エアウェイブ@望郷篇

ドーモ。
今更ながらエアウェイブは良かったなぁ、と思うことが多い。
評論家受けも車好き受けもしない車だし、ファーストカーとして考えると物足りない部分も多いんだろうけども。
エアコンを直してとっておくべきだったかもしれん。
そう思えてしまう良さがある。
お盆中の激務中の激務の時以外はリッター10キロきることがない燃費水準で、街中での取り回しが良くて、アンダーパワーというほどではないむしろ1500ccだけど良く回り力強いエンジンで、ラゲッジスペースは広大で使いやすいし、大人4人快適に過ごせる室内空間だし、思いの外静かだったし・・・
まぁ欠点は欠点で多かったけども。
突き上げ感はノーマル足でもモデューロ足でも消えないし、エアコンは非力だし、見切りはイマイチだし・・・
まぁホンダらしいと言えばホンダらしい車だったのだなぁ。

エアウェイブという名前はとっくに消滅して、フィットシャトルになり、今はシャトルだ。
個人的主観だと、フィットシャトルからエアウェイブの頃に戻った感じがする。
ただしメインとなるグレードはハイブリッドだ。
個人的に気になる振幅感応型ダンパーもハイブリッドX以上しかつかない。
新型の直噴VTECエンジンがすごく気になるし良さ気なのに、装備でハイブリッドと差をつけられると何だかなぁ、と思う。
オプションでもっと選べるといいのだが。
ホンダセンシングもないし・・・
不親切な設定というのか、融通が効かない設定というのか・・・
それでも魅力的ではあるけど、ホンダの商売ベタのせいでだいぶ損をしていると思う。
ジェイドのオデッセイとストリームのいいところを詰め込んで全部潰してしまった感じの失敗感を思うと、魅力的ではあるが気になる点がいくつもある(個人的にはジェイドはとてもホンダらしくて良いと思うのだが商売的な話で)
世の中の人が全てがハイブリッドが欲しいわけではないのだ。
通常動力でいいから装備を良くしたい、走りや快適性を求めたい、そういった層にも売り込める内容にすべきだ。
貴重な5ナンバーサイズの実用ワゴンなので、幅広い層に対応した商品展開を考えるべきだ。

個人的には、このサイズよりさらに一回り小さいサイズのコンパクトワゴンを作るべきだと思う。
スズキのソリオのような感じで。
NBOXベースのコンパクトカーとかどうであろう?
フリードスパイクも良いのだが、全長4mを切るぐらいのやつ。
ソリオはかなり良いサイズ感で魅力的なのだ。

フォレスターは最近はかなり馴染んできた。
市街地の燃費や、全幅のことで文句を言いたい部分もあるが、全体的には極めて優秀な実用SUVだと思う。
というよりスバルなので、好きか嫌いかという部分が強いのだとわかった。
僕はスバルが好きな側だった。
スバルは明確な設計思想を持った数少ない自動車メーカーだ。
水平対向エンジンを積み活かすためのシンメトリカルAWD、それがもたらす結果。
それが好きか嫌いか。
だから不満点はある程度我慢するしかない(誤解されるが不満点なんて実際はそれほどない)
どうでも良いと思う人にはどうでもよいのだろうし、良いと思う人にはとことん良いのだろうな。