展望2018.8.21

【便利】Amazonで分割払いやリボ払いが可能に。分割は最大24回
JCBだと手数料無しでは利用できないのは判明しました。
JCBのサイトで分割シュミュレーションができるんですが、例えば10000円の物を三回の支払いで買おうと思うと227円の手数料が発生します。
これが10回の支払いだと674円の手数料になります。
リボは金額によってはかなりの金利手数料が発生します。
使わないのが吉でしょう。
数十万の物を分割で、という場合ならば金利手数料無料で支払えるお店で買うのなら有りですね。
外車の高級車を残価ローンで買おうと思ってるんだが
金利であるとか手数料であるとか、そういったものをどう考えるのかによりますが、基本は回避すべきものであります。
お金がたくさんあるのなら、そもそも金利が発生するような支払い方法を選択しないでいいわけです。
お金がないから支払い方法で金利なり手数料なりが発生するのです。
残価設定型ローンというのも、お得なようでリスクしかない買い方ですね。
国産車で人気車種の人気グレードの人気色を事故無しで乗れれば良いですが、そうでない場合はリスクが大きいわけです。
リースも実はリスクがあって、契約によって違いますが、基本は事故無し傷なしで設定年度をクリアしないと追い金が必要となります。
それだったら手持ちのキャッシュで買える範囲の新車や中古車を買ったほうが良いような気がしますね。
ソリオ君もあとまる三年ほどリース期間があるのですが、今のうちに計画を立てておかないといけませんね。

【悲報】「回転寿司店」の倒産件数が急増
人気店は相変わらず混んでます。
100円寿司以外の回転寿司屋がつぶれているのを今年に入ってからよく見ます。

車中泊ブームに火をつけた「道の駅」が次々と宿泊禁止に キャンプ場と勘違いする利用者増加?
そりゃそうです。
道の駅は休憩施設であって、宿泊施設でもキャンプ場でもないだけですね。
車中泊関連はここ数年メディアで異常な取り上げられ方をされました。
そうなると車中泊の絶対数が増えることでトラブルの絶対数も増えます。
もともと車中泊というのは手段であって目的ではないと思うのですが、最近では車中泊そのものが目的化したような感じもありました。
それはそれで楽しみ方の一つでしょうが、何でも趣味というのは裾野の絶対数が増えれば変な事をしでかす層も増えるということです。
個人的には車中泊は好きですが、変に楽しみ方を固定化されるのは嫌ですね。
こうしなきゃいけない、というのが嫌いなので、不自由な思いまでしてやることはないと思ってしまいます。

【ドイツ難民問題】女性へのいたずらを制止した老人へ暴行する動画が公開される 【ゲルマン民族爆発寸前だろ】
多文化共生の難しいところは、それに反対する意見を無視して封じ込めた上で「何か」起こった後の反動に手がつけられなくなる事です。
多文化共生をリベラルと言い換えてもいいでしょう。
多文化共生は一つの政治的選択にすぎず、正義でも大義でもありません。
なので反対意見もあってしかるべきものです。
そこを勘違いした層が反対意見をヘイトだ何だと喚いて封じ込めた結果、ドイツは移民のコロニー化が進み、治外法権の如き様相となっています。
ここから反動が起こってくるのが当然なのですが、それがどのような形となるのか?
ドイツの場合は手がつけられない形の惨状となるかもしれないのが心配なわけです。
絶対的正義なんてものはこの世には存在しませんし、絶対的に正解なんてものもこの世には存在しないということです。
そして人間の理性なんてものは信用しない政策を考えるべきだと言うことです。