展望2020.2.1

20年前のインターネットには未知との遭遇的なワクワク感があったよな

テキストサイト時代が一番好きだな。

今でもそうですけどね。

当方もそうでしたが、サービス終了によって消えてしまう問題がありますよ。

全部魚拓ってわけにもいかんのが辛いですね。

採算厨、黒字厨という絶望的な連中 創造的事業を作れない

これね。

一つ絶望的なのが、アンケートなり多数決なりで物事を判断するとなると必ずこの手の意見って数が多くなるんですよ。

例えばジョブズガー先進技術ガー経営ガーと喚くような自称頭の良い連中だって結局は「無駄」というものが理解できていないわけです。

無駄というものが本当に無駄なのか?

合理性が本当に合理性があるのか?

そんなもんはわからんのですよ、本質的には。

観念化に支配された自称頭の良いバカって害悪そのものなんですよ。

かつての道路公団叩きなんか思い出すと酷いもんでしたね。

新東名・新名神は前線3車線で高速化すべきでしたよ。

ケチったつけがどこに来るかって言うと、三車線化しないと自動運転やるにしても非効率的になったりするんですよね。

あの道路公団叩きなんて観念で叩いてるだけでしたからね。

僕はあの頃は140キロ道路が出来たら飛ばす気満々でいましたので、楽しみにしていたんですが、結局無理そうなのでアホらしくなりました。

まぁ高速は飛ばすより一定速度で疲れない走りをする方が合理的という結論に至ったので、140キロにはこだわりませんが、三車線化は絶対必要だったのですよ。

もっと言えば日本列島を一本の片側3車線(できれば4車線)の高速道路でぶち抜いてしまえば良いんです。

NEXCOなんて今すぐ廃止して、元の道路公団に戻して、バンバン国債でも何でも発行して血税つぎ込めば良いんですよ。

新東名や新名神とは別に一大プロジェクトで有無を言わさない形でやってしまえば良いんです。

それぐらいの事をやれば景気なんて自然と良くなります。

リニアもさっさと有無を言わさないで作れば良いんですよ。

リニアが無駄って言っている奴はバカのリトマス試験紙に反応していると思いなさい。

スクラップ・アンド・ビルドまたはビルド・アンド・ビルドです。

それやらなきゃ資本主義なんて回るわけないでしょう。

水野忠邦の天保の改革の失敗を学べば、如何に無駄ガーというものが害悪かわかりますよ。

工事止まり、トンネルは“廃虚”に 放置された名古屋の市道の今後は

相生山のあのトンネルの件。

如何に声のでかいバカの意見を聞くことが害悪かってよくわかりますね。

これの究極系がグレタ某です。

中国テンセント 新型コロナウィルス15万人 死亡24000人と表示し大騒ぎ 中国政府発表よりも90倍多い

実数が謎というのがね。

最近の若者「GHQに日本語廃止にされた方が良かった」

この手の事を言う人間の考えている英語が出来るってものは読み書きが出来るってレベルなんでしょうが、じゃあイギリスに住むあるおっちゃんが思い立ってアメリカに渡って仕事があって働けるかというと英語が出来る出来ないとは別問題になるわけでしょう。

実際こういう事を考えている若モンがいるのかどうかも知りませんが、いたら真性のobakasanなんだなぐらいですね。

当たり前ですけど、スマホで全てやろうとするのは電池切れたら即終了という脆弱すぎる道具に頼るって事ですからね。

それが先進的なのかどうかもう一度考えた方が合理的ですよ実際。

AIスピーカーは要らないけど

AIスピーカー全般もそうです。

あんなもんが本当に先進的で素晴らしいものかどうか、それを判断できる知性を人間は身につけた上でスマホなりネットなりを使うべきなんですよ。

無印良品「助けて!お前らがお洒落でエコな無印良品を買わないから売上がガタ落ちなの。なんでお前らウチの製品買わないの!?」

もっとネット通販での商品発送を早くしないと駄目だと思うよ。

何日かかっとんねん、海の向こうから発送しとるんか?っていうぐらい遅いからなぁ。

店舗買いに行っても欲しいものだけ無いとか多いしね。

展望2020.2.1

なんだがんだで人類ってどんどん発展してるんやな25年前の生活 : なんJ歴史部@2ch歴史まとめブログ

15年ぐらい前と今と比べると、さほど変わってない部分が多いよな。

ネットが普及してネット文化が育った時代がそれぐらい。

今から思えば10年ぐらい前が一番楽しかった気がする。

25年前って言うと今とはかなり違うけど、中学の頃だったので、まだ子供だったからなぁ。

あの頃はプレステとゲーセンが楽しかったな。

うちはスーファミしかなかったから、友達の家でプレステやるのが楽しみだった。

漫画も楽しかった。

テレビもまだ楽しかったが、小学生の頃の方がテレビは面白かった。

駄菓子屋は卒業して、コンビニで買い食いするのも楽しかった。

ボウリングとかも楽しかったわ。

ネットは家に無かったけど、それで不自由も無かった。

98年以降、99年あたりから今の意味でのネットが発達し始めるわけで、あの当時はパソコンは業務用かゲームかのイメージだったね。

パソコン自体は持っている友人は持っていたし、小学校とかでも触っていたんだよな。

ゲームするか画像作るぐらいしかやらなかったけど。

マウスの操作やウインドウズの概念ぐらいは理解した状態だったな。

大学入ったらPCが必須になったので無理して手に入れて、ネットもなんとかつなげた。

ISDNが繋げれたので助かったが、家族は本当に無理解で、アホボンの無駄使いと思われていたわ。

昔の子供はやってたのに今の子供はやらなくなった遊び

プラモとかエアガンとか完全に大人の趣味になったな。

子供向けってのはもう無いね。

小学生の頃はプラモにハマったりした。

置き場所にこまるので止めたけど。

小学生の頃はまだゆるい昭和の名残で、子供が多少悪さしても多めには見られていた。

ビルの隙間や境目のコンクリブロックをつたって遊んでたな。

都会っ子なので自然の中で遊ぶという事は滅多になかったが、駄菓子屋とか児童館とか公園とか、外で遊べば誰かいたね。

ソニーのカッコいいPV上げていく

カッコいいけどカメラレンズ高すぎ問題がある。

最初のDSLRはSONYだった、ていうか中身コニミノのα100で、あれは良かったな。

安いのにファインダーがKissやD50あたりより断然見やすくて、画質も良かったよ。

高感度はちょっとあれだったけど、歩留まりが良くて使いやすかった。

迂余曲折を経てα55を使った時は、あれは駄目だったな。

歩留まりが悪すぎだった。

ハマるときはハマるんだがね。

RX100は久々のSONYだったが、あれもハマるときとそうでない時の差があった。

パナソニックの方がMFTでもコンパクトでも安定してるんだよなぁ。

それにしても定期的にSONYに戻りたい願望は出てくる。

スマホはXPERIAがある間はXPERIAしか使わないだろうし。

でもカメラは難しい。

パナソニックというのか一部レンズが自分に相性が良すぎるので、簡単にSONYってわけにもいかんのよ。

αのEマウントはレンズが欲しいものが何もない。

【第48号】「ここではないどこかの時代」は、終わったのか?

現実と向き合ってここで何とかするしかない、というのがこれからの世の中ですよ。

トランプ以降のアメリカも、ブレグジット以降の英国も、そうでしょう。

もう旅(=理想主義的願望)は終わったわけです。

厳密にはベルリンの壁崩壊、ソビエト崩壊、中国の改革開放経済、どれもこれもそうでしょう。

西側諸国だアジアだ何だと関係なく、旅が終わって現実の中でもがくしかないわけですね。

経済成長に夢を観ている人がたくさんいますが、その夢も醒めるでしょう。

ネットインフラが完全に普及するということは、どういうことか?

もう隠し事が出来ないわけです。

旅をすれば幸せが見つかるよね、っていう「嘘」がバレたわけですよ。

理想郷も桃源郷も無いわけですよ。

シャネルの五番をバケツいっぱいぶっかけたところでクソはクソ、という図式からは逃れられないわけです。

それが諸法実相というもんでしょう。

股裂きのニコン、破れかぶれのキヤノン:一眼レフ・ツートップの終わりの始まりか?

センサーと画像処理技術が物を言う時代なわけですが、そこでツートップが何をやるべきかということだったんですよ。

超絶個人的意見としては、便利さや快適さはDSLRに求めていないんです。

譲り受けし6Dに白いLレンズで振り回すと、だいたいMFTの数倍以上の重さと大きさに感じるわけですが、それに便利さや快適さはないんですよ。

僕レベルのド素人おじさんはもう確実にMFTの快適に便利に使えちゃうわけです。

重さは不正義なんですよ、おじさんには。

だけど、DSLRじゃないと嫌だな、やっぱこれだなっていう感触が欲しいですよね。

もう凄いのはわかってるんですよ。

ニコンのDfじゃないですが、とりあえずカッコよさが大事なんじゃないですかね?

展望2020.1.29

【修羅場】俺「輸入車(1,000万)を買ったんゴ♬」嫁「フジコォオおおーー!実家に帰る!」→結果、大変な事態に!

嫁実家の義母には「それぐらいいいだろう」と許されていると言っているけど、その内心を考えない時点でちょっとヤバい人なんだろうな。

新型コロナ、渡航歴なしの日本人が発症!!! 奈良と東京がヤバい事になってるんだが・・・ 雑魚ウイルスとか言ってたの誰だよ・・・

雑魚ウイルスと言っていたのは過去データ的にそうだろうという事で、そのデータが「正しい」のかどうかがその時点でわからんかったんやで。

そして変異をしているので毒性や感染力等も推察でしかないぞ。

ただこれで日本でデータの解析が進むだろ。

アメリカでもヨーロッパでも感染者が出たので、今頃急ピッチで解析やってるんでしょう。

ただこれから4月頃までは状況は厳しいと思うね。

トップバリュ社長「これは美味すぎじゃないか?」トップバリュ商品開発部「やっぱりそうですか…」

53.気になる名無しさん2020年01月20日 12:09  ▽このコメントに返信

黄…安さだけを追求した馬鹿舌向けブランド。クセになる味が多いので若者や呑兵衛には愛される。
緑…値段はやや安めのオーガニック志向ブランド。肉類は味が落ちるが、野菜類は悪くない。
紫…話題になってるものを作ってみました系。アタリハズレがあるが試す価値はある。冷凍は強い。
黒…高級志向。イオンなのに高い。OEM品もある。98%ぐらいはあたり。残りの2%は期待値もあってゲロまず。

黄色のベストプライスは地雷というのは頷ける。

基本的に黄色はダメ元で買うもんでしょ。

バーリアルは今はキリンが作ってるから良いらしいな。

甲類焼酎は正直「純」「レジェンド」「キンミヤ」あたりが高級品でやはり違いはわかるが、それ以外の安い奴はトップバリュとそう変わらない気もする。

ウイスキーが地雷なのはもう定説で、あれは確信犯だからどうでも良い。

素直にブラックニッカ買えばいいだろ。

ブラックニッカより安いのはもう確信犯だろ、基本。

安いワインは料理酒として使える。

妙に甘くて風味は良くないが、料理酒としては値段の安さが助かる。

黄色の豚汁の具は超有能。

これ買っとけばありとあらゆる場面で役に立つ。

おでんはそのまま食べたらさほど旨くないが、これベースにおでんが作れるし、だしと具材を加えれば十分いける。

ラーメンスナックはけっこう旨い。

気がついたら黄色のパスタを使ってるのだが、まぁ、あれだね、料理人の腕が良いからいけてしまうw

だが、味はやっぱり余所の方が良いだろ。

ピーナッツが入ってるのがうれしい。

いわゆるトップバリュとは紫で、この紫が意外と奥深くて、当たり外れがあるんだが、当たりの方が近年は多い気がする。

ポッカレモンみたいなレモンは割と良いと思う。

グリーンアイの緑はエキスラバージンのオリーブオイルが良い。

あれは旨いね。

パンに合う。

ブラックはセレクトで、これの焼肉のタレは旨かった。

だが普通に高い気がする。

「お金に働いてもらう」という間違った考え 金持ち父さんは居ない

自称頭の良いobakasanが勘違いしているのは、ルールであるとか統計というものは最終的に信仰にすぎないという事なんです。

ですので投資に正解も最適解も実は無くて、あるのは不確実な未来でしかないわけです。

人生そのものが不確実性と相縁性によって成り立っているわけで、畢竟それが恐怖となり欲望そのものを生み出す消費行動の原点となるわけです。

今起きているコロナウイルス騒動で考えたらわかりやすいですね。

統計的には交通事故で死ぬ確率の方が高くても、人間は自分が交通事故で死ぬとは思わないわけです。

それより確率的に低くてもコロナウイルスにかかって何か恐ろしい事が起こると想像してしまうわけです。

これは脳みそが大きいからですね。

脳みそが大きいから想像する余裕があるわけです。

これを無明と言う状態なわけです。

じゃあコロナウイルスの事は無視して交通安全に努めましょう、と思うのもまた無明であり無知なわけです。

だってそのどちらにも関係なく生きられるかもしれないですし、隕石が頭にぶつかって死ぬかもわからないわけですから。

じゃあ諦めましょう、というのもまた無明なり無知なりがそうさせるわけです。

じゃあどうしたら良いんだ?答えが欲しい、というその状態が人間の無明というものであり、それを観察的に把握していく事が仏教ってわけです(コントロールできるとは言っていない)

【悲報】アメリカ、自殺率が爆増しまくってそろそろ日本を抜きそう

自分で頭が良いと誤解してしまうobakasanを駄目な方向へ突き動かすのが統計というもので、この中でも散々指摘されている変死も自殺に含む統計データでは日本人の自殺者数が年間3万人となったとして、そのデータを観たら、それ自殺者3万人だ大変だ恐ろしいと脳が処理限界を迎えてしまうわけですね。

経済好調子で先進国で進んでるはずのアメリカ様でなぜ自殺が増えているんでしょうかね?

頭の良い人たちは経済発展して先進国的で科学が発展すれば人は幸せになれるハッピーだと言っているわけですが、実態はそうじゃないからでしょう。

そんなものは当たり前なんですよ、だって経済が発展するという事がどういった状態なのかわかってない人は経済発展=みんなお金持ちになれる=幸せという短絡的な思考回路でしか考えていないわけですから。

富がなぜ発生するのかを考えたら簡単にわかるわけです。

田んぼを去年より倍の広さ耕して倍の苗を植えて収穫まですれば収穫量が倍になるとします。

そして去年より収穫量が倍になったので富が倍になるかと言えば、みんなが同じ事をやれば米の価格が半値になってしまって、結局得られる富は去年と同じになってしまいます。

だけど苗を売る人は倍の苗が売れたので、富が倍になりました。

つまり貧富の差が発生するわけです。

そして苗を売る人は倍になり余剰となっている富を投資していくわけです。

そうなると苗を買い米を作る人より苗を売る人の方が投資をして労働生産を上回るスピードで富を蓄える事が出来るようになって、さらに貧富の差が開くわけですね。

この流れの間に全体としての富は増え続けているわけですから、GDPが上昇し経済成長しているとなるわけです。

じゃあこの流れの中で誰が幸せになったのでしょうか?

まぁそんなもんは人それぞれなんですが、現代社会における常識的に考えれば苗を売る人だけが幸せになったと言えますね。

つまりアメリカとはそうであり、言ってしまえば世界とはそうやって時間が進んでいっているわけです。

なのでおフランスで暴れる人が出たりするのは至極当然であり、どこぞの国では経済発展すれば幸せになれると信仰している人が幸せになれないのは経済発展できないからだ政府ガーと言って思考停止しているわけです。

これは技術の発展でも制度の発展でも同じようなもんなわけですよ。

展望2020.1.25

【画像】海鮮丼とかいう無能丼www

小倉駅にある鉄鍋餃子の海鮮丼は旨かった。

海鮮丼でふと思い出した事がある。

子供の頃に親戚が集まると寿司でも取ろうかって日が年に一度か二度ぐらいあった。

まさか特上が食いたいなどとは言えないが、かと言って並ってのもつまらんなと思い、品書きを見ていて思いついたのが鉄火丼だった。

並の握りとそう変わらない値段だったのだ。

しかも食べてみると、これが不思議と旨い。

いつも頼む寿司屋の握りは昔ながらの大きいシャリに代わり映えしないネタしかないものだったのだが、鉄火丼はやたら旨く、そして美しく感じた。

握らない方が旨い、そういう寿司屋もあるもんだ。

それに茶碗蒸しもその日は頼めたので、食べざかりの身にはありがたかった。

パナソニックが「LUMIX GX10(GX7 MarkIV?)」を、2020年初頭に発表する!?

ふと年始に思いついたのが、RX10とGRⅢが揃えられないかな、と。

うん、ちょっと金額面で無理かな。

小銭貯金も言うほど貯まっているわけでもなく、少し不安。

うーむ。

ライフスタイルというのかカメラスタイルがだいぶ変わり、MFTである必要性が無くなってきた感があるのだ。

MFTは素晴らしいと思うのだが、今そしてこれから必要なのがMFTかどうかと。

そこで思いついたのがRX10で、M4ならばもはや他に何もいらないのではないかというぐらいのスペック・・・ただ重いデカイ。

それプラスでGRはどうだ。

やはり自分にとってはGRは特別だ。

うーん。

最近は何かとGM1なんですよね。

GM1は凄い。これを作ったパナソニックは凄いと思う。

これに抜群の切れ味のズミルクス15mmを組み合わせておけば、これで良いやってなる。

このズミルクス15mmと25mmは手放せない。

極端な事を言えば、MFTはこの二本のレンズがあれば成立してしまうかもしれない。

うーむ。

GX7が自分と合っていないのか、個体的に良くなかったのか、性能面なのかわからんが、GM1の方がキレがあるんだよな。

どうもパナソニックのMFT機って、表面的なスペックとかだけじゃなく、何か微妙に機体差と個体差があるんだよね。

オリンパス機を使おう、OM-D・EM-5のMk2かな、とも考えていたんだけど、ちょっとまだ思いきれない(Mk3でも良いんだけど)

それでレンズも12-100も揃えてしまえ、となるとお値段もそれなりにしますからね。

そうなるとRX10でええやないか、となってくるわけです。

MFTは単焦点専用システム化してしまって、あとはRX10という手。

MFTはMFTで一台欲しいですね、やはり。

GX7とGM1を売払い(大した金額にはならないだろうが)、単焦点専用システムに相応しい一台となるとG8あたりかEM-5か。

何だか泥沼というより地獄絵図な思考回路になってきました。

とりあえずRX10をどうやって手に入れるか、ついでにGRも、という事を今年は考えていきたいところです。