エアロワイパー

エアロワイパーを取り付けた。
APエアロワイパーというのが楽天で安く出ていたので。
性能はまだわからない。
外から見るとそれなりに格好いいが、中からは金具の部分が浮いて見えるので微妙かな。
ゴムだけ交換するより気分転換になっていい。
常にガラコ状態なのでビビリ音が出るかと心配だったが、それもなさそうなので安心だ。
サイズは運転席が600mm、助手席が350mm。
早く試したいような、雨は嫌いなような・・・

交換自体は誰でもできるし、これはディーラーや整備工場でやってもらうほどのこともないので自分でやったほうがいいと思うな。
これよりウォッシャー液交換のほうがめんどうだったりw

エアウェイブに関しては、あとはもう少し静音計画を導入するのと、シートカバーを買い直したい。
来月にできればなぁ。
リアスピーカーも交換したい。
欲を言えばカーナビだが、値段も張るし来年かな。

エアウェイブ燃費7月18日

走行距離316.5キロ
給油量32.86L
燃費1Lあたり9.6キロ
燃費計10.7キロ表示
価格1L151円
合計4962円

燃費まったく気にせず走ってます。
やっぱり落ちるね。

展望2013・7・17

今欲しいモノリスト

①ミッションオイル添加剤
RESPO RAT-300P 
オートマチックトランスミッション用
高性能オイル添加剤


エアウェイブのCVTに。
気休めぐらいかな。
そろそろ交換したいのだけど。
②シートカバー
これかなぁ。
今つけてるやつはホームセンターで買った凡庸品で、汚れが目立つのでそろそろ新しいものを。
③車用リアスピーカー
フロントと同じアルパインで考えている。
フロントだけで激変したから、リアもね。
④パネライ用交換ベルト
または・・・
この2つを買えば、パネライ用の欲しいベルトはとりあえず揃う感じだ。
⑤エアウェイブのエアクリーナー
そろそろ交換かな、と。
純正はそんなに安くないので他のメーカーのものでよい。
まぁ適当に(笑)
⑥トートバッグ
ふつーのトートバッグが欲しいのう。
まぁこれも適当に(笑)
⑦その他
うーん。
あ、帽子もなんとなく欲しい。
電化製品は特にない。
新しいパソコンは欲しいのだが・・・
静音計画

エーモンの静音計画を購入し、さっそく取り付けた。
http://www.amon.co.jp/products/topics/seion/
お得なセットがあるのでそれにした。
①ドア周りの風切り音防止テープ
②どこでも使える静音マルチモール
③シート下に使う静音シート
の3点セットである。
それぞれ別々に買うと高いのでセットが断然お得だ。

ちょっとわかりにくいが、これがドアまわりの風切り音防止防止テープ。
はっきり言ってこれが一番効果があるだろう。
むしろこれだけでも十分かもしれない。
取り付けはハサミがあれば後は何もいらない。
ただ貼り付け場所をよく考えてやらないといけない。
ドア側のゴムの部分と重なるのが理想だそうだが、ボディの形によっては上手く貼れないかもしれない。
無理にドア側のゴムに合わすより、ボディに合わせて貼ったほうがいいような気がする。
結果的にはそう変わらないだろうし。
効能としては確かに静かになる。
それよりも気密性が高まってオーディオの音がよく聞こえるようになるのと、エアコンの効きが良くなる!!それが一番よかった!!
本当にエアコンの効きが良くなるので、これはつけて損はない!!
後部座席用に風切り音防止テープを買い足した。
全席施工済み。
ドアはやっぱり閉めにくくなる。
半ドア注意だ。

後の二点は写真は省く。
マルチモールはボンネットまわりの隙間を埋める感じである。
効果はあまりないが、なんとなく見た目がよくなる。
静音シートは長いのと短いのとのセット。
長いのを切って運転席と助手席の下へセットした。
短いのはそのまま後部座席にセットした。
本当は逆みたいだ。
それなりに効果はありそうだが、これはよくわからなかった。
下からの音が減ったことは減った。

あと別に風切り音防止フィンも購入してつけたが、これもまだ高速道路で試していないのでよくわからない。
別になくてもいい気がする。

個人的見解だが、ドアまわりの風切り音防止テープだけで十分な気がするな。
むしろそれが一番大事かつ効果的なのだ。
高級車はこれいらないだろう。
エアウェイブぐらいならかなり効果が体感できるはずだ。
エアコンの効きがよくなったのが嬉しい。
次はリアハッチとエンジンルームに施工しようかなと。

SEIKOキネティックダイバー

SEIKOのキネティックダイバーを購入したSKA371P1
Gショックを売ったので、頑丈な仕事時計が無くなったので、その代わりである。
Gショックの性能に文句はないが、視認性ということではやはりアナログがいい。
アナログモデルのGショック(MT-G)を考えたが、少々お値段的に無理だった。
そこで考えたのがSEIKOのダイバーだったのだ。
国内モデルだとプロスペックスであるが、値段的に6千円ほどお安い逆輸入モデルにした。
キネティックも性能が良くなってるようでフル充電で3~4ヶ月は持つそうだ。
それならばソーラーにこだわらなくてもいいかと。
精度はクォーツなので実用上問題はないかと。
しかし、評判通り重い。
デカさはしょうがないにしろ、重い。
パネライのルミノールマリーナほどではないが、かなりずしりとくる
訂正。こちらのほうが重いです(笑)
2万円前半というお値段からは考えらないぐらいの重さ。
ステンレスの質感も思ったより良い。
細かいところは安っぽさもあるが、実用品としては上等。

なんだかんだでこやつは値段的に優秀なのだよな。
Gショックでもいいなと思うMT-Gは約5万円・・・
CPはかなりいいやつだと思います。
ひょっとしたら違うお仕事時計を探すかもしれないが、とりあえずつぶしが効く時計なので持ち続けるだろうな。
SEIKOの逆輸入のなんちゃってダイバーは以前に愛用していたが、精度が悪くなってしまい困った覚えがあるが、こやつなら大丈夫だろう。

なんだかんだでGショックとは相性があまりよろしくない気がするのだが、未練はまだある。
やっぱり男の時計というか、実用時計としてはかなりのもんだが、アナログモデルをもう少し充実させてほしい。
視認性ということではアナログのほうが良い。
デジタルは一瞬考えないといけないから嫌なのだ。
あとベルトもウレタンバンドのやつはひっかかりが多いので嫌なのだ。
Gショックでアナログ・コンポジットバンド・ソーラー電波のモデルは少ないし高い。
AWG-M100BC-1AJFが値段的にいいかなと思ったが、実用時計は不必要な機能が少ないほうが嬉しい。
そうなるとGショックじゃどうもな、となってしまう。
かと言ってエディフィスはどうも好きになれない。
エディフィスももっとシンプルなものが出ればいいのだが・・・・