フォレスターの車中泊


フォレスターで車中泊を。
フォレスターは後部座席を倒せばフラットになる。
と言っても傾斜はある。
そして後部座席と前席との間に隙間が出来る。
後部座席を倒した状態では身長170センチの自分が寝るには不十分な長さである。
したがって後部座席と前席との間の空間をなんとかしないといけない。
とりあえずアウトドア用のベンチシートを置いた。
高さが足りないが、なんとかなった。
座布団を何枚か使えばだいたい何とかなる。
エアウェイブの時も座布団が寝床作成の主力選手だったのだ。
座布団最強である。
低反発のシートを敷いて、座布団で微調整した。
これで完成。

目隠しにはフォレスター用に売られているやつを使った。
中国製で安いやつ。
日本製のモノの方がクオリティは高いが、そう使うわけでないので安いのにした。
とりあえずのお手軽車中泊仕様。

本格的なマットもありますね。
快適性を求めるならやっぱちゃんとしたやつの方がいいかも。