GR3購入記

楽天の買い回りセールでポイント12.5倍という事態発生につきGR3購入。

ドーモ。

GR3は良いぞオジサンです。

マジでポイント凄い事になっちゃいました現象ですね。

ポイントでさらにカメラ買えます(まだ貯めるけど)

いやぁGRってほんと良いもんですね。

久々の再会です。

大きさはGRDとかGRDⅡぐらいに戻ったらしいですけど、GRDⅣぐらいの大きさでも別段気にならなかったオジサンですので気にしないオジサンです。

重さもLX9より軽いので気にならないオジサンです。

相変わらず持ちやすいですね、操作系も変わらず良いですね。

この作り込まれた練り込まれた感がたまらんですねオジサンです。

正直、カメラとして何も言う事もないわけですよ。

これだけの完成度のカメラが他にありますか?って話です。

あるのかもしれませんが、どこにあるの?オジサンです。

前はファインダーガーとかレンズカバーガーとか考えていた時期もありましたが、今となってはこのスタイルこそ自分向けだなオジサンです。

とりあえずFnボタンはクロップモードにしてありますが、使わなさそうです。

セッティングもまだ試行錯誤ですね。

だいたい他所様のセッティングを参考に、使いやすいようにはしてありますが定まりません。

ポイントはAFと周辺光量補正とダイナミックレンジ補正あたりでしょうか。

AFはポイントセレクトAFにしてあります。

周辺光量補正なし、ダイナミックレンジ補正もなし。

色目はしばらくスタンダードで楽しみます。

ローパスレス。

フルプレススナップは∞。

とりあえずフルプレススナップ試しましたが、良い感じですね。

絞り優先で使った方がいいカメラかもしれません。

プログラムモードで使ってますが、センサーサイズが大きくなったので絞って撮った方が良いかも。

そこらへんは試行錯誤ですね。

ダイヤルでユーザーセッティングが3つ登録できるので、とりあえず1つめを上のセッティングにしておきます。

後はまだ考え中です。

モノクロと人物用ですかね。

私は個人的思想からJPEGオンリーです。

カメラ任せの部分が多いほうが楽しいですから。

そもそもRAW現像はほとんどしません。

個人的思想です。

他人様がどうこうはあまり興味も無く、自分のスタイルとしてRAW現像は好きではないのと、半分は面倒なのとです。

面倒なのは性格で、もう半分の個人的思想はなるべくカメラが選んだ結果で撮りたいのです。

それがデジタルカメラの楽しさであると思うのと、愛機に任せたいのとですね。

失敗してもそれは半分は自分のせいですし、半分はカメラのせいです。

失敗は失敗で楽しむしかありません。

RAW現像で失敗をリカバリしても、楽しくないんです。

別段誰かに頼まれてやってるわけでもないので。

レタッチも別段したいわけでもないのです。

やるなら写真とは全然違うものを目指すので、レタッチ耐性がどうとか考える必要もないのです。

フォトショもSILKYPIXも嫌いってのもありますけど。

まぁせいぜい露出の部分とかWBとかのリカバリなら、正直面倒だなってのがデカイです。

成功だなと思ったら、半分は自分のおかげで、半分はカメラのおかげです。

成功の喜びは分かち合いたいので、カメラ任せの要素があった方がカメラに感謝できます。

露出もWBもなるべくカメラ任せですよ。

MFもたまにしか使いません。

GR10はその点気楽なカメラで良かったのです。

GRD以降はやれる事が多すぎるぐらいですね。

セッティングで試行錯誤するのが好きなので、あまりRAW現像にこだわりません。

GRのデジタル版の好きなところはセッティングの面白さでもありますね。

LX9は逆にIAの方が結果的に良かったりします(パナ機全般そうですが)が、GRってそういうのじゃない部分が強い気がしますね。

GRは自分で追い込むのが面白いわけですよ。

意外とドノーマル設定の方が良い時もあるにはありますが、やっぱりGRなら追い込まないと面白い結果は出ません。

その点で言えばGRDⅣは二度買うほど面白かったですね。

今の時代の人から見たらGRDⅣなんてたかだか1000万画素の豆粒センサーのデジカメで、それより今時のスマホの方が良いんだーと思えるかもしれませんが、実際その吐き出す写真を観ていると今どきの高性能スマホに負ける要素なんて画素数ぐらいですよ。

これは確信を持って言えますね。

画像処理でどれだけノイズ消そうがキレイみ見せようが、GRDⅣの吐き出す写真の説得力を越えるものはありませんでしたよ(初代GRDの写真観ていてもそうですけどね)

iPhoneの方ガー華為技術の方ガーと言う人はそれで良いと思いますが、私はそう思わない、思えないという確信があるだけです。

感情論も半分ぐらいは混ざってますが、やっぱり写真を撮るのが好きな自分の眼を信じているのが半分です。

逆に高性能デジタルカメラ、フルサイズセンサー機だとか中判デジタル機だとかで撮れば何でも良いかってもんでもないとは思ってます。

自分で使った範囲だと、D700は素晴らしいカメラでしたし、6Dも素晴らしいカメラです。

高画質で高性能で低ノイズで画質は素晴らしいものですが、それだけでカメラの良し悪しや写真の良し悪しが決まるわけでもないとは思います。

未だにMFT機への未練があるってのもありますが、MFT機は画質ガーなんて散々言われていましたが、私は画質含めて大好きでしたよ。

ボケないと言うのなら最初からフルサイズセンサー以上を使えばいいだけです。

ノイズガーと言うのなら、上に同じくです。

それだけが自分にとって価値判断の基準でもなければ、絶対の基準でもないわけです。

だから自分にとって良いものを選ぶというだけです。

その点で言えばGR3、実に良いぞです。