展望2020.1.25

【画像】海鮮丼とかいう無能丼www

小倉駅にある鉄鍋餃子の海鮮丼は旨かった。

海鮮丼でふと思い出した事がある。

子供の頃に親戚が集まると寿司でも取ろうかって日が年に一度か二度ぐらいあった。

まさか特上が食いたいなどとは言えないが、かと言って並ってのもつまらんなと思い、品書きを見ていて思いついたのが鉄火丼だった。

並の握りとそう変わらない値段だったのだ。

しかも食べてみると、これが不思議と旨い。

いつも頼む寿司屋の握りは昔ながらの大きいシャリに代わり映えしないネタしかないものだったのだが、鉄火丼はやたら旨く、そして美しく感じた。

握らない方が旨い、そういう寿司屋もあるもんだ。

それに茶碗蒸しもその日は頼めたので、食べざかりの身にはありがたかった。

パナソニックが「LUMIX GX10(GX7 MarkIV?)」を、2020年初頭に発表する!?

ふと年始に思いついたのが、RX10とGRⅢが揃えられないかな、と。

うん、ちょっと金額面で無理かな。

小銭貯金も言うほど貯まっているわけでもなく、少し不安。

うーむ。

ライフスタイルというのかカメラスタイルがだいぶ変わり、MFTである必要性が無くなってきた感があるのだ。

MFTは素晴らしいと思うのだが、今そしてこれから必要なのがMFTかどうかと。

そこで思いついたのがRX10で、M4ならばもはや他に何もいらないのではないかというぐらいのスペック・・・ただ重いデカイ。

それプラスでGRはどうだ。

やはり自分にとってはGRは特別だ。

うーん。

最近は何かとGM1なんですよね。

GM1は凄い。これを作ったパナソニックは凄いと思う。

これに抜群の切れ味のズミルクス15mmを組み合わせておけば、これで良いやってなる。

このズミルクス15mmと25mmは手放せない。

極端な事を言えば、MFTはこの二本のレンズがあれば成立してしまうかもしれない。

うーむ。

GX7が自分と合っていないのか、個体的に良くなかったのか、性能面なのかわからんが、GM1の方がキレがあるんだよな。

どうもパナソニックのMFT機って、表面的なスペックとかだけじゃなく、何か微妙に機体差と個体差があるんだよね。

オリンパス機を使おう、OM-D・EM-5のMk2かな、とも考えていたんだけど、ちょっとまだ思いきれない(Mk3でも良いんだけど)

それでレンズも12-100も揃えてしまえ、となるとお値段もそれなりにしますからね。

そうなるとRX10でええやないか、となってくるわけです。

MFTは単焦点専用システム化してしまって、あとはRX10という手。

MFTはMFTで一台欲しいですね、やはり。

GX7とGM1を売払い(大した金額にはならないだろうが)、単焦点専用システムに相応しい一台となるとG8あたりかEM-5か。

何だか泥沼というより地獄絵図な思考回路になってきました。

とりあえずRX10をどうやって手に入れるか、ついでにGRも、という事を今年は考えていきたいところです。

Photo2020.1.24

最近はたくさんの事を処理できなくなってきた。

常にシングルタスク。

それもゆっくり。

急いでも仕方ないか。

3台目のソリオ@事故の代車

ソリオ君が事故に遭ってしまった。

仔細は省く(過失はほとんど無い)

フレームまでダメージがあるとか何とかで修理費用面的にも廃車という憂き目に。

泣けるね。

なので今はとりあえず保険での代車に乗っている。

なぜかまたソリオを用意された(ソリオ以外が良かったとは言えなかった)

MC後のGというグレードのセーフティサポート搭載車である。

157万円でアダプティブクルーズコントロールまでついてくる超お買得車。

前期モデルだとGには先進装備のOPも無かった記憶がある。

強制的にマイルドハイブリッドのモデルになり、価格も高くなるのだ(とは言え他社に比べたら安い方だが)

それにしてもこのGは走りが良い。

足回りは同じだろうし、後期マイルドハイブリッドモデルと同じように微妙に改善はされている感じの足回りだ。

それよりCVTの制御(アクセルレスポンスも含めて)がとても良い。

MC後のマイルドハイブリッドも良くなっているんだけど、このGはまた格段に出来が良い。

特別早いわけじゃないが、スイフトのRSと同じ匂いがする出来の良さだ。

前期型でもGがマイルドハイブリッドより「早い」のであった(0-100km加速が全然違う)が、これまた後期のGもそうなのだろう。

ストレスが無い。

思えば前記のマイルドハイブリッドモデルは走れば走るほど不満点が出てきて、主に制御面で不満が多いのだ。

しかも値段が高いにも関わらずGより格段に遅い加速で、そりゃイライラする場面も出てきますよ。

加速はともかく、制御の悪さは信号で停車する毎に感じさせられるのだ。

後期モデルを知らなければ、そこまで不満にもならないかもしれないのだが、代車で後期マイルドハイブリッドを乗ってしまうと駄目だ。

ましてやスイフトRSまで乗ると、もっと駄目。

具体的には前記マイルドハイブリッドの制御の悪さは、回生ブレーキとアイドリングストップの気持ち悪さとガクガク感。

加速も踏んでいる感覚と乖離した、特に40キロ越えたあたりで強制的に微妙な制御される気持ち悪さ(段付き加速というより加速させない制御が入る感じ)

この二点がマイナスポイントであった。

加速はアクセルワークを工夫すれば多少マシなのだが、気持ち良さが微塵も感じられないのは車として駄目な点だろう。

それが後期のマイルドハイブリッドモデルではけっこう改善され、さらに一番安いGだとそのマイナス点が無いのが驚きなのだ。

Gはハイブリッド制御が無いし、アイドリングストップも無い。

これが一番良い点だろう。

スイフトRSともそうだが、アイドリングストップが無いだけで車ってこんなに良いものなのかって思わされるのだ。

それぐらいアイドリングストップはいらん、どれだけ発進がスムーズでも減速から停車時のあの制御の気持ち悪さは駄目だ。

スズキはそこんとこちゃんとわかっているんだろうか?

心配である。

ちなみに次の車はアイドリングストップ無しのものにした。

当然である。

それにしてもこのGの出来の良さは何だろうか?

一番安いモデルが一番出来が良いんじゃなかろうか?

エアコンもちゃんとマニュアルエアコンで使いやすい。

美点が多すぎるぞGは。

ちなみに燃費性能もマイルドハイブリッドとさほど変わらない。

これまた驚きである。

Photo2020.1.21

アメリカなのだが、特に何か思うところも無し。

アメリカだなぁ、という部分とそうでもないなぁという部分。

俺の知っているアメリカはもっと、こう、違うんだ!というのがあるんだが、それって結局は映画の中の話なのだ。

リアルなアメリカは実にアメリカであったが、意外と普通の連続であったのだ。