展望2014.3.19

32歳になった。
めでたいが、誰も特に祝ってくれるわけでも無し。
況や、プレゼントも無し。
まぁ一番のプレゼントは「そっとしておいてくれる」ことだったりはするが。

閑話休題

最近のカメラ事情に疎くなってしまった。
G5+パナライカ25mmがありゃいいかというところ。
G15とGRD4があればコンパクトも楽しいし。
そんな中で気になるカメラをアレコレ。

↑やはりGX7は欲しいカメラNO.1である。
欲しいが値下がり感もないね。
画質面ではαやフジの方がセンサーサイズ的に有利だが、パナの培ったAF等の技術は侮れませんぞ、と言いたい。
レンズも小型軽量で持ち運び易いし、性能もいい。
あーなんでもっと売れんのかね?と思うが、まぁ仕方ないよねとも思う。
画質面で言えばフルサイズやフジがいいだろうしね。
小型軽量でスナップ用途ならMFTに圧倒的アドバンテージがあるわけでもない。
性能は悪くないが中途半端さが仇となっている感がある。
どうしても世間的評価が下がるのは仕方ないのだが、なんとなく悔しさがある。
MFTは性能・携帯性・CPトータルで考えると合理的なシステムだと思うのだがなぁ。

↑なんとなく望遠が使いたい。ニコンが魅力的な機種とレンズを出すようだ。
あの望遠レンズは魅力的だが、少々お高かったので買わないだろう。

↑知らない間に出てた子
まぁ買わないな。
E-M1は魅力的ではあるが、買う買わないで言えば買わない。
GX7は必ず買う予定で、それがあればいいかなと思ってしまう。

↑XT-1が出た
欲しいね。
サンプル見ただけだけど、画質がすごく良いと思う。
おんなじフジのXE-2も魅力的なのだ。
でもMFTから移るかどうか、となると微妙だな。
携帯性を考えるとMFTの方がいいなと思ってしまう。

↑G1 X Mark IIが出た
G1Xはその遅さから購入は見送ったのだ(代わりにRX100にしたのだった)
G1Xのネガを徹底的に潰した感がある。
かなり魅力的だな。
G15代替機として考えているが、これまたお値段がそれなりにお高いのである。