いわゆる懐かしい物事への懐かしさではなく、懐かしいと認識する領域への懐かしさ
ノスタルジーではない、違う感情
それはとても大切です