物において大事なのは「必要である」というところである。
必要であるから使われる、というのが道具の本懐である。
用の美というのは本来的にはそういうものである。