展望2013・4・25

さてと、どうするかねぇ、という感じの今日このごろ。

圧縮してあるのでイマイチだが、RX100で撮った元画像見てるとね、ああやっぱすごいなと。
解像感はすごいのよね。
高感度にも強いしね。
便利カメラとして言うことなしなのよね。

しかし、これだけだとね、つまんないのよね。
操作性も好きでないし。
だんだんG15が欲しくなってきたぞ。
LF1も気になるところである。
X20も安くなるならいいなと。

さて。
GF5に単焦点組み合わせて遊ぶのはいいとして、これからどうしていくか、をあらためて考えていくといろいろとアイデアは浮かぶのだけどコレは!!というのがない。
写真だけ撮りに行く!!というのが減った。
何かのついでで撮ることが多い。
写真だけ撮りにいくなら装備が多くてもいいが、何かのついでだと困るのよね。
それこそRX100を重宝しているのはそのコンパクトさがゆえなり。
他の荷物を持っている場合に持っていけるカメラの大きさは、G1XやGX1の大きさだとギリギリセーフぐらいかな。
快適なのはGRデジタルぐらいまでかな。
たぶんそのラインぐらいまでの大きさ。
そのぐらいまでの大きさのカメラを一番よく使うのだ。

画質ってことを考えれば、センサーの大きい一眼レフがいいし、レンズも選べるので間違いがない。
でも使わないんだよな。
そうなるとMFTを整理してデジタル一眼レフ再導入ってのが微妙なのだ。
でも逆にたまにしか使わないこと前提で最小限度のものを導入するという手もあるのだ。
全てをまかなう必要はない。
機能を分散させればいいかなという考えもある。

例えば・・・
コンデジはRX100。
単焦点はGF5+14mm+20mm。
一眼レフはK-x+シグマ30mmf1.4+便利ズーム。
というパターンならだいたいの事に対応できるんじゃないかな。
それに追加でG1XかG15か。

違うパターンを考えてみる。
もういっそレンズ交換式をやめちまう、というのはどうか?
RX100、GR、X-S1、という組み合わせとか。
意外と面白いかもしれない。
GRがまだ高いので、X100でもいいか。
どうせ動きモノはほとんど撮らないからな。

今あるカメラ・レンズを全て売り払うと予想では20万ぐらいになる感じだ。
それを元手に組み直すとしたら・・・
G15の中古3万5千円。
X-S1の新品5万(中古ないんだよな)
GRが9万ぐらいか?
あ、残金で安い中古一眼レフ&安い標準レンズも買えるかもしれない。
そういう手もありだな。

しかし、MFTから離れるってのはなんか嫌だな。
システムを気に入っているからね。
なんだかんだで好きなのだ。
むしろ徹底的に強化する手もある(;´∀`)