Photo2019.7.12

「男というもの」という言い回しすら憚れる時勢なのかもしれませんが
男というものはどこまでいっても男というものでしょうし
女というものもまたしかりなのでしょう

それはともかく、男というものは最低でも年に一度ぐらいは「彷徨う」事をした方が精神のバランスが保てるような気がしますね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です