ま、ゆっくりのんびり走ればいいやってな旅路なのでね。
そう思っていると、意外と一日というのが短すぎまして。
おばちゃんにもうすぐ閉まるよ、なんて。