用のサーモスの水筒が入らない。

エアコンの効きがソリオより良い。

ソリオで悩まされる坂道での減速感が無いのが快適。

ソリオと同じエンジンで、同じようなCVTのはずなのに、こんなに早くて快適なのか、と。

展望2019.8.7

Amazonが140万円のレンズを1万円で誤販売 実際に配送され驚きの声

これ、日本でもやってくれませんかね?

それはともかく定期的にSONYに戻りたい病は出ますね。

α7使いたい病も。

【衝撃の25Lも!! 意外に長距離走れない!?】 燃料タンクが小さい車 ワースト10

昔に乗っていたコロナプレミオの良かった点はタンクが60Lあったことでした。

燃費は2000ccのD4エンジンでリッター10キロ以上走りました。

長距離だと15キロぐらい走りましたので、航続距離が900キロぐらいいけたのです。

高燃費なのでタンク容量を減らすという点に関しては本当に見当違いも甚だしい事です。

その点に関しては「車を知らない」人が開発しているんじゃないかと思っています。

航続距離は使い勝手に差がでます。

もちろん航続距離が長い方が使いやすいです。

「ホワイト国」除外 それでも韓国に沿う論陣張る新聞という病

司馬遼太郎作品で『坂の上の雲』というものがあります。

とても象徴的なタイトルですが、実に含蓄深い意味合いですね。

日本人が明治の御一新より抱えこんできた「誤解」の一つが『坂の上の雲』だと思います。

頑張れば、報われる。

努力すれば、目標を達成できる。

困難があっても、乗り越えられる。

つまり坂の上の雲を目指して一生懸命に登る、そうすればいつか必ず報われるんだという固定化された認知です。

現実はそうでもなかったわけです。

努力して近代国家として急成長して戦争に勝ち領土も広がりましたが、それで皆が皆が「幸福」になれたわけではありません。

「国家」自体もそうです。

登れば登るほど、次から次へと新たな課題が降って湧いて出てくるわけです。

考えてみれば、当たり前です。

「これだけ頑張ったから良い結果が出せた」としても、その結果は新たな状況を生み出します。

大団円で終わるのは物語だけです。

しかし一度その固定化された認知というものは中々消え去りません。

新たな課題や困難が生まれる度に、また頑張ろうとしてしまうのです。

頑張ればいつかは必ず報われるんだと信じ切っているからです。

信じるというより刷り込まれていると言うのでしょうか。

これは全ての関係性に当てはめても同じ事が言えることでしょう。

それが国家間の事でもそうでしょう。

努力しても困難に立ち向かっても、駄目なもんは駄目なわけです。