エアウェイブのスピーカー交換

エアウェイブのスピーカー交換をすることにした。
純正は音割れがひどいし、音自体も良くない。
もっと早くする予定だったが、めんどうなので放置していた。
スピーカーの値段は想像では高くて、とにかくお金がかかる印象だったのもあり、ふんぎりがつかなかったのだ。
アマゾンでいろいろ見ていたら思ったより安くて高評価のものがあった。
http://www.alpine.co.jp/caraudio/speaker/stl-16c/
アルパインのSTL-16Cである。
交換スピーカーとしては下の下ぐらいの値段とランクだそうだが、純正に比べたら良くなるそうな。
個人的な計画では、ナビとセットで良いスピーカーに換えたいなどと妄想していたが、なんせお金もないしナビも修理してからなんとか不具合もないので換えるのも勿体無い気がしてきたので、スピーカーだけ交換することにした。
高いスピーカーも勿体無いお化けというか、ナビ自体が大した性能でないのでまぁ純正より多少マシになればいいかぐらいの気持ちで選んだ (アマゾンで5435円)
スピーカー交換についてアレコレ調べていたら、インナーバッフルというものを取り付けるといいらしいとのこと。
これもアマゾンでホンダ向けの安いやつを購入(2500円ほど!!PMIB-16HBというもの・知らないメーカー・アマゾンでは安かったが他ではもっと安く出てた(;´∀`))
それに内貼り剥がしという器具もあるといいとのことで、購入(数百円でした)
トータル8500円ほど。
デッドニングその他はお金かかるのでやめた。

で、作業は↓

まずドアの内装を剥がす。
エアウェイブの場合、①ドア取っ手の空洞部分の中のフタ②ドアノブの中の丸い穴の二箇所のネジを外し、内貼り剥がしを内装とドア本体との間に突っ込んで、ガチャガチャワッセワッセと外す。
ピンのようなものでとめてあるだけなので、意外と簡単に外れる(もとに戻すのも押し込めるだけ)
全体を外す感じは、上に持ち上げる感じ。
ドアの配線があるので、千切れないようにアダプター?をとる。
で、完了。
詳しくはググれば出てきます。
コツは力押し!!かなと。
意外と汚れていたので拭いておいた。

上は純正スピーカーを外して、インナーバッフルを取り付け、スピーカーの配線まで済んだ写真。
純正スピーカーは力技で外す感じ。
そこにインナーバッフルをビスで取り付ける。
仮止めでクッション素材の両面テープを数箇所貼り付けてビスで固定。
付属の制振材をスピーカーとの接地面に貼る。

↑配線は電極に注意。純正のままだとつかないので、純正のアダプターと配線を分離(切るだけ)
で、スピーカーに付属しているパーツを説明書通りにつなげる。
プラスが緑、マイナスが赤だった。
車の電源を入れた状態で試しながらやらないと取り返しのつかないことに(;´Д`)
ここまで出来たら後ははめ込み、ネジ止め。

↑完成

↑左も同じように。
配線の色が右と違うので注意。
だいたい2時間かかった。
慣れるともっと簡単に早くできるでしょうな。

で、お試しにジャズを聞いてみた。
う~ん。
いいね。
素人のオイラでもわかるぐらい良くなったよ。
まぁ、純正が酷すぎるのだけども(;´∀`)
慣らしみたいなことしないといけないそうだけど、めんどいので放置。
後部スピーカーも変えたくなったなぁ。
予算8000円弱で済んだので、CPは悪くないか。
店で頼めば簡単だが、自分でやればその分工賃が浮くし達成感はあることがわかった。
インナーバッフルの効果が如何程のものかはわからないが、取り付け専用部品をわざわざ仕入れるよりは楽でいい。
このアルパインのスピーカーは安くていい。
同スペックの他社製だとプラス千円ぐらいするみたいだな。