Canon PowerShot G15 購入記

キヤノンのG15を購入。
モデル末期で次期型も発表されているが、これ以上は安くはならないのかもと思い購入。
RX100の代わりに。
RX100はまだ手元にあるが、G15の具合次第で手放す所存。
とりあえずG15はどんなもんかねと四国へ行き試した。

四国のお寺で遭遇したノラ。
リサイズしてあるので何だけど、元画像を客観的に見てかなりいい線いってると思う。
すっきりカラーで撮影。
キヤノンの色合いはいいと思う。
アンダーぎみに。
質感描写が割りと好み。
JPEGでこれなら充分。
どっちにせよめんどいのでRAWでは撮らないけど。
プリントしてみないとわからないけど、いやぁこれでいいだろう。

G15は凄く使いやすい。
まず、構えやすい。
コンデジとしては大きく重たいが、それが安定感につながっている。
グリップは多少物足りないが、RX100のように「無い」よりは断然良い。
GRDのグリップがやはり一番良いが、G15のグリップでも使用には十分。
操作系もよく練られている。
カスタマイズできる範囲はGRDほどではないが、 充分である。
むしろGRDとは違った方向性のカスタマイズ要素とでも言うべきか、使い切れない機能を自分向けに選び使用する感じか。
とにかく機能という事で言えばRX100もそうだが、G15は豊富過ぎて困るレベル。
だが、使いにくさは無い。
機能は豊富だが、操作系がすっきりしているからだろう。
基本的な撮影機能と各種エフェクトやシーンモードが完全に別の扱いとなっているので、とっきやすいのだ。
RX100は撮影機能の同軸の延長線上に各種エフェクトがあるが、G15はすっぱり別になっている。
それがすっきり感の第一か。
そして大事な事は各種メニューでの操作感、背面のダイヤル操作の感覚の違いだ。
RX100の背面のダイヤルでのメニュー操作ははっきり言って使いにくい。
入力に対して動きが速すぎるのだ。
思ったようにできないイライラ感が強い。
G15はそれが無い。
機敏さは無いが確実性がある。
操作の速さはRX100の方が早いのだが、処理速度はG15の方が早いようで、待たされる感じもない。
写真を撮った後が特にそうだ。
RX100のオートだとマルチショットを多用する性質もあって処理待ちが多かった。
G15はそこらへんが早い。
画像確認の設定をやめとけばぱっぱと撮影できる。

↑G15のISO800で撮影の画像
マクロは1センチまで寄れる。
だからこれよりさらにもっと寄れる。
RX100は5センチで、微妙に使い勝手が悪かった。
広角端なので、寄れるところまで寄れないとマクロとしてあんましなんだよな。

RX100との比較となると、画質や解像感ではRX100の方が優れている部分も多いとは思う。
特に高感度はRX100は良い。
ちょっと前のAPS-C機より良い印象だった(JPEG撮って出しの話・RAWでPCで現像で云々というのは 高感度の画質の比較ではどうでもよくて大事なのはJPEGでどうかというところ)
でもG15もISO800でこれだけ撮れるなら充分だ。
カラーノイズ、暗所でのノイズと話を分けた方がよいかもしれないし、最も大事なのはノイズの出方・見え方だとは思うが、これなら個人的にはぜんぜん問題ない。
レンズが広角から望遠まで明るく、手ぶれ補正もしっかりしているので、普通に使用する分には困らないだろう。
ていうかG15の水準で駄目ならもっと高感度に強いのを使えばいいだけだ。
それこそRX100のバージョンアップ版も出たし、単焦点モデルのクールピクスのAやGRもあるし。
センサーサイズから考えたらG15もニコンのP7700も充分良い。
画質であーだこーだ意見はあるが、嫌なら使わなきゃいいのだし、高感度の画質や解像感やハイライトがどうとかシャドウがどうとか、もっと言えばモニタで見てあら探ししての画質のことだけでそのカメラの良し悪しを語るなんて野暮でアホらしいと僕は思う。
僕は操作系や携帯性や、それを突き詰めていけばストレスなく撮れるカメラが良いカメラだと思うから、単純に画質(特にセンサーサイズ由来の性能に関して)だけでカメラの判断はしない。
ボケ量もセンサーサイズを考えたら無いのは最初からわかってるわけで、それであーだこーだ言うのは正直アホだと思うが・・・
個人的にはパンフォーカスの方が使いやすいし好きだからセンサーサイズの小さいコンデジが好きなんだよ。
だからMFTも好きなんだな。
なんでもかんでもボケればいいのは芸人だけだと思う。
そりゃあ背景ボケてりゃなんとなく良く見える、立体感が出るってのはあるが、それも高感度画質の話とおんなじで、文句あるなら他使えってもんだと思う。
なんかああいう画一的で狭い方向性の考え方が好きでないのかもしれないな。

画素数に関して1200万画素で足りないのなら、やっぱしそれも他のやつ買えばいいだけ。
個人的には1200万画素もあれば充分だから問題なし。
解像感もPC等倍でどうのこうのとなるとそりゃあ2000万画素のほうが1000万画素よりいいけど、はっきり言ってそこらへんはどうでも良い。
G15の1200万画素ぐらいまででもう充分すぎるぐらいだ。

AFは優秀。
めちゃくちゃ早くはないが、キャッチAFと顔認識AFとアクティブAFがあり、どれも優秀。
AFと連動してスポット測光も出来る。
追尾性も良い。

ステップズームも使いやすいし、優秀。
望遠端でf2.8、50mm相当でf2.2、35mm相当でf2.0。
改めて考えると、相当明るくて使いやすい。

結論としては自分にはRX100よりG15の方が「合ってる」。
だからRX100は直に処分するだろうな。
悪いカメラでないし、画質もいい、だけどG15の方が自分には合ってる。
インターフェース・操作系の使いやすさ、撮影のしやすさ、つまりそれはカメラらしさとでも言うべき部分だが、それがG15は良いと思う。
操作系の最大の長所は、露出補正が独立したダイヤルで行える点だ。
もう、それだけで合格、満点。
GRDやRX100もワンタッチで補正できるが、G15みたいに独立したダイヤルで標準装備されているのは良いことだ。
あと配置・設定しておけばWBの微調整もワンタッチ。
あの機能は凄く良い。

↑手持ちのコンパクトサイズのカメラのサイズ比較
こうして見るとG15はやっぱしデカイな。
それに重い。
携帯性ならRX100ぐらいまでがストレスは無いだろう。
GF5に比べるとレンズの出っ張りが無いからG15はそこまでストレスのたまるサイズでもない事は書いておきたい。
先にも書いたように個人的にはG15のサイズ感は割りと好きだ。
携帯性は多少悪くても使い勝手が悪いサイズでは本末転倒だと思う。
GRDはコンパクトかつ使いやすいデザインであったが、あれが良すぎるのだな。

うん、買って良かった。
G16はさらに良いカメラになってると思うが、内容見てG15でもよければ買いのカメラですよ。