Photo2020.1.28

どのような気持ちなのか、わからない。

イメージ上のノスタルジーなのか。