電子タバコの沼

電子タバコに手を出した。
と、言っても日本で流通している電子タバコは厳密にはタバコではない。
なぜなら現在主流の電子タバコは「リキッド」という味の素となる液体を注入して吸うタイプだが、法律上はニコチン入りのリキッドは日本では販売されていないからだ。
そもそも電子タバコはタバコではあるが煙草ではないのが煙を吸うのではなく水蒸気を吸うものであるからだ(ヴェポライザーも煙ではないとは思うがアレは何というものなのだろうか?)
電子タバコの仕入れは楽天でもアマゾンでもあるが玉石混交な感じなので専門店がいいみたいだ。

で、わけもわからず購入したのがKmaryのX8Jというモデル。
後々知ったことだが、KamryのX6というのがけっこう人気らしい。
後々知ったことだが、安かろう悪かろう的なものらしい。
後々知ったことだが、X8Jはあまり評判のよろしくないX6のネガティブな点をつぶした新モデルらしい。
よくわからんが使ってみて別段悪くない。

電子タバコで検索するとかなりの数の情報が手に入る。
しかし、簡潔にかつ詳細にまとめられているものは少ないように思える。
http://wikiwiki.jp/ecig_dentaba/
↑とりあえず電子タバコのwiki
どうも私の買ったモデルはMOD系と言われるものらしい。
それが最近の主流でタバコの形ではなくもはや何とも形容しがたいパイプというのか何かの機械の形というのか「そういうもん」らしい。

今から8年前に一度禁煙したことがある。
その時に電子タバコが登場していて、試したことがあるが、タバコの形で吸うと先っちょが光るやつで、なんの味もない水蒸気を吸うやつだった。
今はそういうもんはあまりない、というか性能が悪い、というかはっきり言って「おもちゃ」だから無くなってきたんだろう。
で、この8年間ほどで電子タバコが超進化して、今の形になったのだろう。
調べたが時系列で追うことができなかったし、「そういうもんらしい」でいいのだ。
いろいろ調べてみてわかったのが「そういうもんらしい」にしておかないと電子タバコというのは「沼」だ。
わからん。
どのメーカーがいいとか悪いとか何となくは掴めたが、「そういうもんらしい」にしておかないと進化・変化スピードが速いので追いつかないのだ(MGTみたいなもんだねw)
とにかく今の形がわかれば良い。
そして↓にあるアトマイザーというリキッドを入れる容器であり電熱器の部分と吸口、これにバッテリーとスイッチのついた部分を組み合わせて使えるというのが理解できれば充分だろう。
そしてだいたいのアトマイザーが互換性があるのでこやつを交換していったりメンテナンスしたりアレコレするらしいというのがわかればいいみたいだ。

もちろんバッテリー部分も重要みたいだが、今のところ持ってるのがX8Jだけなのでまぁいいや。

http://e-cigarette.blog.jp/
http://chikusueki.sblo.jp/
http://plex4096.hateblo.jp/entry/2012/06/18/055017
http://den.tvbok.com/
http://vape-collection.com/navi/
http://health.blogmura.com/ecigarette/
初心者向きの情報があるサイトにお世話になりました。
でも未だに電圧とかアレコレわからないこばかりですが「そういうもんらしい」が大事ってのがわかりましたよ。
ほんまに。
沼ですもの。

で、一番の沼は「リキッド」なんす。
星の数ほどあるわけでどれがどうとかまだ言える立場ではなく。
とりあえず体験談としては・・・
日本ではニコチンニコチンリキッドは販売されてないけど、海外からの個人輸入はOKで、代行業者もあるよとか。
リキッドは主成分がグリセリンでどこでも手に入るし、グリセリンでリキッド薄めたら安上がりだよとか。
海外から手に入れたニコチンリキッドにグリセリン足して吸えばさらに安上がりだよとか。
いろいろあるけどタバコ代わりにするならメンソール系がなんだかんだでいいみたいだよとか。
タバコ味のリキッドはおすすめできないとか。
基本的にどれも甘いとか。
かしらね。
深追いはしないつもりではある。
いろいろとキリがない。

電子タバコ全般に言えるのだが、深追いすると沼でその沼が楽しいか楽しくないかで変わるだろう。
禁煙補助、タバコの代わり、という用途なら深追いすると経済的に沼になるので、あらかじめリキッドも絞り込んで、本体その他も絞り込んでしまうのがいいだろう。
すぐに二万三万と消える。
そして大事なことは電子タバコの機械その他は完全に消耗品ということだ。
バッテリーもアトマイザーも全て消耗品。
だいたいバッテリーは三ヶ月とか。
アトマイザーは一月とか。
高いやつ買えば何年も使えるものではない。
いろいろ考えて計画的にやらないとリアルタバコより高くつく。

で、個人的感想としてはニコチン入りリキッドは意外とリアルタバコの代わりになります。
満足感はあります。
輸入代行で頼んだが、数日で来た。
単体ならニコチンは14mgで充分な感じ。
グリセリン追加して安く上げるなら24mgとかでいいと思う。
ノンニコチンでも楽しめる。
満足感はそれなりにある。
メンソールがいいと思う。
リキッドはどれも基本がとにかく甘い駄菓子屋的な味わい。
匂いはいい。
お菓子の匂い。
ヤニなどが出ないのでクリーン。
ただし外では吸いにくい。
あきらかに不審。
目立つ。
ジロジロ見られる。
気にならないならいいと思う。
人混みや禁煙場所では雰囲気的に無理。
来年も電子タバコやってるかと聞かれたら、たぶん30%ぐらいの確率でやってると答える。
基本的に楽しいのだけど、メンテナンスその他がめんどい。

メンテナンスは超音波洗浄器があればいいと思う。
重曹水とかやれたらやれるにこしたことない。
超音波洗浄器は5千円未満でいいのがアマゾンで買える。
とにかく使い勝手がいいので一つあればいろいろ使えまっせ。