どんどんおっさんになってきたのではなくて、すでに立派なおっさんであって、それ以上でもそれ以下でもないところにおります。
来年はますますおっさんとして不惜身命粉骨砕身、日々精進してまいりたいという所存です。