続いている、というほどでもなく、なんとなくな感覚
やっぱりある種の反感みたいなもんは消えないところがあって、反抗に徹すればかっこよさみたいなもんがあるんだろうけど、それができない小心者です。