K-x 高感度とノイズ

K-x ISO2500の写真
前評判よりも暗い場面だとノイズ感がでる。
ノイズリダクションはOFF設定というのもあるが。
D700でもISO3200を超えるとこういう感じだったな(ISO6400ぐらいか)
でもそれは「キレイな写真」としては良くないが、「写真」としては良くないわけではなかった。
フィルムで撮ってる時を思い出すとそうだな。
ノイズって言うより「粒状感」という感じの。
別に嫌いではない。

うーん。
これはノイズが目立つな。
α55なんかはもう少しノイズ感は少なかった記憶がある。
ただ、これは場面が悪い。
雨降りで暗い森の中なのでね。

GF5だとISO1600が同じぐらいのノイズ感、もしくは同じISOで同じ印象かも、という感じ。
僕はノイズリダクションをかけないことが多いのでなんとも言えんが、まぁもうだいぶ前の機種なので今のK-30なんかはまた進化しているんだろう。
α100のISO400か800ってこれぐらいだったかな。
D700だとISO3200超えるとこれぐらいだったかな。

ま、高感度ISO2500でこれだけ写るなら十分。
よくMFTはAPS-Cに比べて高感度が悪いとか、やっぱフルサイズはいいとか、あーだこーだありますが、結局ISO2500とか3200超えると、どうしても出るもんは出るし、こういう暗い場面だと特にそうだろう。
そもそも高感度はそこまで重要か?というのもある。
こういう場面では高感度域で撮影するようにカメラは考えるが、画質にこだわるというのであれば人間様が操作し低感度で撮影するだろう。
そりゃあ高感度でも低感度とまったく変わらない画質なら言うことなしだが、現実はそうでもないわけで、じゃあより高感度に強い機種に変え続けるってのもなんだかなと思ってしまう。