名古屋・京都間

名古屋・京都間の移動について。
最近連続して名古屋・京都間を移動することがあった。
先日は高速を利用して、長岡京まで行き、パークアンドライドを試してみた。
下調べが十分でなく、いろいろ損した部分もあるが、なかなか楽ちんでよかった。

気になったので、名古屋・京都間の移動について、自分の知っている限りのことをまとめてみた。

新幹線の、のぞみ利用の場合所要時間36分ぐらい。
片道だいたい5000円ほど。
自宅から地下鉄で名古屋駅まで行くのが約15分。
230円かかる。
一時間あれば京都駅まで行ける。
トータルの料金が片道5230円ぐらいか。
往復で10000万は超えてしまう。

JRバスだと片道2500円(往復で買うと4000円)
所要時間は2時間半。
自宅からの計算だと3時間計算でいかないといけない。
地下鉄利用で一日4460円か。

高速道路だと、これが難しくて、都市高→名阪→新名神か、名神ルートになる。
どちらも所要時間が大山崎までで2時間。
料金が難しく、割引時間帯とそうでない時間帯の差が激しい。
都市高は割引で680円か。
新名神利用で大体いつも通勤時間帯で2100円だ。
深夜割だと2400円だな。
片道約3000円である。
これにパークアンドライドで長岡京の駅前駐車場利用で一日1000円の駐車料金。
京都駅まで15分ほどかかる。電車代が210円。
往復で計算すると7410円になる。

時間を無視すればバスが最強だが、帰りの時間がかなり制限されてしまう(最終が早いのだ)
また、高速バスは渋滞にハマる確率も高く、時間が読めないことが多い。
新幹線は最速だが、料金が高いのがネックだ。
車利用が一番いいのだが、ガソリン代も入れるとけっこう高い。
時間によっては割引が少なく、高い。
だが、予め時間を調整しておけば、それなりに安く、また、自由度の高さは魅力的だ。

で、もっと早く調べておけばよかったのだが、パークアンドライドが京都は進んでいるので、長岡京以外にも、あちこちにある。
名古屋からだと大津がいいみたいだ。
大津までだと高速代も節約でき、電車も京阪が利用できるので、市内中心部まで行きやすい。
駐車料金も長岡京より安い。
所要時間も大津までと京都東、南、長岡京で降りるのとでは最大20分ぐらい違う。
次回は大津でのパークアンドライドに挑戦してみよう。