〈続き〉
だけれども、それで突っ走ってどうしようもなくなることが、怖い。
ずるく、弱い人間である自分は誰も傷つかず平穏であって欲しいと思うからだ。