2014年8月の旅その7

旅の記録今回で最後。
オーラス。
白川郷を後にして、国道を南下する。
高山市をぶらりとするのも良い。
でもなぁ。
ちょっと違うな。
気がついたら郡上八幡まで来ていた。
郡上八幡はついこの間も撮影に来たばかりなのでスルー。
そうだ、中津川方面へ行こう。
ということで、郡上八幡から下呂方面へ抜けていく。
途中で道の駅に寄った。
道の駅和良というところ。
美味そうな団子があったので食す。
もっちりして美味しかった。

美濃へ抜けた。
雨がまた降ってきた。
R41沿いで電車を眺める。
そしたらスズメバチが飛んできて襲われた。
刺されなかった。
刺される前に猛ダッシュで逃げたから。
もう走ったりはしないお年ごろだけど、逃げ足だけは若いもんには負けんよ。

走り続けて恵那まで来た。
中津川に抜けるかと思ってたけど、恵那に抜けた。
阿木川ダムだ。
思い出の地。
スタートの地。
思い返せばここでターニングポイントとなることがあったのだ。

恵那から明智へ。
明智から瀬戸を目指す。
お得意のルート。
そして念願の曽木のあの施設へ。
http://badenpark.net/
バーデンパーク曽木である。
ずっと気になっていたのだ。
いや~よかったわい。
あの御老公の湯でしたっけ?
あの1500円もする割にはふつーなスーパー銭湯。
あそこの37.8倍ぐらい良かったよ。
500円だし。
綺麗だし。
陶器の湯船が気に入った。
牛乳美味しかった。

スーパー銭湯へ一人で行くと名古屋人スキルが発動して最低でも1時間は出ないので、気がつけば夜だった。
瀬戸街道を走り、お気に入りの支留比亜珈琲へ。
元町珈琲も気になるが、いつも満席なので入ったことがない。
支留比亜珈琲で贅沢ディナー。
旅も終わり。
物足りない、走り足りない旅だけど、ボリューム的にはちょうど良かったかもしれない。
これで後2日時間があれば東北へ行っていたと思う。
そうなると必要経費的に厳しいものがあっただろう。
ガスと高速代がでかいから。
深夜割引も少なくなったし。

来年は行けるかどうかわからないけど、行けるなら東北リベンジか鳥取島根山口の旅か。

ここ数年独り旅に行けなかったが、久々に行けてよかった。
至福の時間の過ぎるのは早いもので、あっという間だった。