もうあの頃は帰ってこないし、もうあの頃のような気持ちにはならない。
たまに思い出してなんとも言えない気分になる。
色であったり、匂いであったり、形であったり。
情報は常に刷新されて、その量が増えるにつれ大事な情報がどんどん失われていく。
認識の幅は狭くなる一方で、奥行きを失う。