2014年8月旅その6

有磯海SAで寝て、起きたら朝だった。
昼でなくてよかった。

白川郷を目指す。
意外とすぐ着いた。
富山から白川郷は近い。

白川郷は世界遺産である。
世界遺産というのは、タージ・マハル級や富士山級ということである。
超ド級戦艦みたいなもんだ。

白川郷と言ってもあちこちある。
メジャーなのが萩町・馬狩町地区と言われるところ。
だいたいここへ来るものだそうな。
インターを降りたらすぐだし。
駐車場と見学施設が整っている。
駐車場は一日500円。
正直安いと思った。
だって集落の入場料はないんだもの。
見学施設がある。
民家園というところ。
ここは入場500円かかる。
それでも安いよ。
世界遺産なのに。

民家園は実際の合掌造り集落を移築してある施設で、実際に人々が住んでいた民家を見学できるようになっている。
何故かお仏壇までそのままであった。
真宗さんのお仏壇である。
作りからするとそこまで古くはなさそうだった。

なんとも微笑ましいのどかなお宮さんである。
八幡さんであった。

民家園は公園のようにぐるりと回れるようになっている。
人は少ない。

前日までの関東は雨に悩まされていたが、中部地方は快晴である。
本当は東北まで足を伸ばしたかったが、雨を逃げてこちらへ戻ってきたのだ。

民家園を出て萩町・馬狩町地区を散策する。
思ったより観光地の模様だが、今でもそこにはたくさんの人が住んでいる。
パシャパシャ写真を撮っていたのだが、生活している人がいる空間であることは忘れてはいけませんな。

真宗大谷派の寺院であった。
上の写真はその山門である。

世界中から見学客が訪れていた。
ワールドワイド。
世界遺産だからな!!

八幡さんである。
八幡信仰が根強いのかしらん。
飛騨高山は真宗どころとは聞いていたが、神様は八幡さんが強いのかしらね。

何かの聖地でもあるらしい。
嘘だッ!!!
本来的には世界一のヘタレ王でありマダオの息子の台詞だそうだが、こちらの方がインパクト強いですな。

お昼は山本屋にて。
非味噌うどんの山本屋である。
そばである。
豆腐肉そばである。
つけダレはラー油風味である。
1500円である。
高い気もしたが、旨かった。

山に登った。
見渡せた。
見ろ!!集落がryとか言い出すメガネではないが、高いところに登ると何となく気分が高揚します。

集落から駐車場への橋。
揺れる。
揺れる思いだ。
まだ帰るにはちと早い。
どうするか。

つづく

2014年8月の旅その5

 大雨でびしょ濡れ気味だったのでスーパー銭湯を探す。
インターの近くに御老公の湯とやらがあった。
1500円という値段。
さぞかし豪華だろうと思ったが、普通だった。

 1500円の元をとろうと名古屋人根性で1時間半ほど風呂で粘ったらもう夜になってしまった。
北関東自動車道に乗り西へ向かう。
笠間PAでうどんを食す。
あったかいうどんにすればよかった。

ご当地ヒーローが流れている自販機。
イバライガー!!
ガソリンを給油しひたすら西へ。
栃木都賀JCTで東北道へ入り、岩船ICTでまた北関東自動車道へ。
高崎JCTで関東自動車道へ。
盛岡JCTで上信越自動車道へ。
長野を目指す。

小布施PAで少し寝る。
そしてまた走りだす。
この頃にはもう夜中。
道も空いてるし快適である。
深夜高速最高フォー!!
上越JCTから北陸道へ。
有磯海SAを目指す。
だってそこしか夜中にラーメン食べられるとこないんだもの。
おじさんはラーメンが食べたいんだもの。
最近は不景気なのか合理化なのか、どこのSAもPAも店じまいが早いし。

ついた。
夜中の3時ごろ。
腹が減った。
さっそくラーメンをば。
むむむ。
富山だけに富山ブラックがある。
むむむ?
その横に富山ゴールドとやらがある。

世界よ、これが富山ゴールドだ。
確かにゴールド。
黄金だ。
味はとんこつにエビの出汁という感じか。
なかなか旨いでござる。
細かいことは覚えてないけど。

食べたらまた眠くなったので、寝る。

つづく

2014年8月の旅その4

25日の朝。
身支度を整え偕楽園へ。
ほんとはホテルに車置いて歩きたかったのだけど、雨ふりそうだったし、駐車場たくさんあったので、車で出かけた。
楽園下駐車場という名前が素敵な駐車場にお金払ってとめる。
あとで気がついたけど、無料駐車場が他にたくさんあった。
とりあえず常磐神社でお参り。

雨がふる前に最大の目的地たる水戸芸術館へ。
素晴らしい美術館でした。
美術館というより音楽もアートも演劇も何もかもある感じ。
愛知県芸術文化センターよりひねった感じというのか、楽しめる感じの企画が多い模様。
いいなー。
来て良かった。
展示もすごく良かった。

展示は鈴木康広展「近所の地球」でした。

http://arttowermito.or.jp/

 ド迫力の展示作品。
中は撮影禁止ですけど、ホールは大丈夫。

展示作品についての案内を眺めながらコーヒー。
レストランもあった。
それにしても人が少ない。
まぁ平日だからな。
雨が降ってきた。
土砂降りの模様。

雨が弱まるのを待って偕楽園へ戻る。
水戸芸術館のあたりが水戸市の繁華街。
中々充実しておったぞよ(何が?)
途中で神社があった。
雷様の神社。
古びたラーメン屋に行列ができていた。
気になったが並ぶの嫌いだからスルー。

正式ルートで来るとこの門に来るそうな。
侘び寂びを感じましたぞ。

雨が多少降ってました。
カメラがぬれるぬれる。
そして前日の雨で靴が濡れたのでビーサンで歩く。
足もぬれるぬれる。

吐玉泉というものである。
なんとなくローマ風?
飲んじゃダメと書いてあったので、汚れた足を洗いやした。
ちゃんと流れてるところで洗ったよ。

太郎杉。
次郎は・・・・次郎は・・・

好文亭。
こうもんてい、ではない。
こうぶんてい、である。

一部屋ごとが割りと狭い。
でも襖絵は豪華。

黒塗りの板間が良かった。

見晴らしも良いです。
千波湖が見えます。
雨なのに白鳥のボートが動いている。

床柱が良い。

廊下が狭いのですれ違い困難。

偕楽園をブラブラしてたが、梅の時期でないとビミョーな感じではある。
お昼時になったので、偕楽園のお土産物屋に併設されている懐かしい感じの食堂で昼食。
名物の納豆を取り入れたネバネバ丼。
千円なり。

護国神社へ。
徳川ミュージアムとやらを目指して。

しあわせの石段。
こけたらしあわせどころではない。

まぁ咲いてないけどな。

本殿だ。
なかなか渋い。
愛知県の護国神社とは雰囲気が違う。

いよいよ徳川ミュージアムへ。
wktkだったけど、千円の割に展示物も少なく、ライティングも微妙でなんだかなぁ、と。
もっと工夫したらいいのに。
歴史博物館か近代美術館へ行けばよかったのだが、タイムアウト。
とりあえず車へ戻る。

つづく

2014年8月の旅その3

鹿島神宮を後にして、佐原市の水生植物園へ向かった。
方向としては戻る感じである。
http://www.city.katori.lg.jp/suisei-syokubutsuen/
↑水生植物園
入場料は500円なり。
人気もない。
窓口でお金を払ったら「この時期はなんにも咲いてないよ」とのこと。
ムムム(´・ω・`)
とりあえず中へ。
そんなに広くない。
蓮の花が多少残っていた。

せっかくなのでFD75ー300mmを試す。
ピント合わせは難しい。
朝方に九十九里浜で試した時もそうだったが、近距離になるとかなりの難易度。
そりゃあ600mmをMFでやるのだからね。

手ブレもすごいし。
でもG5のEVFなら割と何とかなる(笑)
こんなものは気合と根性ですよ。

しばらく水生植物園をぶらぶらしていた。
その後は霞ヶ浦周辺をブラブラする。
家のつくりがこっちとはだいぶ違うな。
屋根の作りが特に。

途中で仮眠したりしてたらホテルについたのが夜になった。
普通のビジネスです。
これが一番落ち着く。
安いし。
ホテル直結でデニーズがあったので、デニーズで食事。
ハワイアンフェアとやらでハワイアンな何かを食べる。
特にハワイアンな味でもなかった。

つづく

2014年8月の旅その2

銚子を後にした。
雨が降る前に行きたいところがあったのだ。
香取神宮と鹿島神宮。
正直に言えばどんな神様が祀られているのかも知らなかった。
今でもよくわかってはいない(笑)
細かいことはわからぬが、戦の神として信仰を集めていたようだ。

香取神宮↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%99%E5%8F%96%E7%A5%9E%E5%AE%AE

銚子からは意外と近かった。
道中、右手に利根川を眺める。
大きい。
そして、これは釣りしたらおもしろいであろうな、と妄想していた。
大鯉がいるだろうし、何か釣れそうな雰囲気であった。

途中で雨が降りだした。
致し方なし。
着いたころには土砂降り。

仕方ないので車で休む。
ちなみに車中泊仕様はこういう感じ。
お座布団をしくだけ。
アレコレ試したが、これが一番具合が良い。
エアウエイブはサブロクの板、つまり畳一畳がちょうど収まる荷室のサイズ。
寝るにはちょうど良いサイズ。
独り旅なら荷物も余裕である。

そうこうしていると雨が小止みになった。
さっそく香取神宮へ。

なかなか凝った作りの灯籠である。
それぞれ施主の名前が刻まれていた。

さすが神宮である。
壮麗で威厳のある佇まい。

素晴らしい。
とにかく本殿が素晴らしい。

参道にはお店も並んでいた。
厄落とし団子あったので食す。
星占いでは今年厄年なのだ。
落ちまくれ厄。
香取神宮はすっかり気に入ってしまった。
細かいことはわからないが、この雰囲気は素晴らしいものがある。
神社があり、参道があり、お団子が食べられる(笑)素晴らしいことでありますよ。

さて、鹿島神宮へ。
香取神宮から霞ヶ浦、北浦を抜けたらじきに鹿島である。
さすがに名前だけは知っていた。
実に立派な鳥居である。
雨も上がった。
ラッキー(笑)

門前町が形成されているのがよくわかる。

ふむふむ。

そうそう、ちょうど式年大祭の前で準備がされていたのだ。

熱田さん?

奥の宮なり

この雰囲気いいな。
蚊も多いが。

地震、もう起きないといいですな。

ランチは境内にある茶屋にて。
茶屋ってレベルじゃねーぞ。
旨かった。
そばもいい。
名物の納豆と地元で採れたモロヘイヤの混ぜたんが旨かった。

コーヒーも旨かった。
竹炭がマドラーになっていて、使ったら持って帰っていい模様。
忘れてきたけど。
若い大学生ぐらいの男子が店にハチが入ってきて大騒ぎ。
情けないのう。
おじさんなら黙って逃げるぞ。

本殿前はテントがあった。
この後少し街歩きをした。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B9%BF%E5%B3%B6%E7%A5%9E%E5%AE%AE

一日に2つも神宮を回るとは。
愛知県民は神宮が身近に2つあるので、あんまり思わないが、神宮って格別ですからな。
ありがたや。

さて、どうするか。
天気が回復し、だんだん暑くなってきたので、しばらく車で休んだ。
でも、かなり過ごしやすい気温であった。

つづく