展望2013・3・17

思いついたことを少々。

http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/x/fujifilm_x100s/
富士フィルムのX100Sが気になっている。
お値段は高いが、ファインダーがいいなと思うのだ。
まぁX100でもいいのだけど。
写りとかAFとかそういうところはまぁ置いといて、ファインダーがやはり大事ですよね。
X-Pro1もお金がたんまりあれば欲しい気がするが、ファインダー重視ならX100はいいなと思う(X-Pro1もXEも長いレンズだとねぇ・・・)
撮ってるってことの喜びなり実感なりはファインダーかなぁ。
シャッター音は無い、もしくは極小がいいな(電子音なんてもってのほか)
ミラーレス使い出したのも、ミラーショックと音が嫌いだからなんです。
邪魔、としか言いようがないもの。
ファインダーの見え方は一眼レフが好きだけど、音と振動が嫌いなのはどうしようもなしお。
いや、でも一台ぐらい欲しい気もするんだけど。
APS-Cサイズの標準的なやつで、標準レンズ・・・シグマの30mmF1.4なんかをくっつけただけのやつが欲しいなぁ、と。
あまり使わないのが目に見えてるので買いませんが。
X-Pro1あたりはほんとは素直に欲しいです。
MFTやめよかな、なんて考える時もありますが、MFTはバランスがなんだかんだでいいのですよね。

↑G3に25mmF1.4で。
写りはこれで自分には十分。
MFTは自分にとってはちょうどいいシステムなのですよね。
ただ、なんというか、持ってて説得力がない感じはする(笑)
他所様は他所様なのだけど、ニコンやキヤノンのでっかいのばかりの中でちんまり構えてる感じはしちゃうよな(笑)
そういう意味ではX-Pro1みたいなデザインならなぁ、と思う時もあったり。
GX1は売らなきゃよかったかねぇ。
あれに高いけど、別売りファインダーくっつけてもよかったなぁ・・・
阿呆な独り言。
それにしてもなんでGX1もG3もプログラムオートだとやたら絞りを開けたがるのだろうか?
使いにくいよねぇ、アレ。
日中野外は絞って撮りたいのだけど、やたら開いて撮ろうとするのだ。
絞り優先にしとけばいいんだけど。
あと、G3は露出補正がしにくいなぁ、という不満。
GRDやRX100はその点は優秀優秀。
G3の不満はG5でほぼ解消されてる感じなので、G5欲しい病なのですけどね。
露出補正の操作の不満はファンクションレバーで、音に関しては電子シャッターで、それぞれ解決するでしょうから。
GX1にG5の電子シャッター機能があればなぁ・・・
まぁGX1はいいカメラだったけど、あともうちょっとって感じだった。
G3の方がある意味でいい操作性というか、割りきってしまえるからなぁ。
もうちょっと液晶の再現性がなぁ。
綺麗に見えすぎるのだ(GRDもそうだけど)
5万!!あれば、GX1&LVF2が買える。
5万!!あればG5も買える。
5万!!あればX100の中古が買える。
うーむ。
GX2や次期GRDも気になるし。
悩みどころであるね。