展望2013・4・19

結局どうするべきなのかというカメラ考。

GRDⅢを売り、GF5を買う。
それは自分の中で決めた。
GF5に14mmなり20mmなりくっつけたほうが結果的にいいような気がするからだ。
GRDⅢは当たる時は抜群で、ダメな時はどうしようもない感がある小憎たらしいやつだから、いっそMFTにしてしまえ、と。
音はあきらめるよりしょうがない。
操作性も慣れだし、なによりMFTの画質が気に入っているからいいのだ。
それはそれでいい。

で、G3をどうするか。
結局のところ、25mmf1.4を快適に使用するにはG3が都合がいい(14-140も)
あと、望遠なりマクロなり、もしくはアダプター使うなりする場合もG3なら不安がない。
だけどさ、そこんところはさ、MFTにこだわるべきなのかどうか、ということにもなる。
望遠と超広角を売り払うという暴挙に出た、マクロもってない、アダプターも売ってしまった。
25mmと14-140だけ(あと14-42の電動ズームもあるが、こいつはキットレンズとしては抜群の画質で手ぶれ補正も強力でいいやつだが、GF5にも似合う憎たらしいやつなので売りにくい)
それらを売れば他のマウントに移行も考えられるのだな。

とりあえず売れました。
G3入れて8万ぐらいかな。
追加投資して10万ありますよ、と。
で、何にするん?と。

ペンタはどうだろうか?
K-xが2万ぐらいで出てる。
シグマの30mmf1,4が欲しいがディスコンなので中古で手に入れて2万5千円ぐらいか。
望遠は何でもいいので適当なのを1万ほどで仕入れるか。
どうせなら超広角も仕入れるか?運がよければシグマの8mmスタートのズームが手に入るかも。
それで10万ぐらい。
望遠と超広角やめて、タムロンの28-300とかでもいい。

NEXだとどうか?
NEX-6は高値安定だ。
ダブルズームキットで10万コースだったかな。
最安値でも9万ぐらい。
うーん。
単焦点を買うと予算オーバー。
思い切っていってみてもいいが、だったらもうαでいいやんとも思える。
αだと57か、65か、というところか。
57なら中古で4万5千円ぐらいか。
それだとペンタより自由度がなくなるな。

キヤノン・ニコンもいいなと思う機種だとだいたい本体中古で5万円コース。
微妙である。

考えれば考える程微妙だなと。
予算が潤沢にあれば自由度は増えるが。